Androidアプリ開発入門カリキュラム|少しずつ入門しよう

Androidアプリ開発入門カリキュラム|少しずつ入門しよう

こんにちは!テクスタブログ編集部です。

今回は、「Androidアプリ開発入門」に関するチュートリアルを4つ紹介します。レベル順に入門でき、1つずつ入門していくことで、Androidアプリ開発に慣れていくことができるようになっています。

「アプリの開発に挑戦してみたいけど時間がない…」そんなエンジニアの方も、目安時間を参考にすれば、自分のレベルに合ったサイトからアプリ開発を学ぶことができますよ!

入門サイトで基礎を学んで、自分が考えたAndroidアプリを作れるようになりましょう!

Androidアプリ開発入門カリキュラム

androi

今回は次のような順番で入門サイトを紹介しています。少しずつステップアップしながら、Androidアプリ開発を学んでいってください。

  1. 初心者向け入門
  2. 他プログラミング言語習得者向け入門
  3. Java習得者向け入門

1つずつ内容が難しくなっていくので、1つ入門終えたら、次の入門をしていきましょう!

【初心者】10時間で作るはじめてのAndroidアプリ

スクリーンショット (76)

サイトリンク:「初心者必見!10時間で作るはじめてのAndroidアプリ−前編

  • 対象:プログラミング初心者
  • 目安時間:10時間
  • スタート:開発環境構築
  • ゴール:アプリ制作

このチュートリアルで開発するのは、Dribbbleという世界中のデザイナーが作品を投稿するSNSサイトを閲覧するためのアプリです。開発環境の構築から始められるので、プログラミング経験が無くても安心して始められます。言葉も非常にカジュアルで、気張らずに始められる、まさに入門には打って付けのチュートリアルです。

【言語習得者】世界を目指せ!Androidアプリ開発入門

29a1f16dd5ed7f63524ac5fa6cbf0d2e-648x362

サイトリンク:「世界を目指せ!Androidアプリ開発入門

  • 対象:他プログラミング言語習得者
  • 目安時間:3日間
  • スタート:Androidアプリ開発の魅力
  • ゴール:開発基本、ユーザーインターフェース、SQLite、デバッグ手法、アプリ公開

このチュートリアルでは、Androidアプリの開発を12回に分けて解説しています。「世界を目指せ!」と題しているのは、開発したアプリを実際にAndroidマーケットに公開するところまでを言っているからです。記述例が出てくるため、プログラミングの基礎知識やJavaでの開発経験がある方におすすめです。文章量はやや多めですが、無駄がなく必要最低限のシンプルな解説になっています。

【Java習得者】逆引きAndroid入門

57582d61fffcd5a83f2bbc0d27943e34-648x362

サイトリンク:「逆引きAndroid入門

  • 対象:Java習得者
  • 目安時間:2カ月
  • スタート:開発環境を構築するには
  • ゴール:Androidアプリ開発基礎

このサイトは、ある程度開発経験があり、開発における自分の疑問点のみを解決したいという方に便利です。ソースコードが細かく書かれているので、経験者にとっては非常に分かりやすいチュートリアルになっています。もちろん順を追って行けば入門としても利用することができますよ。

【Java習得者】mixi-inc/AndroidTraining

mixi-inc-AndroidTraining-648x362

サイトリンク:「Android アプリ開発の基礎知識と実務スキルを身に付けるトレーニングコース

  • 対象:Java習得者(記事内でJava入門記事も紹介しています)、IDEの使い方
  • 目安時間:1カ月
  • スタート:AndroidOSとは
  • ゴール:Android基礎、デバッグ、ユーザーインターフェース

上記で紹介したチュートリアルでAndroidアプリ開発に入門したら、今度はより実践的な経験を積んでみましょう。このチュートリアルは、mixiが公開している、新人研修用のトレーニングです。企業が入念に作成したものなので、実務に繋がるAndroidアプリ開発を学ぶことができます。ソースコードを多用しながら解説しているので、取っつきにくい印象を受けるかもしれませんね。しかし、見ながら開発を進めることができるので、実は挑戦しやすいチュートリアルとなっています。

自分に合った入門サイトで基礎を固めよう

いかがでしたか?プログラミング初心者にとっては、難しいところも多々あると思います。しかし、自分でアプリを開発することができた時には、きっと達成感と確かな知識が身についているはずです。何事も基礎が大切。初心者向けのチュートリアルで入門して基礎を固めたら、次はぜひ、難易度が1つ高いサイトで、Androidアプリ開発を学んでみてくださいね!