どれで入門する?Androidアプリ開発入門に最適なチュートリアルサイト比較&まとめ

今回は、Androidアプリ開発入門サイトの「レベル感」「1周する目安時間」「最終的に何が得られるか」を考慮して紹介していきます。本記事でご自分に合ったAndroidアプリ開発入門サイトで、開発の一歩を踏み出しましょう。

Androidアプリ開発入門チュートリアル

Javaでサービスを開発した方や、他のプログラミング言語を学んだ方なら「Androidアプリを作ってみたい」と思ったことがあるでしょう。そう思いながらも入門していないのは、「どの入門サイトを参考にすればいいの?」というところもあると思います。

今回は、入門サイトの「レベル感」「1周する目安時間」「最終的に何が得られるか」を考慮して紹介していきます。ぜひご自分に合ったAndroidアプリ開発入門サイトで、開発の一歩を踏み出しましょう。

もしひとつ入門し終わったら、少し上のレベルの入門チュートリアルを試してみるのもおすすめです。

ここでは対象読者を次の3つに設定しています。

①プログラミング初心者
②他プログラミング言語習得者
③Java習得者

紹介する順番は上の順です。それぞれの対象の中で、入門を終えるまでの目安時間でソートしていますので、学習環境に合った入門資料を選びましょう!

【初心者】アプリ開発者養成講座テキスト

対象  :プログラミング初心者
時間  :3ヶ月
スタート:プログラミングとは何か?
ゴール :Java基礎、Androidアプリ開発基礎、公開

950ページ以上ものテキストを無料ダウンロードすることができる、最強Androidアプリ開発入門資料です。プログラミングが初めてという方からでも入門できるように資料がまとまっています。Javaをすでに学習している方などは、自分がちょうどいいところから入門してみましょう。

【初心者】10時間で作るはじめてのAndroidアプリ

対象  :プログラミング初心者
時間  :10時間
スタート:開発環境構築
ゴール :アプリ製作

細かい話はしすぎないで、「とにかくまずは作ってみよう」という入門チュートリアルです。一つ作ってみることで、開発の流れがつかめますし、全体像を把握できるのでAndroidアプリ開発入門におすすめです。

【言語習得者】Android アプリ開発のための Java 入門

対象  :他プログラミング言語習得者
時間  :1日
スタート:Java とは
ゴール :Java基礎

Androidアプリ開発には触れませんが、開発する上で必須のJavaの入門資料です。他のプログラミング言語で開発した経験がある方にとってのJava入門記事になっています。丁寧でありながらJava基礎が網羅されています。

【言語習得者】世界を目指せ!Androidアプリ開発入門

対象  :他プログラミング言語習得者
時間  :3日間
スタート:Androidアプリ開発の魅力
ゴール :開発基本、ユーザーインターフェース、SQLite、デバッグ手法、アプリ公開

プログラミングコードはごりごり書きませんが、記述例が出てくるのでプログラミングの基礎知識は多少必要です。Javaで開発したことがあるとなおいいですね。テキストベースでのAndroiid開発チュートリアルです。

【Java習得者】Android開発を目指す人のためのJava超入門

対象  :Java習得者、プログラミング初心者(記事内でJava入門ページも紹介しています)
時間  :1週間
スタート: Javaのプログラミングってどういうもの?
ゴール :Androidアプリ開発基礎

「Android開発したいけどそもそもJava、プログラミングが分からない」という方のための入門記事も用意しています。テキストベースの解説ですので、少し難しさを感じる場合があるかもしれません。

【Java習得者】Androidアプリ開発入門

対象  :Java習得者
時間  :3週間
スタート:JDKインストール
ゴール :開発基本、画面レイアウト、ユーザーインターフェース

Javaをすでに習得している方が、Androidアプリはどう開発するのかという時に役立つ入門サイトです。はじめからアプリ制作をし始めるので、アプリ開発の流れをすぐに知ることができます。

【Java習得者】Androidアプリ開発入門 – ドットインストール

対象  :Java習得者
時間  :1時間
スタート:Androidアプリ開発の概要
ゴール :Android Studio操作

動画で学ぶ定番のドットインストールです。動画で同じ操作をするだけで、入門できるので安心してAndroidアプリ開発を学習できます。

【Java習得者】2015年のAndroidアプリ開発入門

対象  :Java習得者
時間  :3時間
スタート:Androidとは
ゴール :Android開発基礎

オンライン動画授業「Schoo」での入門チュートリアルです。インストールから「Mac/Windows」それぞれ丁寧に解説しているので、アプリ開発のセットアップがしっかりできます。

【Java習得者】入門からアプリ作りまで学べる教材まとめ

対象  :Java習得者
時間  :5時間
スタート:Androidの概要
ゴール :簡易アプリ製作

様々なスライドを入門しやすいように順番に紹介しています。少しずつAndroidアプリ開発を知っていき、最終的にアプリ開発チュートリアルを紹介しています。

【Java習得者】Android開発入門

対象  :Java習得者
時間  :1週間
スタート:開発環境の準備
ゴール :Android開発基礎、UI、レイアウト、グラフィック、など

画像などを使っていて、サイト全体的にも見やすく作られている入門資料です。一部未完ではありますが、十分なコンテンツ量があります。

【Java習得者】逆引きAndroid入門

対象  :Java習得者
時間  :2ヶ月
スタート:開発環境を構築するには
ゴール :Androidアプリ開発基礎

「〜がしたい」と思った時にも使える逆引き入門サイトです。普通に入門したいと思った時でも、上から順に試していくことで、Androidアプリ開発の基礎知識が身につきます。

【Java習得者】mixi-inc/AndroidTraining

対象  :Java習得者(記事内でJava入門記事も紹介しています)、IDEの使い方
時間  :1ヶ月
スタート:AndroidOSとは
ゴール :Android基礎、デバッグ、ユーザーインターフェース

mixiが公開している新人研修用のトレーニングです。企業が入念に作ったものですので、実務に繋がるAndroidアプリ開発入門を学ぶことができます。

1つ終わったらもう1つ入門してみよう!

いかがでしたか?入門サイトによって、レベル感やかかる時間が違うので、もし1つ入門し終わりましたら、もう1ランク上の入門サイトに挑戦してみると、復習とさらにプラスの知識を学ぶことができます。また、もっとガッツリ学習したいという方は、参考書を買ってみるのもいいですね。

「スキルを上げたい」に関する転職理由ランキング

「スキルを上げたい」という気持ちは、転職理由としても上位に上がります。

■転職理由5位:「専門知識・技術力を習得したい」
■転職理由6位:「幅広い経験・知識を積みたい」
■転職理由8位:「市場価値を高めたい」
(出典:DODA2015年データ)

勤める企業の規模や任される仕事によって、身につくスキルは変わります。新卒の頃はスタートラインが同じでも、どんな仕事を積み重ねたかで、5年・10年後、スキルの個人差は大きく開いていきます。任される仕事は交渉をしてもなかなか変えづらいもの。だからこそスキルを上げるために、職場を変える方が多くいます。

■この年齢とスキルで転職できる?
■これまでの経験は新しい職場で通用する?

エンジニア転職での不安や疑問の相談に乗ってくれるのが、エンジニアに特化したエージェントサービス「レバテックキャリア」。転職活動を通して、自分が積み重ねた経験やスキルが、今の市場から求められているのか確かめてみることをおすすめします。もちろん、相談は無料です。

ホームページ:「レバテックキャリア」

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ