Androidアプリ開発入門|アプリ作りまで学べる教材まとめ

今回はAndroidの入門として、「Androidとは」というところから、「簡単なアプリを作る」ところまでまなべる教材をまとめました。少しずつAndroidアプリ開発に入っていけるように、段階を追って教材を紹介しています

Android入門教材まとめ

それでは早速Android入門のための、教材を見ていきましょう!

Android入門編:ざっくりと概要を把握する

入門編ではAndroidアプリ開発の概要をざくりと見ていきます。まだ開発環境は整える必要はありません。こんな感じか、と流れを掴んでいただければいいと思います。

まずはAndroidアプリ開発の事前準備として、予備知識を学んでいきましょう。Androidアプリ開発の特徴や、開発の大まかな流れなどを紹介しているスライドです。実際に開発をする前に、全体像を掴んでおくのは入門としての基本の「き」ですね。

次にAndroidアプリ開発において、書いたーコードと、それによるプログラム動作との関係を解説しています。

Android応用編:もっと詳しく学ぶ

応用編では、Androidに関する知識をもう少し深掘り、次の実践編で手を動かしていくために必要な開発知識を学んでいきます。

まずはAndroidとは?というところから始まり、アプリケーションのアーキテクチャ、開発環境の準備、そして実習まで説明しています。今回は2章の「アプリケーションのアーキテクチャ」の部分まで見ていただいて次へ進みましょう。

AndroidStudioでアプリ開発を想定して、UI設定や簡単なアプリ開発の様子を見られます。だんだんと自分が開発するイメージが湧いてきますね。

Android実践編:アプリを作る

基礎をざっと把握してきたところで、実際に手を動かしてAndroid開発の楽しさに触れていきましょう。

お馴染みのドットインストールです。動画で「Android開発環境構築」から基本的な「AndroidStudioの操作」を解説しています。Androidアプリ開発には、Java言語の知識だけでなく、AndroidStudioでの開発の手順も知っておく必要が有るため、入門には最適です。(今回はEclipseではなくAndroidStudioでの開発を想定)

では実際にAndroidアプリを作っていきましょう。プログラミングは作ってなんぼ。やっぱりプロダクトを作らなくては面白く無いですから、こちらの記事の解説に沿ってAndroidアプリを開発していきましょう。

おまけ:サービスとしてのAndroidアプリ

ここで紹介する2つのスライドでは、Androidアプリをサービスとして捉えた時に、頭の片隅で覚えておきたいことを解説しています。直接的にAndroidアプリ開発には関係してきませんかが、

まとめ

いかがでしたか?
難しい技術を使わなくても、ちょっとしたアイデアだけで世界中にまで広がる可能性を秘めているのが「アプリ」です。

もし、Androidアプリ開発を楽しく感じた方、アプリのアイデアがすでにあるという方は、ぜひ実際に開発を始めてみてください。

開発を始める時、手元に参考書があると開発がとても捗ります。
わからないことが出てきた時に、その場で参考書を開けば答えを見つけられるからです。

手元に置いておく一冊としてオススメなのが、秀和システムから出ている「TECHNICAL MASTER はじめてのAndroidアプリ開発」です。

初学者がつまづきやすい開発環境の作成から、実際にAndoroid Studioを操作してプログラム作成を学ぶことができますよ。