「仕事ができない人」の特徴・「仕事ができない」原因・改善方法

あなたの周りにも仕事ができない人っていませんか。仕事ができない人は困りますよね。しかし仕事ができない人は改善すれば仕事ができない人から脱却する事ができるかもしれませんよ。今回はそんな仕事ができない人について解説していきます。

仕事ができない人の5つの特徴

あなたの職場にも仕事のできない人はいませんか。仕事ができない人にはそれぞれ特徴があります。ここではそんな仕事のできない人の特徴を5つ挙げていきます。

①時間の管理ができない

仕事ができない人の特徴1つ目は「時間の管理ができない」です。

時間の管理は仕事をする上でとても大事な事です。仕事は決められた時間どれだけ効率よくこなせるかが大事ですよね。仕事ができない人はこの時間管理がうまくできません。例えば以下の様な人たちがそうですね。

遅刻が多い

例えば遅刻も時間管理がうまくできないから起きてしまいますよね。遅刻をすればその分作業が遅れますし、いろんな人に迷惑をかけてしまいます。

スケジュールを守れない

仕事ができない人はスケジュールを守る事ができないのです。大事な取引先との約束がある場合は大遅刻してしまう事もあるでしょう。

②仕事の切り替えが下手

仕事ができない人の特徴2つ目は「仕事の切り替えが下手」です。

仕事の切り替えとは仕事とプライベートの気持ちの切り替えの事ですね。仕事ができない人はこうしたプライベートモードのまま仕事をダラダラと始めているのでダラけた気持ちで仕事をしているのです。以下の様な事を繰り返す人は切り替えが下手です。

同じ失敗を繰り返す

人は同じ失敗は二度はやらないように、1度目の失敗で学びます。しかし仕事ができない人は同じ失敗を何度も繰り返してしまいます。

失敗を引きずりミスを連発する

そしてさらに失敗が失敗を引き寄せてしまい、失敗の悪循環に陥ってしまうでしょう。こうなったら取り返しのつかない事になりかねませんよね。こうなる前になんとかしないと大変な事になりそうです。

③仕事の優先順位を付けれない

仕事ができない人の特徴3つ目は「仕事の優先順がつけれない」です。仕事には普段やっている通常業務と上司から「これはいつまでにやっといて」といきなり指示されるような仕事があります。

こうした作業と日常の作業を並行してやるのは大変ですが、普通なら上司から指示された作業を早めに終わらせて、日常業務に戻るのが優先順位だと思いますが、仕事ができない人は同時並行してやろうとしてしまうので上手くいきません。

例えば以下の様な人は仕事の優先順位が分かっていないでしょうね。

完璧主義すぎて仕事が遅い

また完璧主義な人はさらに仕事が遅くなります。上司から任された仕事だからという責任感が働き完璧に仕上げようとするために仕事が遅くなります。

連絡が遅い

仕事できない人は連絡も遅い物です。折り返しすぐに電話してほしいのにすぐに折り返しせずに待たせてしまいます。

メールの返信が遅い

電話でも同じならメールでも返信が遅いのです。待たされている人も呆れてしまうでしょう。それならば電話すればいいのにと思ってしまうほどです。

④仕事に責任感が無い

仕事ができない人の特徴4つ目は「仕事に責任感が無い」です。仕事に対して責任感は大事です。どんな仕事も責任をもって最後までやり遂げなくてはいけませんね。

例えば以下のような人たちは仕事にもっと責任を持つべきでしょう。

言われた事しかできない

仕事ができない人は、自分が言われた事しかできません。常に待ちの状態なんですね。指示されるまで何もせずにいるので困った人です。

言い訳が多い

仕事に責任が無いので言い訳が多いです。例えば「でも」「だって」などの言い訳や口癖になってしまっているでしょう。

メモを取らない

メモを持っているのにメモをしっかり取りません。

調べれば良い事を調べない

調べれば良い事を自分で調べる努力や向上心がありません。

理解してないのに理解したふりをする

理解していない事は理解していないと意思表示をしないと困るのは周りの人なのですが、理解したふりをしてやり過ごしてしまいます。そのままではわからない事はずっとわからないままなので成長しないですよね。

自分の失敗を他人のせいにする

自分が失敗したのに自分のせいではなく他人のせいにします。

⑤心の乱れが見た目に現れている

仕事ができない人の特徴5つ目「心の乱れが見た目に現れている」です。

身だしなみは仕事をする上で大事な事です。髪型がぼさぼさの人やネクタイが曲がっている人ってなんだかだらしなくて嫌ですよね。

心の乱れというのは外見や身だしなみに出てしまうんです。服装の乱れは心の乱れとも言います。仕事ができない人は心の乱れが外に出てしまいやすいです。

例えば以下の様に心の乱れが外に現れてきます。

服装がだらしない

仕事できない人は服装がとにかくだらしないです。Yシャツの襟や袖が汚れてしまったらこまめに洗濯したりきれいな物に取り換えるべきですが、仕事ができない人はそうした事に気づきません。むしろ関心がないのかもしれませんね。

デスクが散らかっていて汚い

仕事ができない人はデスクも汚いです。とにかく整理整頓ができていません。大事な書類も失くしそうなのでこのような人には預けたくありませんね。

仕事ができない5つの原因

仕事ができない人には仕事ができない原因が何かあるはずです。

①だらしない生活

仕事ができない人の原因1つ目は「だらしない生活」です。プライベートの生活態度が悪いと仕事にも支障が出てきます。例えば夜更かしをしすぎると、次の仕事に出勤する時に寝不足の状態で出勤する事になります。

このような状態で仕事をするとどうなるか、寝不足だと眠気のせいで仕事にも集中できず、ミスしたり仕事中にボーっとしたりと言った悪影響が出てきます。

このようにだらしない生活をしていると仕事にも支障が出てくるのです。

②ネガティブな思考

仕事ができない人の原因2つ目は「ネガティブな思考」です。仕事ではストレスがかかる事も多いですよね。例えば失敗をしてしまって上司から注意を受けてしまったり、同僚とうまくいかないなどストレスがかかります。こうした時にポジティブな人は何とか切り抜ける事ができます。

ネガティブな人はこうしたストレスを抱え込んでしまいます。ネガティブな人はねちねちと悔やみ続けいつまでも根に持ってしまいやすいのです。その結果仕事に悪い影響が出てしまいミスを連発したり、終いには自分は悪くないと言い訳をするようになっていきます。

こうなってしまうと周りからは敬遠され関係がこじれやすくなるでしょう。周りの同僚や上司ともうまくいかない状態では仕事がうまくいかないのも納得できますね。

③周りと比較してしまう

仕事ができない人の原因3つ目は「周りと比較してしまう」です。周りは敵でもないのにライバルのような意識を持ってしまうと誰も信用できませんし、仕事を手伝ってもらう事もできませんね。

こういう人は複数でやる仕事でも悪影響を与えてしまいます。周りより先走ろうとしたり周りの足を引っ張ったりとやる気が空回りしてしまうでしょう。

④優先順位が分かっていない

仕事ができない人の原因4つ目「優先順位が分かっていない」です。仕事ができない人の特徴でも解説したように、優先順位が分かっていません。

今は優先すべき仕事があるはずなのに、別の仕事をしてしまい、気づいたころには優先すべき仕事の締め切りが目の前なんて事もありえます。

⑤仕事に目標がない

仕事ができない人の原因5つ目「仕事に目標が無い」です。仕事に目標が無いという事はただ毎日が苦痛な作業でしかないでしょう。たしかに仕事は作業の繰り返しですが、それだけではありませんよね。

仕事がから何か学ぶことやスキルにつながる事もあるはずです。しかし仕事ができない人はそれさえ探そうとしません。仕事が苦痛でしかたないのかもしれませんね。
このようなやる気のない人は仕事にも身が入らず失敗ばかり繰り返します。そんな人には上司も仕事を与えたくありませんね。

仕事ができない人の5つの改善方法

仕事ができない人は改善すれば仕事ができない人から脱却できます。ここでは仕事ができないを脱却するための改善方法を解説していきます。

①規則正しい生活を始める

仕事ができない人は不規則な生活をしています。

遅刻は規則正しい生活をこころがけるだけで防げる

仕事ができない人は毎日寝る時間が一定ではなく不規則な生活をしています。不規則な生活をしていると遅刻が多くなったり寝不足になってしまいます。そのため規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

毎日一定のリズムで生活するように心がける

例えば朝は毎日朝の7時に起きる、夜は24時には寝るようにしたり、規則正しく一定のリズムで生活をするようにするだけでも規則正しい生活ができるようになります。毎日なので休日も同じリズムで生活をしなくてはいけませんよ。

②仕事の失敗から1つでも次に活かせる事を見つける

仕事で疑問に思った事は早めに聞く習慣をつける

仕事で疑問に思ったことはそのままにせず、すぐに人に聴くようにしましょう。分からない事を分からないままにするのが一番よくありません。

失敗は成功するための工程だと思い込む事

失敗を引きずりがちな仕事ができない人は失敗は成功するための工程だと思い込むようにしましょう。失敗を引きずるのはネガティブな思考に陥るからです。失敗に拘ってしまうのです。失敗に拘ってしまうならその失敗は大事な工程だと思ってください。

失敗をしたから次からはうまくいくはずです。今までもきっと同じような場面があったはずです。失敗をどう受け取るかでその人の仕事がうまくいくかいかないかが決まるのです。
失敗に拘りすぎるのはやめて失敗はこれから成功するための練習だと思ってください。

連続で失敗しても前回よりは良くなっている事があるはず

ミスを連発しても落ち込まないでください。少しずつ前回よりは良くなっていることはないでしょうか。
前回より良くなった部分をほめてあげてください。それだけでも失敗に拘らなくなります。

③職場の同僚や上司を信頼する

仕事ができない人は自分で仕事ができない事を気にしてしまい委縮する人もいます。そうなってしまうと周りが全部が敵に見えてしまう人もいます。上司や周りは敵ではありません。もっと心を開いて見ましょう。

仕事は勝負じゃない

仕事は勝負ではないです。中には競い合わせようとする制度もありますが、基本的には仕事は仕事です。同僚と勝負や競い合いをするところではありません。

比べてはダメ。周りは周り、あなたはあなたで出来る事をする

周りと比較して落ち込む人は比較して落ち込む必要はありません。周りは周り、あなたはあなたで頑張ればいいのです。いまは仕事ができなくて落ち込むかもしれませんが、少しずつできる人になっていけばいいのです。

④締め切りが近い物を先に終わらす

仕事の優先順位が分からない人は締め切りが近い物を優先して終わるよう気を付ける事が大事です。日常業務と同時進行に進めてしまうと、普段間違わない日常業務でもミスをしてしまう事もあります。そのため締め切りが近い物を先に終わらせるようにしましょう

それぞれの仕事の締め切りをメモ帳に書き出す

たくさんの仕事を指示された場合は混乱してしまいがちなので、メモ帳に締め切りなどを書き出してどれを一番最初に終わらせるべきなのかを書き出してみましょう。

締め切りが近い物を付箋に記入し目につく場所に貼る

締め切りが近い物をメモ帳に書き出したらそれを付箋に記入しそれを目につく場所に貼っておくと忘れないで良いでしょう。

⑤小さな目標から始める

目標が無い人はまず小さな目標を見つけましょう。どんな事でも良いので仕事でこの作業は早く終われるようになりたいとかそうした小さな目標を持つ事から始めて見てください

小さな目標から徐々に大きい目標を作っていく事

小さな目標を持つ事になれたら次は大きな目標を探してみてください。徐々に大きな目標を持つ事で目標や仕事を達成するための励みになります。

仕事ができないと感じたらまずは習慣から見直そう

いかかでしたか。今回は仕事ができない人の特徴と原因と仕事ができない人の改善方法について解説してきました。仕事ができない人は生活が不規則だったり、スケジュール管理ができない事や身だしなみにも表れるといった特徴がある事がわかりましたね。生活習慣を規則正しくしていく事や思考を少し前向きにしていくだけでも仕事ができない人からの脱却が可能なの事が分かりました。

仕事ができない人の中には自分があまりにも仕事が出来なくなってしまった理由が分かっていない人もいます。誰かが助言をしてあげるだけでも変わる人もいるので、見捨てずに助けてあげる事で見違えるように変わる事もありますので、もし周りに仕事ができない人がいても見捨てないで手を差し伸べてあげてはいかがでしょうか。

また、仕事ができない原因は少なからず習慣にあるので、まずは一度自分の習慣をしかり改めましょう。