ITサービス・ソフトウェア業界のインターン「選考対策」「おすすめ企業」

興味のある企業・業界で就業体験ができるインターンシップ。実際の社会人としてのマナーが身に付いたり、業界研究に役立ったりと、就活では有利にはたらくこと間違いなしです。そこで今回の記事では、ITサービス・ソフトウェア業界に就職したい、興味があるという方のためのインターン情報をご紹介します。

ITサービス・ソフトウェア業界:インターンの選考対策

インターンに参加するためには、まず選考を突破しなければなりません。一体どんな選考対策を行っておけばよいのでしょうか。

IT業界について知る

どの企業のインターンシップに参加するにしても、まずはIT・ソフトウェア業界全体について知ることが必要です。IT業界が社会においてどんな役割を果たしているのか、どんなサービスを提供するのかなど、基本的な情報を知っておきましょう。

たとえば、IT業界といってもいろいろな職種があります。プログラマーやシステムエンジニアなど、仕事の内容や、自分がどんな職を経験みたいかを考えておくことが重要です。

企業研究を行う

業界についての研究ができたら、自分が受けたい企業の研究をしましょう。

企業理念
提供しているサービスなどの内容(事業内容)
取引実績
インターンの選考では、やはり業界や企業についてどれくらい理解しているかを見られています。このあたりはしっかり押さえておくと良いでしょう。

志望理由を考える

インターンや就活において、避けて通れないのが志望理由を考えることです。できるだけITに関係のある志望動機にすることが大切です。

「なぜこの企業なのか」「なぜIT業界なのか」ということを明確にし、企業側に自分の熱意を伝えましょう。

ITに関連する自分の体験やエピソードなどを企業理念などと結びつけお話するのが一般的な例となります。そのためにも企業研究・業界研究は抜かりなくしておきましょう。

ITサービス・ソフトウェア業界:おすすめインターン企業

日本ユニシス

IT業界の中でも老舗中の老舗である日本ユニシス。エントリーシートはなく、面接による選考が行われることが多いようです。社員の方たちと触れ合う機会が多く、他の学生たちとも接点を多く持てるインターンなので、積極的に人と関わっていきたいと感じる方にオススメのインターンです。

NEC

日本ユニシスとは対照的にエントリーシートが選考において重要になってきます。NECでは、戦略ビジネスフレームワークや、企画提案コンテストなどを体験できるプログラムと、社員と実際に仕事ができるプログラムがあります。

どちらもチームワークを必要とするプラグラムとなっているので、サークルやアルバイトのエピソードから協調性やリーダーシップをアピールしましょう。

おわりに

いかがでしたか。インターンは就活の練習としても役立ちます。何もしないよりも、自ら積極的に動き、挑戦していく姿勢が大切です。