広告業界の人気企業のランキング(業績・平均年収ランキング)

今回は、広告業界への就職を考えている方や、業界研究に励んでいるという方向けに、広告業界企業の業績や年収に関するランキングをご紹介していきます。どの企業が人気企業としてランクインしているのでしょうか?早速見ていきましょう。

広告業界企業ランキング:業績ランキング


まずは、広告業界企業の業績ランキングをご紹介していきます。業績だけで企業の優劣や善し悪しを判断することはできません。しかし、将来性や待遇などを考えた時、業績は最も頼りになる基準ではないでしょうか?以下は、平成25年~26年の売上高を基準としたランキングです。

1位:電通
2位:博報堂DYホールディングス
3位:アサツーディ・ケイ
4位:サイバーエージェント
5位:デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
6位:オプト
7位:アイレップ
8位:セプテーニ・ホールディングス
9位:アドウェイズ
10位:ファンコミュニケーションズ
11位:GMOアドパートナーズ
12位:ゲンダイエージェンシー
13位:バリューコマース
14位:クイック
15位:サイネックス
16位:セーラー広告
17位:中広
18位:プラップジャパン
19位:共同ピーアール
20位:GNU
21位:インサイト
22位:アキナジスタ
引用元:「業界動向.SEARCH.com」

業界の中には、100位まで紹介しても全ての企業をご紹介できない場合もありますが、広告業界企業の場合は、少数精鋭のような印象を受ける結果となっています。22位までの企業が高い業績をキープして業界を動かしていると考えられますね。

しかし、近年、広告業界は大きな変化を遂げています。インターネットの普及による、デジタル化やweb広告の登場です。ネット広告を専門的に取り扱う企業なども、増えていると考えられるので、今後は業績ランキングに、新たな企業がランクインする可能性も大いにあり得るでしょう。

業績ランキング1位:電通

広告業界企業の中でも、首位に輝く業績を残している電通。平成25年~26年の業績は、2兆3093憶円でした。2位以下の業績も後程ご紹介していきますが、電通の売上高は業界内でも圧倒的と言えます。現在、独走状態と言っても過言ではない業績ですが、今後も電通が首位をキープしていくのか、動向が気になるところです。

業績ランキング2位:博報堂DYホールディングス

広告業界ランキング2位にランクインしたのは、博報堂DYホールディングスでした。その売上高は、1兆0959憶円。1位の電通と比較すると大きいなリードを許しているものの、3位以下の業績と比較すると、こちらも圧倒的と言える金額です。1位の電通と並んで、広告業界のツートップと言えるでしょう。

業績ランキング3位:アサツーディ・ケイ

3位のアサツーディ・ケイの売上高は、3427憶円。1位・2位と比較すると、かなり差を付けられていると言えます。しかし、4位の売上高は1624憶円となっており、上位2位を除けば、広告業界企業の中でも高い業績となっています。今後、2強とも言える業績を誇る1位・2位に対して、どのように対抗していくのか注目ですね。

広告業界企業ランキング:平均年収ランキング

続いては、広告業界企業の平均年収ランキングをご紹介していきます。

以下は、平成26年7月~平成27年6月の甲広告業界企業の平均年収を参考に作成されたランキングです。業界研究をしている方は、業績ランキングと比較して、順位にどのような変動があるのか、注目してみるのもおすすめですよ。

1位:電通
2位:博報堂DYホールディングス
3位:アサツーディ・ケイ
4位:サイバーエージェント
5位:GNU
6位:ファンコミュニケーションズ
7位:共同ピーアール
8位:バリューコマース
9位:DAC
10位:オプトHD
11位:プラップジャパン
12位:セプテーニ・HD
13位:クイック
14位:ゲンダイエージェンシー
15位:アキナジスタ
16位:アドウェイズ
17位:セーラー広告
18位:アイレップ
19位:GMOアドパートナーズ
20位:中広
21位:サイネックス
22位:インサイト
引用元:「年収ラボ」

上位3位は、業績ランキングと変わらないものの、以降の順位では業績ランキングとは異なる結果となっています。

ちなみに、2015年の労働者の平均年収は、440万円と言われています(※1)。

広告業界全体では、GMOアドパートナーズが493万円で、19位までが上記の平均年収を上回る金額となっていました。このような背景から、広告業界は比較的、年収が高い業界と考えられます。

それでは、上位3位までの平均年収を、詳しく見ていきましょう。

平均年収ランキング1位:電通

業績ランキングで圧倒的な強さを見せていた電通ですが、平均年収ランキングでもその強さは健在でした。電通の平均年収は、1271万円!上記の一般的な平均年収440万円と比較すると、3倍近い金額となっています。

平均年収ランキング2位:博報堂DYホールディングス

電通と並んで、ツートップのような形で業績ランキング2位にランクインしていた博報堂DYホールディングスは、平均年収ランキングでも2位にランクインしました。博報堂DYホールディングスの平均年収は、1036万円。電通と比較すると200万円前後落ちますが、それでも現代人にとって夢と言われる年収1000万円を軽々と越えている、高額年収となっています。

平均年収ランキング3位:アサツーディ・ケイ

アサツーディ・ケイもまた、業績ランキングと同じ3位にランクイン。平均年収は、763万円となっています。ここ数年、平均年収は横ばいの模様。一方で、4位のサイバーエージェントは、平均年収720万円でやや上昇傾向です。今後は、サイバーエージェントとの3位競争となるかもしれませんね。

広告業界企業ランキング:平均年収ランキング

続いては、広告業界企業の平均年収ランキングをご紹介していきます。

以下は、平成26年7月~平成27年6月の甲広告業界企業の平均年収を参考に作成されたランキングです。業界研究をしている方は、業績ランキングと比較して、順位にどのような変動があるのか、注目してみるのもおすすめですよ。

1位:電通
2位:博報堂DYホールディングス
3位:アサツーディ・ケイ
4位:サイバーエージェント
5位:GNU
6位:ファンコミュニケーションズ
7位:共同ピーアール
8位:バリューコマース
9位:DAC
10位:オプトHD
11位:プラップジャパン
12位:セプテーニ・HD
13位:クイック
14位:ゲンダイエージェンシー
15位:アキナジスタ
16位:アドウェイズ
17位:セーラー広告
18位:アイレップ
19位:GMOアドパートナーズ
20位:中広
21位:サイネックス
22位:インサイト
引用元:「年収ラボ」

上位3位は、業績ランキングと変わらないものの、以降の順位では業績ランキングとは異なる結果となっています。

ちなみに、2015年の労働者の平均年収は、440万円と言われています(※1)。

広告業界全体では、GMOアドパートナーズが493万円で、19位までが上記の平均年収を上回る金額となっていました。このような背景から、広告業界は比較的、年収が高い業界と考えられます。

それでは、上位3位までの平均年収を、詳しく見ていきましょう。

平均年収ランキング1位:電通

業績ランキングで圧倒的な強さを見せていた電通ですが、平均年収ランキングでもその強さは健在でした。電通の平均年収は、1271万円!上記の一般的な平均年収440万円と比較すると、3倍近い金額となっています。

平均年収ランキング2位:博報堂DYホールディングス

電通と並んで、ツートップのような形で業績ランキング2位にランクインしていた博報堂DYホールディングスは、平均年収ランキングでも2位にランクインしました。博報堂DYホールディングスの平均年収は、1036万円。電通と比較すると200万円前後落ちますが、それでも現代人にとって夢と言われる年収1000万円を軽々と越えている、高額年収となっています。

平均年収ランキング3位:アサツーディ・ケイ

アサツーディ・ケイもまた、業績ランキングと同じ3位にランクイン。平均年収は、763万円となっています。ここ数年、平均年収は横ばいの模様。一方で、4位のサイバーエージェントは、平均年収720万円でやや上昇傾向です。今後は、サイバーエージェントとの3位競争となるかもしれませんね。

ランキングだけでない、決算資料などからも企業を読み解こう

人気企業には、業績や待遇、社風などに魅力がある場合がほとんどです。しかし、人気企業だからと言って、自分に合う企業か、また自分にとって良い企業かどうかは、また別の問題と言えるでしょう。大切なのは、さまざまな記事やデータから、各企業の特徴や現状、今後の動向を見抜くことです。

各企業の決算資料も合わせて、今後の企業の戦略なども読み解きながら、自分に合った企業選びをされてみてください。

広告業界の動向や課題などはこちらの記事を参考にしてみてください。