【例文あり】好印象を与える会社説明会の「お礼メール」の書き方と例

今回は、説明会の終わったあとに送る、正しいお礼メールの書き方と、その例文を紹介します。中には、お礼メールによって、企業の人事の方に覚えてもらっていて、会話が弾んだ就活生もいますので、書き方を学んでいきましょう。

お礼メールの書き方

お礼のメールは必須ではありません。説明会に参加する方の中には、説明会後にお礼メールを企業に送らない方もたくさんいると思います。必須ではないので、その後の選考に影響があるとは限りませんが、送らない人よりは送った人の方が、人事からの印象が良くなる可能性があります。その上、社会人の常識であるメールの書き方、マナーを学ぶ機会になるので、お礼のメールを送るメリットは大いにあるのです。

まずは、基本的なメールの書き方について見ていきましょう。メールを書くときに必ず書かなければならないのは、次の5つです。
•件名
•宛名
•自己紹介
•用件
•署名

上記の要素は、社会人が普段使用するメールの常識や社会のマナーとなっているので、とても重要です。社会の常識やマナーを欠いたメールを送信してしまうと、良い印象を与えるどころか、悪い印象を与えてしまうので、気をつける必要があります。

また、誤字脱字も悪い印象を与えてしまうので、最後に必ず確認してから送りましょう。説明会後何日も経ってからメールを送るのも失礼なので、24時間以内を目安に送りましょう。

では、それぞれのメールの構成要素について見ていきましょう。

お礼メールの書き方1:件名

社会人がメールを送る際は、必ず件名をつけます。学生はパソコンのメールを使ってフォーマルなやりとりをする機会が少ないかもしれませんね。しかし、社会人は1日に何十件も、ときには100件以上のメールに目を通します。大量のメールを読むときに、どの用件のメールなのかを分かりやすくするのが件名なのです。

このように、件名には重要な意味がありますので、忘れることなく記載しましょう。何をどのように記載するのかというと、用件を一言で記載します。基本的に件名に名前は載せません。

【件名】説明会参加の御礼

お礼メールの書き方2:宛名

宛名には、説明会に出ていた方の名前を記載します。説明会の案内メールや貰った資料などを見れば記載されていると思うので、担当の方の名前や肩書きも記入しましょう。もちろん、企業名から記載します。また、万が一名前と顔が一致していなくても、お礼のメールは何通もやりとりするものではないので、心配する必要はないでしょう。

株式会社〇〇
〇〇 〇〇様

お礼のメールの書き方3:自己紹介

お礼メールに限りませんが、メールを送る際には簡単な自己紹介を入れてから、用件を記載します。自己紹介と言っても、趣味や学歴を細かく記載するのではなく、説明会に参加した旨と、大学や学部、そして名前の記載のみで問題ありません。

〇〇大学〇〇学部の(名前)と申します。

お礼メールの書き方4:用件

説明会のお礼メールなので、本題となるのはお礼の言葉です。ただ、「ありがとうございました。」だけでは味気なく、印象も良いものではありません。企業で働きたいという意欲や、説明会が為になったということなどを記載すると良いでしょう。具体的には、後述の例文を参考にして下さい。

お礼メールの書き方5:署名

普段、メールを使い慣れていない方にとっては盲点になりがちですが、最後の署名はとても重要です。主に記載する情報は、大学・学部・学科名、自分の氏名、電話番号、メールアドレスなどです。氏名や大学名は自己紹介の部分で述べているので繰り返しになりますが、省かずに記載しましょう。場合によっては住所を記載しますが、住所に関する記載は、基本的には自由です。

より好印象なお礼メールの書き方

ここまでは基本的な書き方を見てきましたが、他の就活生と同じようなお礼メールになってしまっては、担当してくださった方に印象や感謝の気持ちが残りません。なので、より好印象を与えるお礼メールの書き方のコツを3つほど紹介します。

適度に改行をする

ビジネスメールでは、改行を適度に行い、読みやすくするのが一般的です。目安としては、20~25文字ほどで、改行を加えるようにしましょう。

誇張表現を使い過ぎない

「大変」「とても」「本当に」などの表現は、文中になくても相手に意味は伝わります。強く強調したい気持ちはわかりますが、使い過ぎると逆に言葉が安くなってしまいますので、基本的に使わないでも大丈夫です。

具体性を入れる

どこの企業へのお礼メールでも使えるような文章ではなく、その企業説明会で学んだ部分、経験できて感謝している箇所など、具体性を盛り込んだ文章にすると、企業側も印象に残りやすいですし、感謝が伝わりやすくなります。

お礼メールの例文

では、実際に具体的な書き方を見ていきます。ただ、正解があるわけではないので、違った言い回しなどでももちろん問題ありませんよ。ぜひ参考にして、自分の気持ちや熱意が伝わるものを考えてみてください。

お礼メールの例文1

件名】説明会参加の御礼


株式会社〇〇
〇〇 〇〇様



20xx年xx月xx日、本日の会社説明会に参加させていただいた
〇〇大学〇〇学部の(名前)と申します。

新人研修後の実際の営業業務の内容を聞き、
ここ2年間の電話アポイントメントから、
契約を結びつけるまでのインターンシップ経験が
活かせると感じました。

また、自分が入社後に得なければいけない
スキルも明確になり、より一層自分が成長し、
貴社に貢献できるものと確信致しました。

今後お世話になる機会ございましたら、
何卒よろしくお願いいたします。

末筆ながら、貴社の益々のご発展を祈念しております。



〇〇大学〇〇学部〇〇学科
(名前)
***-****-****
****@gmail.com

お礼メールの例文2

【件名】 ◯月◯日参加の説明会の御礼


株式会社〇〇
人事部
〇〇 〇〇様



貴社の会社説明会に参加させていただいた
〇〇大学〇〇学部〇〇学科の(名前)と申します。

この度はお忙しいところ、
お時間を割いて頂きありがとうございました。

社員の方の雰囲気を肌で感じ、
自分の仕事との向き合い方との近さを感じました。

担当してくださった社員の方が、
貴社の社長賞を受賞された方で、
綿密な計画性と人を上手く巻き込む力に長けていたため、
会社の話だけでなく働く姿勢まで学べました。

今回頂いた資料と学んだことを元に
より一層貴社の理解を深めて参ります。

本日は貴重な場を設けてくださりありがとうございました。
末筆ながら、貴社の益々のご発展を祈念しております。


〇〇大学〇〇学部〇〇学科
氏名:〇〇 〇〇
〒***-****
東京都新宿区〇〇 *-**
電話電話:***-****-****
e-mail:****@hotmail.com

お礼メールは送る前に間違いがないか確認しよう

具体的に書くことが望ましいですが、文章が長くなりすぎますと、担当の方は複数メールをいただくので、逆に目を通すのが億劫になってしまったり、まとまりがないように見えてしまうかもしれません。

短く完結に文章を仕上げましょう。

説明会後、数日経ってからのお礼メールは、反対に失礼になってしまう可能性があります。なるべくその日のうちに送ってしまうのが良いでしょう。家に帰ってから、ゆっくりと丁寧にメールを書きましょう。言葉遣いも、若者言葉を使用するなどしなければ、無理に硬い表現を使う必要はありません。自分の言葉でお礼を述べて、相手に感謝の念が伝わるよう、心がけましょう!