最終面接でよく聞かれる質問例10個|就活の面接前に確認しておこう!

就活中の学生にとって最後の難関である「最終面接」。一次、二次、と突破してきて、最後の最後で油断してはいけません。最終面接でもしっかりと対策を練り、内定を掴んでいきましょう。今回は、最終面接においてよくある質問例を10コ紹介いたします。

最終面接の質問例10個

最終面接の質問例1:今通っている大学を選んだ理由を教えてください。

大学で勉強したこと、頑張ったことなどはこれまでの面接でもあった質問ではないでしょうか。最終面接では、「何を」というよりも、「なぜ」を聞かれることが多いです。表面的なことだけでなく、しっかりした軸のある答えが求められてきます。

最終面接の質問例2:将来この会社をどうしていきたいですか?

この質問で注意しておきたいのが、「自分がやりたいこと」ではなく、「会社にどう貢献できるか」ということを答えなければならないという点です。〜〜したい!という意気込みだけでなく、実際に働き出した時のことを想定して話しましょう。

最終面接の質問例3:志望動機を教えてください

一次、二次、と散々聞かれてきた志望動機。最終面接でももちろん聞かれることが多いです。ですが、これまでと同じ答えではもちろんいけません。今一度企業に関する理解・知識を深めておきましょう。

最終面接の質問例4:性格面での長所と短所を教えてください。

自分の長所と短所をしっかり把握し、自分を客観視できているかどうか、また、短所についてその対策を意識できているかどうか、もう一度確認しておくとよいでしょう。

最終面接の質問例5:他社よりも当社を志望する理由を教えてください。

この質問に答えるには、企業研究だけでなくしっかりとした業界研究も必要となってきます。業界の中でも、その企業の特性や長所をしっかりつかんで答えるようにしましょう。

最終面接の質問例6:〇〇のニュースについてどう思いますか?

企業によっては、時事ネタについて雑談のような形で質問してくることもあります。あまり気張らず当たり障りのない答えでよいですが、そのニュースについて不勉強、わからないことがある場合は素直に質問したり、「勉強不足でわかりません。今後勉強いたします」と答えましょう。

最終面接の質問例7:業務についてどのように勉強していきますか?

社会人になれば、常に向上心をもって仕事に取り組んでいかねばなりません。研修制度などあるとは思いますが、自分なりに学んでいこうという熱意を確認する質問です。

最終面接の質問例8:当社について知っていることをお話しください。

少し漠然とした質問ですが、今までしてきた企業研究に自信を持って答えれば問題ありません。その中に企業に対する思いなども含めて話せればさらに良いでしょう。

最終面接の質問例9:当社に必ず入社しますか?

この学生に内定を出したとしてもちゃんと自分の企業に入社してもらえるか、学生の意思を確認する質問です。入社の意思が感じられないと落とされてしまうことも多くあるので、入社の意思をはっきり伝えましょう。

最終面接の質問例10:何か質問はありますか?

学生に質問を求める「逆質問」です。「入社までに勉強しておくことは?」「配属先はどのようになりますか?」など、今後のことを想定した意欲的の質問をしておきましょう。「特にありません」はNGです。

すぐに思い浮かばなかったのでしたら、こちらの記事の逆質問例を参考にしてみましょう。

最終面接では能力よりも熱意をアピールしよう!

いがかでしょうか。最終面接では、本当にこの会社に入社する熱意があるかどうか、頑張っていく意欲があるかどうか、考えが表面的ではないかどうかを確認される場です。一次、二次と大丈夫だったんだから大丈夫!と油断することなく臨みましょう。