2015年度メリルリンチ日本証券のインターン:「倍率」「選考方法」「採用日程」など

金融業界や外資系企業に興味のある皆さん。外資系企業は就職においても難関であるとされていますよね。「メリルリンチ日本証券」のレベルの高いインターンシップに挑戦して、自分の力を試してみませんか。周りの人よりも一歩リード出来るチャンスですよ!

メルリンチ日本証券(バンクオブアメリカ)

「メリルリンチ日本証券」は世界最大級の金融機関「バンクオブアメリカ」の世界有数の投資銀行です。企業金融、投資銀行、金融市場の各業務部門を展開しています。グローバルなネットワークを通して世界で活躍することが出来ます。早期からチャレンジする機会が与えられるので、インセンティブに働きたい方におすすめです。

「メリルリンチ」インターンシップ:内容

国内大学・大学院卒業および修了予定者を対象としたインターンシップは部門別に行われます。

投資銀行部門
資本市場部門
金融市場部門
証券業務部門
調査部門
テクノロジー部門
一年のなかでは「サマーインターンシップ」「ウィンターインターンシップ」の2つが主に行われています。インターンシップの期間は3日間です。

会社の概要についての説明+課題付与(グループワーク)
グループワークの作業
プレゼンテーション
チーム作業なので高いコミュニケーション能力が求められるとともに、プレゼンテーション能力も求められます。プレゼンテーションの際には論理の甘い箇所などを、審査員の方々に厳しく詰められます。給料の高い外資系銀行ですが、それに見合った厳しい業務内容を実際に体験してみましょう。

「メリルリンチ」インターンシップ:採用倍率 

倍率は非公開ですが、レベルの高いインターンシップ、かつ人気企業ということもあり、インターン採用倍率は高くなると考えられます。

「メリルリンチ」インターンシップ:選考方法

メリルリンチのインターン選考方法には次のものがあります。

書類選考
思考能力テスト(オンライン)
面接
「メリルリンチ日本証券」は世界最大級の金融機関「バンクオブアメリカ」の世界でも有数の投資銀行であり、インターンシップにエントリーする学生の層も高いレベルになることが想定されます。

よって、必然的に高いスキルが求められます。具体的には、次の二点は必須と言えるでしょう。

良い学業成績を収めていること
ビジネスレベルの英語・日本語が出来ること
更に、次の能力も同時に求められます。

数学、エンジニアリング、統計学、プログラミングなどの専門知識があること
表計算ソフト(エクセル)についての十分な知識やモデリングのスキル
高いコミュニケーション能力を持っていること
積極性や自発性を持つこと
エントリーシート対策

まずはエントリーシートによる書類選考を通る必要があります。エントリーシートでは、次のようなことが問われます。

志望部門の業務内容と自分の長所や興味を絡めた内容
正確な英語表記
集団面接ではエントリーシートに記入した内容について質問される可能性が高いので、内容について深く理解し、しっかりと答えられるようにしておきましょう。

「メリルリンチ」インターンシップ:採用日程

すでに終了はしておりますが、2015年度、2017年卒学生向けのサマーインターン・選考フローの一部をご紹介します。

投資銀行部門/資本市場部門/金融市場部門

オンラインエントリー
思考能力テスト
書類選考
面接
サマージョブ
2017年卒業対象のインターンシップの募集は既に終了しています。2018年のインターンシップ募集を待ちましょう。

「メリルリンチ」のインターンシップに応募しよう!

「メリルリンチ日本証券」のインターンシップでは特に事業内容の正確な把握と高い英語能力が求められます。英語能力や業界研究は日頃から怠らないようにしておくことが大事でしょう。

また、「メリルリンチ日本証券」のインターンシップに限らず、レベルの高いインターンシップでは特に高いコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などが求められます。これらを身に着ける機会を意識して作りましょう。