ディープラーニング入門スライドまとめ|初心者でも学べる学習教材

ディープラーニング入門スライドまとめ|初心者でも学べる学習教材

tech

こんにちは!テクスタブログ編集部です!

突然ですが、ディープラーニングとは何か知っていますか?エンジニアの皆さんであれば、頭の中でイメージができているという方も多くいると思います。ですが、言葉で説明をすることは、意外と難しいものです。

そこで、今回はディープラーニングの入門資料を集めました。ディープラーニングを深く学びたい人は実践編まで、ざっくりとだけでも知りたいという方も、入門編と応用編のスライドを見れば、ディープラーニングの概要が掴めますよ!

近頃話題のIoTとも深く関わっているディープラーニングについて知り、IT業界のトレンドを抑えましょう!

ディープラーニング入門資料

入門編:ディープラーニングの正体を知る

説明を求められると意外と苦しいディープラーニング。ここでは、ディープラーニングが何なのかをはっきりとさせておきましょう。

「ディープラーニング=深い学習」と思っている方は、まずこのスライドで入門し、ディープラーニングの仕組みを学びましょう。図やイラストが豊富で、5分もかからず基礎が分かります。

ここでは、主に機械学習の歴史と最新技術について学びます。進化の歴史を知ることで、ディープラーニングがいかに急速に発展してきたかを知ることができるので、入門にぴったりの内容ですよ。

応用編:基本的な仕組みと活用方法を学ぶ

ディープラーニングのイメージが掴めてきたところで、今度はディープに学んでいきましょう。

このスライドでは、ディープラーニングで利用されている考え方や計算が細かく解説されています。ゆるーく進んでいるように見えて、内容はしっかりと簡潔にまとまっています。

前半はディープラーニングの基本計算について、後半は今話題のIoTでどのようにディープラーニングが生かされているかを学びます。計算が含まれてきたことで急に難しくなったような印象がありますが、実践編の前に計算に頭を慣らしておきましょう。

実践編:基本計算をやってみる

スライドでディープラーニングに入門したら、いよいよディープラーニングに必要な計算を学んでみましょう。2つ目のチュートリアルにもぜひ挑戦してみてくださいね!

【 実践 Haskell 】作業領域別 tutorialサイトまとめ

スクリーンショット (79)

サイトリンク:「【 実践 Haskell 】作業領域別 tutorialサイトまとめ ~ファイル入出力、グラフ描画、線形回帰、統計解析・多変量解析、機械学習、ニューラル・ネット、ディープ・ラーニング、自然言語解析、DB操作、Webアプリケーション・フレームワーク

ディープラーニングに必要な基本計算が勉強できるサイトがまとめられています。スライドでは理解しきれなかったものは、ここでじっくり学んでみましょう。

ディープラーニング(TensorFlow)を使用した株価予想

スクリーンショット (77)

サイトリンク:「ディープラーニング(TensorFlow)を使用した株価予想

ディープラーニングの計算を利用して、実際に日経平均株価の予測を行います。開発環境の構築から行うので、ディープラーニングを体系的に学ぶことができます。

終わりに

ディープラーニングは頻繁に耳にする言葉ではありますが、スライドやサイトで学んでみて初めて知った内容も多かったのではないでしょうか。機械学習が日々進化し、企業がIoTへと熱い視線を送っている今、ディープラーニングにも今後ますます注目が集まることでしょう。既に実用化されているものも多くありますが、ディープラーニングの活躍の場は無限大です。

仕組みを理解するのはなかなか難しいですが、ディープラーニングに入門して学び、活用できるようになれば、ビジネスの場も広がっていくはずですよ!