2015年ニフティのインターン内容:『倍率』『選考方法』『採用日程』など

ニフティといえば、インターネットサービスプロバイダを主な事業とする会社ですが、、夏と冬にインターンシップを開催しており、会社事業や業務の内容を様々な角度から会社のことを知ることのできるプログラムが用意されています。そこで今回は、まもなく応募がはじまる夏のインターンシップについてご紹介します。

ニフティ夏のインターンシップ

夏のインターンシップは、「夏の勉強会」と呼ばれています。内容としては次のウェブコンテンツ制作の3部門に分かれています(2015年度情報)。

・アプリ開発
・ウェブサービス企画
・デイリーポータルZ

IT企業だからプログラミングができなければいけない、ということは決してなく、自分の興味関心に合わせてITやウェブといったニフティの事業にアプローチすることが可能です。参加条件に卒業年度がなく、学年を問わず参加できるのも嬉しいところ。

夏のインターンシップに参加すると、その秋に行われるインターンシップ成果発表会でプレゼンをするチャンスもあります。インターンシップはいずれも東京の本社で開催されますが、遠方の学生には会社が宿泊施設の手配、交通費の支給をしてくれます。

説明会も東京だけではなく全国各地で開催されますから、都内には通いづらいと気後れしている方にはとても嬉しい配慮ですよね。

「ニフティ」インターンコース1:アプリ開発

その名のとおり、社員の指導のもとチームでアプリを開発します。2014年から引き続いてニフティのクラウドPaaSを使った、アジャイル手法によるアプリ企画開発が活動内容です。5日間でアプリを作り上げることになるため、プログラミングに関する興味やある程度の知識があるとよいでしょう。

・日程:5days(2015年の開催日程は、9月7日~11日)
・募集人数:40名

「ニフティ」インターンコース2:ウェブサービス企画

企画担当社員社員のアドバイスを受けながら、ウェブサービスの企画を完成させて、プレゼンを行います。第一線で活躍している社員から直々にアドバイスがもらえるまたとないチャンスです。

・日程:2days(2015年は8月6日~7日/8月20日~21日)
・募集人数:各20名

「ニフティ」インターンコース3:ウェブコンテンツ制作

こちらはさらに2コースに分かれています。

一つは取材コースといって編集部が用意したテーマで取材し記事を執筆します。もう一つは工作・実験コース。編集部が用意したテーマに沿ってものを作り、その過程と結果をレポート記事としてまとめるものです。

実際に書いた記事がデイリーポータルZで配信されるので、自分の頑張りが多くの人に見てもらえるのはとても嬉しいですね。ブログやツイッターでなにか情報発信をした経験があれば、それが選考基準にもなるそうなので、面白さに自信がある人は是非チャレンジしてみてください。

・日程:2days(2015年は9月13日~14日/9月17日~18日)
・募集人数:各4名

ニフティインターンシップの倍率

ニフティのインターンシップの倍率は公開されていませんが、人気企業であり、採用人数も少ないため倍率は高いことが予想されます。

ニフティインターンシップの採用方法

詳細な採用方法は原罪公開されていません。

ニフティインターンにあなたも参加しよう!

こんなに魅力的でワクワクするインターンシップ、面白い経験になりそうです。少しでも興味がわいたらトライしてみるべきですね!

インターンシップ説明会、応募受付はどちらも6月の予定です。正確な情報、締め切りはニフティの採用ブログ等で確認してください。こちらの採用ブログにはインターンシップ参加者の感想なども紹介されていますのでチェックしてみてくださいね。

インターンシップに参加してニフティのことを知り尽くしましょう!