日立製作所のインターン内容は?倍率、選考方法、説明会の日程など

「この木なんの木~」でおなじみの日立製作所。今回は日立のインターンシップや説明会など、就職活動に役立つであろうことをピックアップしました。皆さんの就活の参考になれば幸いです。

日立製作所のインターンシップ

最初に、2015年度のものですが、日立のインターンシップはどんなものかを見ていきます。

まず日立製作所のインターンシップは2種類に分かれています。

一つ目は短期のインターンシップ。約2~3週間ほどの日程で実施するもので、主に4年制大学や高等専門学校の就活生を対象としています。募集の内容ですが、研究開発や設計などの「エンジニア系」と、事務系職種などの「ビジネス・ITソリューション系」の2種類となっています。

二つ目は通年インターンシップ。テーマによって募集や実施の時期は変わりますが、10月下旬から随時スタートしていきます。こちらは冬季のものとは異なり、博士課程に在籍している人や博士号を取得して研究活動を行っている人、また海外の大学に在籍している人を対象としています。募集の内容は研究開発などを行う「エンジニア系」です。

両者に共通して、インターンシップで行う内容はテーマ毎、あるいは応募する職種毎に異なります。内容で選んでみるのも面白いかもしれませんね。

日立製作所インターンの倍率

次に倍率について見ていきますが、情報は開示していないようです。人気の大企業ということもあり、インターンの倍率は高いことが予想されます。



たとえ倍率が高くても「倍率が高い」と考えるのではなく「同じ志を持った人がこんなに沢山いるんだ」と考えた方がより自らの励みになるでしょう。

日立製作所インターンの選考方法

3つ目に選考方法を見ていきます。選考は3月1日の、いわゆる就活解禁日から始まります。

第一次選考では「書類選考」があります。「エントリーシート」と「Webテスト」の結果から第二次選考者を選ぶことになります。

第二次選考では、面談選考を行います。テーマによっては面接選考が2度ある場合もあります。面談選考を突破すると、見事インターン採用になります。

日立製作所インターンの日程

冬季インターンシップでは、12月1日から受付が始まり、上記の「書類選考」「面談選考」の2つを経て、1月上旬から2月下旬にかけてインターンが行われます。

おわりに

「就活とは結婚のようなもの」

企業の人事の方や大学の就職課の方はたまにこんなことを言います。それはどちらも、自分を知り、相手を知り、どうすればお互いがより良い関係を築けるかを考えるからです。

日立製作所のインターンシップで、日立製作所の労働環境や企業文化を知り、働くイメージを膨らませてみてください。

日立製作所のインターンシップ以外でもインターンシップに参加することで得られる経験はとても貴重です。しかし、中にはインターンシップに行けない企業もあります。そのような場合には人事や社員と焼肉を食べながら、インターンに行けない企業の仕事の様子を知るといいでしょう。