「幸いです」のビジネスとしての使い方・目上の人に使っていい?・ベストな言い換え表現

意外に使い方を間違えている「幸いです」の使い方。幸いですという意外にももっと良い印象を与える言い方もあります。また、英語でも「幸いです」と同じ意味の言い回しがあるのです。正しく「幸いです」と使えるように、例文をあげながらご紹介していきます。

幸いです。正しい意味は?

「幸いです」の正しい意味は、相手に対して何かを依頼するときに使用する言葉で、相手に対してこれをしてくれたら嬉しいです。と言う意味を表しています。

しかし、この言葉だけでは敬語としては不十分でのでさらにし得ておきたい言葉があります。

目上の方に「幸いです。」を使うときの注意点

「幸いです」は一見それだけで敬語で使っていけるように見えますが、目上の方に使うときには不十分なのです。

目上の方に使うときには、相手によっては失礼に受け取られることがあるのです。

このような場合には、「思います」の敬語に当たる、「存じます」を使うことで目上の方に対して使うことができます。

〇〇をして頂けますと幸いに存じます。


とこのような言い方がいいでしょう。

さらに丁寧に「幸いです」と言うには

「幸いです」は実は少し曖昧な言葉でもあります。

それは〇〇をしなくてもいいけどしてくれれば嬉しいです。と言うニュアンスで使われるからです。

言い換えれば、「助かります」という言い方になるでしょう。
でも、そんな曖昧な伝え方ではなく、もっとしてほしいと言う気持ちを出す場合には、「幸甚です」という言葉を使うことが良いでしょう。


これは、〇〇をしていただくことがこの上なく幸せです。と言う言い方になります。

目上の方には幸いに存じます。では不十分と感じた場合には、幸甚です。を使ってみることをお勧めします。

「助かります」「幸いです」「幸甚です」の使い分けは?

「助かります」「幸いです」「幸甚です」の使い分けは、相手との距離感で使いわけることが良いとされています。

「助かります」
これは相手との距離が「近い」場合に使います。
後輩、同僚、親しい会社関係の方などです。
相手とフランク話せるような関係でしたら、「助かります」で十分ですね。

「幸いです」
これは会社関係のや先輩などで、かたい敬語を使うほどではないが、自分より立場が上の方、比較的仲がいいお客様などに使うことができるでしょう。

「幸甚に存じます。」
幸いですを最上級に丁寧にした言葉ですので、目上の上司、役員、大切な顧客などに使うと良いでしょう。

「お願い申し上げます」と言い換えることも

幸いですは先程からお伝えしている通り、していただけるとありがたい、助かりますと言うような表現になります。

でも、電話が絶対ほしい、〇〇を絶対に仕上げてほしいなど、もっと相手への要求が強い時は、「お願い申し上げます。」という言い方に変えた方がいい時もあります。

期日を絶対に守って欲しくても、幸いですの場合は「守ってくれたら嬉しいな」程度にしか伝わらないことがあるので、相手への要求度合いも含めて使い分けが必要になってくるでしょう。

幸いです。を英語で使うには?

英語でも「幸いです」という言い回しがあります。
どんな風に使うのか紹介していきます。

I would appreciate if you could V.
〜していただければ幸いです。

V(動詞)にしてもらいたいことを入れて文章を作ります。

次に「幸いです」の例文をご紹介します。

I would appreciate it if you could reply as soon as possible.(※1)
早急にお返事をいただければ幸いです。
 
I would appreciate it if you could inform when you find it.
分かり次第教えていただければ幸いです。
 
I would appreciate it if you could send us more detailed information about it.
詳細情報が分かり次第お送りいただければ幸いです。
 
I would appreciate it if you could investigate with this matter.
この件に関してご検討いただければ幸いです。
 
I would appreciate it if you could answer my questions.
質問にお答えいただければ幸いです。
 
I would appreciate it if you could call me when you have a time.
お時間がある時にお電話をいただければ幸いです。
 
I would appreciate it if you could spare time for meeting.
お打合せのお時間をいただければ幸いです。
 
I would appreciate if you could give me feedback on meeting.
ミーティングのフィードバックをいただければ幸いです。
 
I would appreciate it if you give me instructions.
ご指示を頂ければ幸いです。
 
I would appreciate it if you could inform us whether you will attend or not.
出欠席に関わらず、ご返信をいただければ幸いです。
 
※as soon as possible. できるだけ早く

出典:http://english.cheerup.jp

幸いですの同義語をご紹介

幸いですの他にも同じような使い方をする言葉が存在します。
いくつか例文をあげて紹介します。

1.ご幸甚です。
例:お気に召して頂けましたらご幸甚に存じます。

2.感謝感激です。
例:社員一同感謝感激しております。

3.何よりの朗報です。
・お力をお借り出来ることは何よりの朗報でございます。





いかがでしたでしょうか。
幸いですと何気なく使っていた方も、実はもっと適切な言い方があったかもしれません。知らなかった方は少し難しい言い回しと感じたかもしれませんが、使えるのと使えないのでは周りからの評価が変わってきます。

正しく「幸いです」を使えるように、少し頭の隅に置いて頂けますと幸いに存じます。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ