IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「切れ者」になるには?切れ者の特徴とおすすめの仕事・切れ者診断

更新日:2020年02月12日

就活ノウハウ

皆さんの周りには「切れ者」と呼ばれる人がいるでしょうか。実際に「切れ者」がどんな人なのかわかっていない方もいるでしょう。そんな方に今回は「切れ者」についてご紹介していきます。「切れ者」になる方法を知りたい方は是非読んでみてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

切れ者とは?

「切れ者」とはどんな人なのか?

「切れ者」と言うと、頭が良く、判断力に長け、テキパキと仕事をこなすという人のことを思い浮かべるでしょう。あなたの周りにも「あの人は切れ者だな」と感じられるような人がいるのではないでしょうか。また、自分も「切れ者と呼ばれるような人物になりたい!」と考えている方もたくさんいることでしょう。 しかし、「頭の良さや発想力は生まれつきのものだし」と思われがちですが、工夫することによって切れ者になれる可能性があります。あなたも「切れ者」を目指してみてはいかがでしょうか。それでは、「切れ者」になるには一体どうすれば良いのでしょうか?切れ者の特徴を踏まえて分析し、切れ者になる方法や切れ者に向いている仕事、そしてあなたが切れ者かどうか分かる「切れ者診断」まで、切れ者にまつわる様々なことをご紹介します。

なぜ「切れ者」と呼ばれるのか?

初めにまず、なぜ切れ者が「切れ者」と呼ばれるのか見ていきましょう。切れ者というと、読んで字のごとく頭の切れる人のことです。「切れ者」の意味として「頭の回転が速く、物事をてきぱきと処理する才能のある人。敏腕家。やり手」、そして「『切り人』に同じ」と同じことになります。 そこで「切り人」の意味を見てみると、「主君の寵愛 (ちょうあい) を受けて権勢を振るう人。切り者。切れ者」という意味があります。元々は、主君から可愛がられて権力を持った人のことを言いました。主君に気に入られるような人はやはり物事に対する洞察力が鋭く、策を練る力に長けています。「鳴かぬなら鳴かせてみようほととぎす」の句で有名な、織田信長に可愛がられてついには天下統一まで果たした豊臣秀吉が思い浮かぶでしょう。

「切れ者」の特徴とは?

「切れ者」の性格

それでは、現代で「切れ者」がどのような性格を持った人のことを指して言うのかご紹介します。切れ者は頭の回転が速く、発想力が豊かです。そのため仕事に関しても機転が利き、効率良く物事を進めることができます。性格としてはポジティブで野心を持っており、何か問題が起きたときでも冷静に物事を判断します。また、自分のするべきことに対して努力を惜しまず、高い計画性を持って合理的に物事を考えることができます。 言うべきときに言うべきことを発言し、物怖じしません。他人の機嫌を嫌味なくとることができます。一方、自分の能力の高さゆえに主観的になりやすいという側面も持っており、他人を自分と比べて劣っていると判断するとたやすく切り捨てるといったこともあります。

「切れ者」の良い所

切れ者の良い所はその能力の高さであり、単に頭が良いというだけでは切れ者ではありません。その頭の良さを仕事にうまく活用できて、想像力に長けており、無理難題と思われることでも発想の転換で解決します。その溢れんばかりのエネルギーで周囲を引っ張り、リーダーとしても頼もしいという特徴があります。 気難しい相手に対しても、相手へのリサーチを行なうとともに分析力を発揮することで取り入ることができます。また、何か失敗してしまったときでもその失敗をうまく吸収することができ、言い訳がましいという印象を与えることなく対応をとることができます。このように、切れ者はその性質から出世しやすく、実際仕事ができる人物です。

「切れ者」の評判

それでは、切れ者は周囲からどのような評価を受けることが多いのでしょうか。「あの人は切れ者だ」と思われたとき、同時にどのような印象を受けるでしょうか。まずは良い評価からご紹介していきます。切れ者は仕事もできますし、高いリーダーシップを発揮します。そのため周囲からは「頼りになる」と評価され、「何かあったらこの人に訊ねてみよう」と思われる傾向があります。また、異性からの人気も自然と高くなるでしょう。 それでは悪い評価にはどのようなものがあるでしょうか。良いこと尽くしのように思える切れ者ですが、頭が良く出世もでき、異性からの人気も高い傾向にありますから、「あいつばかり評価されて面白くない」というふうに、嫉妬されやすいというのも切れ者の特徴です。また、冷静で合理的な判断を下すことができる切れ者は、必要ないと考えた人員を切り捨てることもあります。そのため、時に恨みを買ってしまうこともあります。

「切れ者」は頭が良いだけではない

ご紹介したように、切れ者とされる人物は総じて頭が良いという特徴がありますが、それに加えて発想力も高いのです。ただ単に知識をたくさん持っているというだけではないのが切れ者なのです。問題が起こったとき、誰もが考えられるようなことのみならず、そんなことは思いつかなかったという方法を編み出せるからこそ対処することができ、周囲から高い評価を得ているのです。時には嫉妬をされることもありますが、切れ者はそれさえも自分の糧として取り入れられるでしょう。また、意欲も旺盛ですから勉強したり研究したりといったことにも努力を惜しみません。そういった経験を積むことにも、人並み以上に取り組んでいるのです。

「切れ者」になる方法とは?

初回公開日:2017年05月26日

記載されている内容は2017年05月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング