IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「身が引き締まる」の意味と使い方|例文・ビジネスメール・類語

初回公開日:2017年05月29日

更新日:2017年05月29日

記載されている内容は2017年05月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メール

身が引き締まるという言葉を聞いたことがあると思います。今回の記事では、この「身が引き締まる」の意味と、ビジネスシーンでどのように使われているのかをご紹介していきます。また、類語や同義語も多数ありますので、頭に入れておくと言い回しがしやすく知的に見えるでしょう。

身が引き締まるとは

挨拶で、「自分自身、身が引き締まる思いです。今後とも宜しくお願いいたします。」といったような言葉を何度か使う機会があるかと思います。神妙な面持ちとは、まさにこのような緊張感をもった状態であると思います。では、この一般的に使われている「身が引き締まる」という言葉について、色々と考えていきたいと思います。

身が引き締まるとは

そもそも、身が引き締まるという言葉の意味はどのようなものなのでしょうか。身が引き締まるの意味は、周りの人からの感化を受け、その後の物事に対して一層真剣に取り込むことを決意する様のことを言います。ですので、挨拶の場でなくとも、優秀な人が多い環境であると身が引き締まる事は多くあります。 では具体的にどのように使えばよいのでしょうか。以下に、身が引き締まるを使った例文を記載しておきます。

例文

さっそくですが、この、「身が引き締まる」という言葉に関しまして、例文を紹介したいと思います。 ビジネスで使われる身の引き締まるということに焦点を置き、2つの例文を考えて見たいと思います。

ビジネスで使われる身の引き締まるという言葉について

以下、会社などでの新任の挨拶をする時の事例となります。 事例1 おはようございます。本日より配属になりました、名前〇〇と言います。先ほどご紹介に預かりましたが、ご紹介いただいた内容、また皆様よりご期待いただいていることに対、身が引き締まる思いであります。これまでの業務とは全く異なり、これから日々勉強しながら、邁進してまいります。至らぬところもあるかとは思いますが、皆様からのご指導、ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。 一方、余談ではありますが、プライベートにおいて身が引き締まるとう表現をする場面はどのような時を指すのでしょうか。 それは挙式、もしくは結婚式ではいなでしょうか。人生の一大事である結婚においては、挙式に参加された方に対し、新郎、もしくは新婦が挨拶をする場合があると思います。この挨拶においても、身が引き締まるという表現を用いて、参列者に挨拶、および感謝の意を述べることがあります。では、挙式、披露宴の最後に新郎が家族を大事にして、謝辞を述べる想定を行った、例文について紹介をしていきたいと思います。 事例2 本日は、お忙しい中、(天気が悪い場合には、お足元が悪い中を追加する。)を私たち、二人のために、遠方よりお集まりいただきまして、誠にありがとうございました。披露宴においては、皆様よりたくさんの温かいお言葉、また励ましのお言葉を頂戴し、大いに勇気付けられました。また勇気付けられたと同時に、新郎として家族を養うことや、仕事においてさらに力を発揮していかねばならないという思いが重なり、身が引き締まる思いがでございます。皆様より頂戴しました、お言葉を糧とし、本日から二人で協力し、明るい家庭を築いてまいります。まだまだ二人は至らぬことが多いと思いますが、なにとぞ変わらぬご指導とご鞭撻をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。本日は誠に(本当に、でも問題なし)ありがとうございました。 いかがでしょうか。例文を一つとっても、身が引き締まるという言葉を使う時は、緊張をしている場合や、挨拶といった肝心な時に使う言葉であると改めて感じます。

「身が引き締まる」の同義語、および類語について

それでは少し視点を変えていきます。身が引き締まるという言葉に対して、類似した言葉はいくつかあると思います。少し探してみた結果、代表的な類義語がありましたので、それらをご紹介したいと思います。

兜の緒をしめる

兜の緒をしめるという場合のシチュエーションは一体どのような時であると想像しますでしょうか。 戦国時代、敵が攻めてくる場合には、兜の緒を締め不測の事態に備えるなんて事がありました。兜自体は、戦国時代に大名が全国各地で争いごとを起こした際に、強さの象徴として兜を作っていたのではないかと思います。その争いごとについて、もっと緊張感を持って戦うという場合、防具である兜の緒を締め直し、自身に気合を入れる際に用いる言葉です。兜の緒をしめる、という言葉を聞くと、これからの戦に勝つために頑張るという気持ちに自然となるのではないでしょうか。 勝って兜の緒を締めよという言葉もあります。これは、戦で勝ったとしても、油断は決してしないことという意味です。ここからも、気を引き締める、身を引き締めるというニュアンスがあります。

決意を改める

この言葉は字のごとく、決意表明を改めて認識する、認識したという際に用いる言葉です。決して、決意して決めていた内容を改めて考え直す、撤回するということではありませんので注意して下さい。

気持ちが引き締まる

これは先ほどの兜の緒をしめる、決意を改めるという言葉をもう少し噛み砕いた表現をした言葉のことを指します。身が引き締まるという言葉と類似しています。

気持ちがキリッとする

この言葉は、気持ちが引き締まるという部分を擬似音を用いています。先ほどの気持ちが引き締まるということに対し、引き締まる事をキリッとすると言い換えるところがバランスのよい擬似音を組んでおり、親しみも感じてしまう言葉の表現であると思います。

ビジネスメールでの表現について

ビジネスにおいてはメールというものは非常に重要なツールであると思います。特にメールで挨拶をする際には、内容を重要視する必要があります。例えば、身の引きしまる思い、という言葉の使い方が誤っている場合には要注意です。 もちろん、誤字脱字、送付するタイミングなどは自分で考える必要がございますが、使う場合には広辞苑など国語辞典を用いて、メールを作成してみましょう。では、今回は「身が引き締まる」という言葉を利用し、メールの例文を2つ記載してみたいと思います。

歓迎会を実施いただいた際のお礼をメールにて送信する場合

おはようございます。 昨夜は私のために、盛大な歓迎会を実施いただきまして、ありがとうございました。 素敵な歓迎会となり、皆様のお力添えには大変感謝をしております。 歓迎会の際には皆様の席に回り、色々皆様とお話をさせていただきましたが、お話を伺っていると早く即戦力にならなければならず、改めて身が引き締まります。 今後の企業ビジョンに対する私自身の考え方については、別途お話できる機会があると思いますので、その際には是非よろしくお願いいたします。 最後になりますが、至らぬところも沢山ございますが、皆様からのご指導、ご鞭撻を頂戴くださいますよう、よろしくお願い致します。

仕事での提案コンペで採用になった場合

お世話になっております。(以後、肩書きと名前を記載) この度は、お忙しい中、提案書の内容を説明させていただきまして、大変ありがとうございました。 そして、コンペの結果、私どもが作成した提案書を採用いただけるとは、夢のような気持ちですし、改めて採用されたことに対して責任をひしひしと感じ、身が引き締まる想いです。 毎晩おそくまで計画を立案し、実行できるようになったのは、皆様のおかげであると思っております。 今後ともご指導やご鞭撻を賜りつつ、自分自身も仕事に対しても、益々精進してまいりたいと思います。 何卒宜しくお願いいたします。 (以後、日付、会社名、部署名、連絡先等のメール署名を記載)

身が引き締まる思いをたくさんしよう!

このように身が引き締まるという表現は自らの気持ちを奮いたたせていくために使うシーンが多い言葉であると思います。身が引き締まる思いをたくさんするという事は、ある意味自分を奮い立たせるという事です。なので、身が引き締まる思いをした分だけ、自身の成長に繋がるのかもしれません。ですが、身が引き締まるという言葉を使う時には、くれぐれも意味合いをよく考えながら、使っていくのが良さそうです。

関連タグ

アクセスランキング