IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ゼネコンの仕事は激務なのか?|ゼネコンの職種別の激務度の違い

更新日:2022年08月26日

職種研究

ゼネコンと呼ばれる総合建設業は、若者たちにとって、仕事としてトライしたい職業の1つ。でも、仕事内容は「激務」と聞いています。実際には、どうなのでしょうか?本当に激務ですか?就職活動をしているあなたに向けて、ゼネコンの現実を経験者である私がお伝えします!

ゼネコンの激務度まとめ!

いかがでしたか?就職活動しているあなたにとって、ゼネコンで働くかどうかに関して、激務度について見ることができました。就活をするにあたって、心の準備ができたと思います。 まとめてみると下記の様になります。 ①最も忙しい→現場監督・施工管理・設備 ②忙しい→設計 ③程よい忙しさ→営業 ④一般的な忙しさ→事務 ⑤結果重視→研究開発 どんな職種でもそうですが、自分自身が経験を積み、後輩たちが成長してくれば、比較的自分の時間を取って休むことができるでしょう。就職したばかりの時は大変かもしれないゼネコンの仕事です。やりがいのある職業にトライしてみるのはいかがでしょうか。 ゼネコンに関する仕事に興味がある方は、転職エージェントに相談してみましょう。あなたの希望する職種はもちろんのこと、条件等も見比べて最適な求人を紹介してもらえます。

やりがいのある職業にトライしてみましょう

自分のやりたい仕事と出会うためには、あらかじめ企業の見極めをすることが大切です。しかし、自分の力だけでは企業調査に限界があります。そんな就活生に「キャリアパーク」をします。 3,000名以上の学生を内定に導いてきた経験豊富なプロのキャリアアドバイザーが、完全サポートで、人物重視の優良企業の非公開求人300社を、特別選考ルートでご案内します。 無料登録は1分で完了!! 自分では絶対に見つけられなかった、自分に合った企業に出会えるチャンスです。ぜひ「キャリアパーク」で相談してみてはいかがでしょうか? 就活は今後の人生を決める重要な選択です。 納得の行く就職活動をしましょう。

初回公開日:2017年05月26日

記載されている内容は2017年05月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング