IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

若い社会人の為のビジネスマナー|一般常識・言葉遣い・礼儀

ビジネスマナー

社会人になると、身だしなみを整える事は非常に重要なマナーです。若いうちは高価なブランド品は必要ありませんが、きちんとアイロンをかけたシャツやブラウス、シワのないスーツ、ビジネスにふさわしいネクタイは用意しておくのが社会人のマナーです。

更新日時:

社会人のマナー:一般常識編

社会人なら身だしなみをキチンとしよう

社会人になると、身だしなみを整える事は非常に重要なマナーです。地位の高い方や大事なお客様とビジネスをするので、第一印象で失敗してしまうと取り返しがつかないことがあるからです。若いうちは高価なブランド品は必要ありませんが、きちんとアイロンをかけたシャツやブラウス、シワのないスーツ、ビジネスにふさわしいネクタイは用意しておくようにしましょう。また、さわやかで清潔感があることは好印象につながりますので、ぜひ心掛けましょう。 スーツや着るもの以外にも、髪型も大切です。不潔そうなボサボサ頭ではたとえ社内の人に対してでもマナーを知らないと思われます。また、髪を整えようと意識するあまり整髪料を使いすぎてしまうと、見た目がべたついて良くないばかりでなく、悪臭の原因にもなりますので、ほどほどが肝心です。 また、社会人になると革靴を履く人が多いものですが、靴も泥汚れがついているとそれだけで印象が悪くなるものなので、雨の日などは特に注意が必要です。女性の厚化粧は厳禁です。しかしノーメイクも社会人としてはマナー違反なので避けたいものです。ナチュラルな薄化粧を心がけましょう。

一日着たスーツのお手入れの仕方

一日着用したスーツは、思っているより汚れやにおいがついているものです。毎日洗濯できるシャツやブラウスならいいのですが、頻繁に洗濯できないスーツは、帰宅したらシワにならないよう、きちんとハンガーに掛けておきましょう。風通しの良い場所にスーツを掛けたハンガーを置くことで、湿気やにおいが解消されます。また、毎日でなくてもいいのですが、ホコリ汚れは目立つものなので、時々はブラシをかけておくのも、社会人のマナーです。 毎日同じスーツを着るのは傷みの原因にもなるので、最低でも2着を交互に着るようにすることをおすすめします。最近では自宅で洗えるスーツも多く出回っているので、購入するときに自宅で洗濯可能かどうか確認しておくといいでしょう。自宅用のドライクリーニング洗剤などを使えば、クリーニング代の節約にもなります。

社会人としての自覚を持とう

社会人として守りたいことの筆頭に、「時間を厳守する」ということがあります。社内の人や上司に対してはもちろん、取引先との約束の時間も絶対に守らなければなりません。万が一大切な顧客との打ち合わせに遅刻をすると、遅刻した本人だけの責任だけではなく、会社全体の責任にもなりますし、会社そのもののイメージをダウンさせてしまうことにもなりかねません。朝起きるのが苦手な方は、社会人になる前に早寝早起きの習慣を身に着け、時間に遅れることがないようにしてください。 また、新人は先輩や上司から指導されながら仕事を覚えていきますが、いくら指導してもらえるからといって、言われたことだけを聞いているだけではいつまでたっても仕事は覚えられませんし、やる気がないと思われてしまいます。言われなくてもメモをとり、時には質問をして、教わったことをノートにまとめて家で整理するぐらいの心構えが必要です。

社会人の挨拶はマナーの基本!自分からハキハキと感じよく

挨拶は社会人に限りませんが、深い意味のある会話をするわけではなくても、挨拶をすることで連帯感が生まれます。逆に、社会人になっても挨拶をしない人は評価が下がる傾向があります。マナー上は挨拶は目上・目下どちらからしてもいいものですが、相手の姿が見えたら率先して挨拶をするように心がけてください。このとき、軽く会釈をするとより感じがよく見えるでしょう。にこやかに大きな声ではっきりと挨拶をするのが好印象を与えるコツです。恥ずかしがって声が小さい人は、相手に聞こえないことがありますが、それを言い訳にしてはいけません。相手に聞こえなくては、挨拶をしなかったのと同じことになってしまいます。これでは社会人失格です。

社会人のマナー:言葉遣い編

たとえ同期でも社会人なら丁寧な言葉遣いで話そう

学生時代と違って、会社内ではたとえ親しい同期であっても、丁寧な言葉遣いで話すのが鉄則です。お昼休みなどの休憩中はいいのですが、勤務時間中に「うん」「それやっといて」などの言い方はマナーを疑われます。返事は必ず「はい」と言うのがマナーです。また、社会人になったら、上司や先輩に対しては、ため口はマナー違反です。無礼講の飲み会なら大目に見てもらえるでしょうが、仕事中に目上の方にため口は厳禁です。にこにこと笑っていても、相手は怒っているのかもしれません。

社会人は、社外の人には身内は呼び捨てでいい

新人社会人が電話番をするのはよくあることですが、気を付けたいのは、取引先からの電話で「うちの担当の○○さん、いる?」のように言われたときです。その○○さんはあなたの先輩で、いつも「○○さん」と呼んでいるので、つい「はい、○○さんですね?」と言ってしまうかもしれません。 しかし、これは重大なマナー違反です。名前につける「~さん」というのは敬称にあたりますので、外部の方に身内を敬称をつけて呼んでしまったことになります。取引先やお客様などの社外の方に対しては、たとえ重役であっても、身内は呼び捨てにするのが社会人のマナーです。身内を敬称をつけて呼んでしまったからといって激怒する方はいないと思いますが、「マナーを知らないんだな」と思われてしまうでしょう。

社会人がよく使う「おつかれさま」と「ごくろうさま」

よく混同しやすいものが、「おつかれさま」と「ごくろうさま」です。この二つは非常によく使う言葉なので、自然に使えるように慣れておきましょう。 「おつかれさま」は目上にも使える言葉です。出張から帰ってきた上司に「おつかれさまでした」と言うのがマナーですし、業務で社内の人間にメールを送るときにも「おつかれさまです」と書き始めるのがマナーです。 一方、「ごくろうさま」は目上の人には使いません。上司が部下に労をねぎらって「ごくろうさま」と言ったり、宅配便を届けてくれた業者に「ごくろうさまでした」と言うものです。もしも、上司や社長に向かって「ごくろうさま」と言ってしまうと、マナー違反となるうえに「あいつ偉そうだな」と思われてしまいます。この言葉の使い分けは社会人の基礎ですので、必ず覚えておきましょう。

社会人になったら気を付けたい二重敬語

最近では二重敬語がよく注目されます。二重敬語というのは、文字通り敬語を二重に使ってしまう、誤った言葉遣いのことです。たとえば「部長が~とおっしゃられていました」という言葉は、正しい言葉遣いでしょうか。 一見よく使われる言葉のように見えますが、実はこれは二重敬語で、誤った言い方です。「おっしゃる」は「言う」の尊敬語なので「部長が~とおっしゃっていました」で十分に正しい言葉遣いです。そこに「~れる」という敬語をさらに重ねてしまっているので、過剰な敬語表現です。 同様に「資料を拝見させていただきました」も敬語が二重になっています。どこが過剰なのかわかるでしょうか。「拝見」は「見る」の謙譲語です。ここに「~させていただく」という謙譲語が加わることで二重敬語になっています。「資料を拝見しました」が正しい敬語の使い方です。「~させていただく」は相手の許可を求めるときに使う言葉です。 このように、よく聞く言葉でも、実は二重敬語だった、という言葉がたくさんあります。社会人として正しいマナーを身に着けるためにも、ぜひ正しい言葉遣いを心掛けてください。

社会人のマナー:礼儀編

忘れてはならない社会人の「ホウ・レン・ソウ」のマナー

社会人となって仕事をするうえで忘れてはならないのが「ホウ・レン・ソウ」です。この「ホウ・レン・ソウ」は以下を省略したものです。 ・報告(仕事の進捗状況や終了予定など) ・連絡(体調不良で休む場合や予定より仕事が遅れている場合など) ・相談(不明な点や確認が必要なとき) 見てみると、たしかに仕事上欠かしてはならないものばかりです。そしてこれらが欠けると、納期が間に合わない、無断欠勤として扱われた、などのトラブルのもとになります。社会人になったら、些細なことでも「ホウ・レン・ソウ」は忘れないようにしましょう。

社会人の車での上座と下座のマナー

よくタクシーの中での上座・下座で悩む方がいますが、タクシーでは助手席が下座、運転席の後部座席が上座となっています。上司と同行するときには、運転席の後ろに目上の方に座ってもらい、自分はその隣か助手席に座るのがマナーです。 また、車が社用車である場合は、助手席が上座になります。このように一口に車といっても、タクシーか社用車かで上座の位置が変わりますので、順番を間違えないようにしましょう。

社会人のエレベーターの上座と下座のマナー

忘れがちなのが、エレベーター内での上座と下座です。自分の席に着いてからはマナーに気を付けていても、実は社内のエレベーターでも序列があります。 エレベータでの上座・下座はタクシーと同じ考え方で、操作盤の前が下座、操作盤の奥が上座です。出勤前でも自社のエレベーターに乗るときは、目上の方がいたら率先して操作盤の前に立つのがマナーです。ただし、満員で動くスペースが限られているときなど、動くことが困難であるときには、無理に場所を移動するのはかえってマナー違反です。社会人のマナーはお互いが気分よく仕事をするためのものだからです。

社員研修のためのビジネスマナー講座

ビジネスにふさわしい社会人のスーツの選び方:男性用

社会人の男性のスーツは、濃紺かグレーが一般的です。あまり明るい色はビジネスの場には不向きです。上着のボタンはシングルで3つのものが無難です。また、パンツの丈はあまり長いとだらしがない印象になってしまいます。パンツは足の甲に触れるぐらいの長さがビジネススーツには適切でしょう。 ワイシャツは白の無地がもっとも無難ですが、少しおしゃれを楽しみたいという方は、あまり派手ではない柄のものならマナー違反にはならないでしょう。最初は、白地に濃い色のストライプか細かいチェック柄がおすすめです。カラーシャツを着用することも最近ではよく見かけますが、職場によっては派手だと思われることもあるので、最初は地味なワイシャツを着用し、徐々に先輩たちの様子を見て参考にしましょう。ネクタイはアニマル柄やキャラクターものなど、ファッショナブルなものもありますが、あくまでビジネスですので、そこまで個性を強くする必要はありません。派手すぎない無地かストライプや小紋がビジネスには適切です。

ビジネスにふさわしい社会人のスーツの選び方:女性用

社会人の女性用のスーツも、男性用と同じく、濃紺かグレーが一般的です。黒、ベージュなどもいいでしょう。ビジネス用のスーツはあくまでも仕事着ですので、華美なものは避けます。体に密着したラインのものや、深いスリットが入ったものはプライベートではよくても、職場にはふさわしくありません。 インナーはカットソーを着用する方も多いのですが、襟がついたブラウスがもっともきちんと見えます。特に気を付けたいマナーは、胸元の開き加減です。本人はあまり気にしていなくても、ボタンを3つも外していると、露出過多になってしまいます。職場で肌をあらわにすることはマナー上好ましくありません。 そのほか、スカートは立って試着することが多いものですが、ビジネスでは座って打ち合わせをすることが多いものです。あまり短いスカートだと正面に座った方からスカートの中が見えてしまってマナーを疑われることがあります。ぜひ試着するときには、座ってみて、正面から見るとどのぐらい脚が出ているか確認してください。一般的なスカートの長さは、立った時に膝より下、座ったときも膝が隠れるぐらいが良いとされています。

社会人らしい挨拶の仕方

挨拶は社会人の基本です。相手にきちんと聞こえるように、明るく大きな声で挨拶してください。たまに人見知りをしてうまく挨拶ができない方がいますが、挨拶をしないというのは社会人としてマナー違反です。「大人しいから」「声が小さいから」は言い訳です。 同僚や上司、また取引先のお客様にきちんと挨拶できて初めて社会人としてのスタートラインに立つことができます。社会人になると学生時代とは挨拶の仕方も変わってきますので、下記に例をいくつか載せておきます。

社会人らしい挨拶の仕方:朝出勤したとき

出勤途中の電車内でも、同じ会社の方と目が合ったら挨拶をしましょう。もし人が大勢いて声が届かないようなときは、軽く会釈するだけでも良いでしょう。同期や同僚、上司でも朝の挨拶は「おはようございます」が基本です。相手の目を見て笑顔で挨拶するのがマナーです。シフト制の勤務の場合は、午後や深夜からの出勤ということもありますが、一般的には、出勤したらどのような時間であれ、「おはようございます」が基本です。

社会人らしい挨拶の仕方:廊下で社内の人とすれ違ったとき

顔見知りの人でも知らない人でも、同じ会社に勤めているので挨拶をするのがマナーです。上司から「ごくろうさま」と声をかけていただくこともあるかもしれませんが、最初は相手が誰なのかわからないことも多いかと思います。どんな方にも「おつかれさまです」と挨拶しておけば間違いないでしょう。

社会人らしい挨拶の仕方:外部の方とすれ違ったとき

顔見知りの取引先の方と社内で会ったときは、「いつもお世話になっております」と挨拶するのが社会人の一般的な挨拶です。見学で来られた方や、知らない方であれば、軽く会釈をするのがマナーです。内装工事などで業者が入っているときは、「ごくろうさまです」と労をねぎらうといいでしょう。

社会人らしい挨拶の仕方:退社するとき

社会人になると、同じ時間に出勤しても、帰る時間はまちまちです。自分が先に帰るときは、残っている人に「お先に失礼します」と言って退社します。逆に自分が残業をしていて、ほかの方が先に帰るときは「お先に失礼します」と言われるので、「おつかれさまでした」と返すのがマナーです。最初はなんと言っていいのか戸惑うかもしれませんが、帰るときの「お先に失礼します」「おつかれさまでした」はセットになっている社会人必須の挨拶です。

名刺の扱い方

社会人になると、名刺交換をする機会が多くなります。名刺は自己紹介とともに渡すものですが、同時に相手の名刺をいただくことになるので、正しいマナーで、第一印象が良くなる挨拶をしましょう。また、名刺はいつなんどき必要になるかわからないものです。せっかく相手が名刺をくださったのに、自分の名刺がない、というのは社会人として非常に恥ずかしいものです。名刺はつねに多めに用意するよう心掛けてください。

名刺の扱い方:名刺を渡すとき

名刺は初対面の方に渡すものです。社会人になって初めて自分の名刺を持つ方が多いと思いますが、ビジネスマンとしてお付き合いするうえで、相手の顔と名前、会社名を覚えるのに大切なツールです。名刺を渡すときは、自己紹介として「株式会社○○の企画開発部の○○です」と名乗りながら渡してください。このとき、片手で渡すのはマナー違反です。右手に名刺を持って、左手を名刺に添えて出すのが社会人のマナーです。

名刺の扱い方:名刺を受け取るとき

名刺を受け取るときも、片手で受け取ってしまってはマナー違反です。かならず相手の目を見て「ちょうだいします」と言ってから両手で受け取るのがマナーです。受け取ったあと、そのままテーブルで商談をするときがあります。このようなときは名刺をしまわず、テーブルの上に置いて話すようにすると、相手の名前を間違えることがないので安心です。また、同時に複数の方と名刺交換をすることもありますが、顔と名前が一致するよう、席順に名刺を並べると覚えやすくなります。名刺交換をしただけで商談などをしない場合は、相手の特徴や趣味などをメモしておくとその後のお付き合いに役立ちます。

社会人としての電話のマナー

電話は相手の顔が見えないので、声だけで印象が決まります。正しい言葉遣いや声の調子など、社会人として相手に失礼のない話し方をするようにしてください。 ・電話を受けるとき →いつも取引いただいている方からの電話には「いつもお世話になっております」と挨拶するのが社会人のマナーです。実際には見聞きしたことがない取引先でも、「いつもお世話になっております」と言うのが社会人のマナーです。また、電話を受けるときには必ずメモをとってください。最初は初めて聞く名前が多くてとまどうことが多いものですが、メモをとることで自分も覚えられます。 ・電話をかけるとき →取引先や顧客に電話をかけるときは、最初に「いつもお世話になっております」と挨拶してから、「お忙しいところを申し訳ありません」「今お時間よろしいでしょうか?」などの言葉を添えるのが社会人のマナーです。目的の相手に電話がつながった場合はいいのですが、相手が不在だったときは、用件やいつ頃またかけなおします、という伝言を残します。何も伝言がないと、何の用事だろうと、かえって先方に心配させてしまいます。

社会人としてのお茶出しのマナー

お客様がいらっしゃったときには、新人がお茶出しをすることがあります。お茶出しにもマナーがありますので、事前にマナーを覚えておくと心に余裕ができます。お茶を出す順番は、お客様が先です。お客様のなかで、もっとも位が高そうな方からお出しするのがマナーです。迷ったら上座から出してもいいでしょう。お客様に出した後で、自社の人間の地位が高い順から出していきます。 お茶を出すときには、茶菓も一緒に出すことがあります。このような場合は置き場所に迷うものですが、最初に茶菓をお客様の左側に出し、次に茶菓の右側にお茶を置くのが正しいマナーです。

社会人としてのメールのマナー

インターネットが普及して、ビジネスでもメールで連絡することが多くなりました。メールはいったん送信してしまうと、取り消すことができないものなので送信前には必ず送り先と内容が合っているかを確認するようにしてください。また、重要機密事項が含まれた文書を添付する場合は、パスワードをかけることが必要です。この場合、添付書類を送ったメールと、パスワードを知らせるメールは別々に分けるのがマナーです。 また、ビジネスにおいては、どんな用件のメールなのかわかるように、件名を書くのがマナーです。忙しい相手にもわかりやすいように、「○月○日の会議について」「○○株式会社 担当者変更のお知らせ」のように書きましょう。 社会人として留意したいのは、メールでは「機種依存文字」は使えないということです。文字が正確に表示されないと相手にも迷惑をかけてしまうので、メールでは機種依存文字は厳禁です。また、時々半角のカタカナを書く方がいますが、半角カタカナも正確に表示されないことがあるので、カタカナは全角で書くのがマナーです。

伝言メモは5W1Hを忘れずに

社会人になると、伝言を頼まれることが多くなります。電話でも伝言を頼まれますが、直接外部の方が訪問されることもあります。そんなときはメモで伝言を書き留めて相手に渡すことになりますが、メモを書く場合には、忙しくてもきちんとした字で書いてください。走り書きや読めないような崩れた字で書かれたメモは、間違って情報が伝達される可能性があります。必ずしも達筆である必要はありませんが、一文字一文字、丁寧に書いてください。このとき、メモは5W1Hを意識するとよいでしょう。 5W1Hとは、WHO(誰が), WHEN(いつ), WHERE(どこで), WHAT(何を), HOW(どのように) のことです。また、このとき大切なのは、伝言を伝えるだけでいいのか、折り返し電話がほしいのか、という点です。折り返し電話がほしいと言われたときは、必ず連絡先の電話番号を聞くようにしてください。

体調不良は無理をしない

人間なら誰しも風邪やインフルエンザにかかることがあります。このようなとき、「忙しいから休めない」「迷惑をかけてはいけないから」と無理をして出勤するのはよくありません。第一に、無理をして悪化してしまうおそれがあるからです。最初から1日休めば治ったものが、無理をしたせいで1週間休んでしまっては元も子もありません。 第二に、周囲の人にうつしてしまう可能性があるからです。自分は頑張って働いているつもりでも、病原菌をまき散らしてしまっては、かえって周囲に迷惑をかけることになります。周囲のためにも、体調が悪い時には無理をせず休むようにしましょう。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

いかがでしたでしょうか?社会人生活では、今までの学生生活とは大きく違うことがたくさんあります。また、ビジネス独特のマナーもたくさんあります。慣れるまでは「あれでよかったんだろうか?」「これって本当にこれでいいの?」「A先輩とB先輩の言ってることが違うんだけど」と疑問に思うことがたくさんあるかもしれません。そんなときは、周囲の人にどんどん質問しましょう。 誰しも最初は初心者です。今立派に仕事をこなしている上司だって新人だった時代があります。「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」といいます。若い新人時代の質問は、たとえ「そんなことも知らなかったのか」と言われても、恥にはなりません。なぜなら未知の世界は知らないのが当たり前だからです。むしろ新人時代に、聞くのが恥ずかしいからと、何年もあやふやなまま先輩になってしまう方が、のちのち悪い影響が出てくるでしょう。ここに書いてあること以外にもビジネスのマナーはたくさんありますが、「習うより慣れろ」です。ぜひ勇気を出して積極的に一歩を踏み出してみてください。

関連タグ

アクセスランキング