IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

一流企業の定義や年収・一流企業に就職する方法と難易度

初回公開日:2017年05月20日

更新日:2020年07月14日

記載されている内容は2017年05月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活

一流企業と聞いて、なんとなく大きな会社という感覚の人が多く、一流企業の定義や線引きが理解できていない人は多いのではないでしょうか。今回は、一流企業の定義について詳しく解説していきます。また、一流企業に勤める人の年収と就職の難易度についてもお話しします。

人によって学歴、能力、或いはコネなども含めて、状況がまったく違いますので、難易度というのはなかなか数字で出すことはできません。一流企業となると、競争率は非常に高いです。雇う人数も多い上に、中小企業から見て数十倍の人数を雇ったりすることがあります。 中小企業と比べると、応募してくる人数が二桁くらい違うこともあります。その為、数百倍くらいの倍率になることはよくあります。まずは一流大学に入って、ということから考えると、一流企業に入社するためには相当な努力が必要になります。難易度は極めて高いといえるのは間違いありません。

一流企業を目指す

一流企業は、多くの企業の中から特に突出している優れた企業、といえます。中小企業に比べて年収も高い分、就職するのはかなり難しいでしょう。誰もが憧れる一流企業への就職は、一筋縄にはいきません。 その分、就職を勝ち抜き会社に入ることができると、安定した収入があります。中小企業に比べて倒産する危険も少ないです。日本の一流企業をしっかりと理解し、就活に役立てましょう。 一流企業を目指す方におすすめなのが、プロのキャリアアドバイザーが在籍する転職エージェントです。あなたの希望する条件に合う企業を探してもらうことができますし、しっかりと内定を取れるようなサポートも充実しています。

就活を有利に進めるなら

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

関連タグ

アクセスランキング