IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ビジネスでの「不手際」の意味とは?使い方と例文・敬語表現

敬語

仕事をする上で誰しも不手際により、ミスをしてしまうことがあるでしょう。不手際の詫び方はしっかりと身についているでしょうか?今回は、メールでの不手際の詫び方について、例文を用いて解説します。ビジネスシーンにおいて詫びることは重要な事です。ぜひ読んでみてください。

更新日時:

不手際とは

不手際とは

不手際とは「物事の処理の仕方や出来が悪いこと」 という意味です。仕事上で、処理の仕方や判断や対処を間違えた結果、大きな失敗に繋がってしまった時などに使います。自分に非がある場合に使うビジネス用語になります。

ミスの敬語

ミスといっても原因は様々ですが、不手際はそのすべての意味に当てはまります。不手際は具体的にミスの内容を反復する必要がなく、ミスを犯した時に使える敬語のフレーズです。よく使う便利な言葉だからこそ、意味を頭に入れておくことで相手に反省の意が伝わります。

「不手際」の使い方・メール例文

「不手際」の使い方・メール例文

不手際を使用する際のポイントは3つあります。 1謝罪は素直にすること 2説明と謝罪を混ぜないこと(言い訳がましくならないため) 3最後に前向きに今後に生かしていく旨を伝えること 下記で使い方をメールでも使用できる例文と合わせてご紹介します

例文1:こちらの不手際

「こちらの不手際でご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません」

例文2:私の不手際で

「この度は私の不手際で、ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます」

例文3:度重なる不手際

「度重なる不手際により、何度もご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした」

例文4:不手際が多く

「初めての試みのため、不手際が多くイベント終了時間が大幅に過ぎてしまい、皆様には多大なるご迷惑をおかけしたことを陳謝いたします」

例文5:不手際な点

「今回の件に関して不手際な点がありましたら、遠慮なくお申し付けください」

不手際によりご迷惑

「この度は、弊社の不手際によりご迷惑をおかけしましたことを深く反省しております」

例文7:こちらの不手際にもかかわらず

「この度はこちらの不手際にもかかわらず、納期延長を了承していただき誠にありがとうございます。二度とこのようなことが起こらぬよう管理、指導を徹底いく所存でございます」

不手際の類語

不手際の類語

不手際はほとんどのミスに使うことができますが、ミスの具合や状況によって他にも適切な表現の言葉があります。 不手際の類語をご紹介します。

不始末

何らかのミスがあった後、後始末が悪い場合に使います。

なんらかのミスが起こった後の後始末が悪い時に使います。

例文

「今回の火事は、たばこの火の不始末が原因です」 「 この度の不始末は、本書をもちまして深くお詫び申し上げます。」

「今回の火事は、たばこの不始末が原因です」 「このような不始末を再度繰り返さないよう、管理体制を見直し徹底いたします」

不行き届き

配慮や注意が行き届かなかった場合に使います。

例文

「この度の事件は、すべて私の管理不行き届きによるものです。大変申し訳ございませんでした」 「選手の不祥事は、私の監督不行き届きが原因です」

状況や相手に合わせて不手際の使い方を知っておこう

状況や相手に合わせて不手際の使い方を知っておこう

仕事をするうえでミスはどうしても発生してしまいます。心の中では反省していても伝えなければ周りは納得してくれません。ミスを犯した際に反省を伝えるノウハウは社会人として生きていくうえで必須です。 さまざまな状況や相手に合わせた、お詫びのテクニックを身につけ、ミスやトラブルに対応しましょう。

ビジネスシーンでの反省と謝罪

関連タグ

アクセスランキング