IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

家族構成を書く際の注意点|なぜ家族構成を書く必要がある?

更新日:2022年06月26日

コミュニケーション

家族構成の書き方を知っていますか?身元を明らかにするために、家族構成を記入する機会もあるかと思いますが、実際に書くとなると不安になるものです。そこで今回は、家族構成の書き方や家族構成を書く際の注意点、知っておきたい続柄などについてまとめました。

父、母に関してはそこまで気にしないでもよいのですが、兄と妹が義理であれば義兄などと書いた方がよいでしょう。実父を養父と一々書くべきなのか、というのはかなり難しい問題ではありますが基本的には戸籍謄本の関係に従うことが無難であるといえます。養父でもキチンと養子縁組をしていれば『子』であり、『父』であることには違いはないのです。 義理であるのかどうか、というのを書くべきか、というのも悩ましいですが兄弟に関しては姻戚関係による義理の間柄であれば書くべきです。また、もう一つ、使い分ける必要があるのが叔父叔母になります。要するに親の兄弟の間柄なわけですが、例えば男の兄弟であれば伯父と叔父というふたつの言葉があります。これはしっかりと使い分けるようしたほうがよいでしょう。 伯父というのは、親の兄に当たる人になります。叔父を使うときは親の兄弟でも弟の場合になります。これは伯母、叔父、ということにも同じ意味合いがあります。こうしたことをキチンと使い分けるように書くのが基本になります。家族構成の書き方としての基本の一つといえるでしょう。

家族構成の書き方は簡単

様々な事情で家族構成の情報を提出するように、といわれることがあるでしょう。多くの場合、就職、転職をするときなどです。それこそ、公務員などのときにも家族構成は聞かれることになります。別にこれが採用に関して何か大きなウエイトを占めるのか、といえばそんなことはないです。 しかし、雇う側としては家族構成はキチンと把握しておきたい、というのは当然であるといえるでしょう。書き方に関しては極端に厳格というわけではないですが、スタンダードなものがあります。それが上の年齢、尊属から書いていく、という書き方になります。この書き方が無難であり、そして、一般的に認知されています。 極端に礼儀作法ともいえるようなことではないのですが、ビジネスマナーともいえることになります。家族構成の書き方も知らないとなりますとさすがに少なくとも好印象を与えることはないでしょう。ですから、書き方の基本は知っておいたほうがよいでしょう。家族構成とは、書き方がいくつもあるわけではないのですし、極めて簡単であり、難しいことは何一つとしてないのです。 注意することがあるとすれば自分は書かない、ということくらいです。そこだけをキチンと意識していれば大過ない書き方として問題ないでしょう。極端に重要視されているわけではないですが、常識が問われている部分でもあるのでキチンと書き上げましょう。

初回公開日:2017年04月30日

記載されている内容は2017年04月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

上司や同僚に苦手意識があるあなたに

「職場の人間関係に悩んでいるが、転職は逃げるようで躊躇してしまう…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「職場の人間関係」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントならあなたの悩みが本当にあなたに原因があるのか、それとも環境にあるのかを判断してくれるでしょう。また、あなたの性格にあった職場の情報も教えてくれることもあります。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング