IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

家族構成を書く際の注意点|なぜ家族構成を書く必要がある?

更新日:2022年06月26日

コミュニケーション

家族構成の書き方を知っていますか?身元を明らかにするために、家族構成を記入する機会もあるかと思いますが、実際に書くとなると不安になるものです。そこで今回は、家族構成の書き方や家族構成を書く際の注意点、知っておきたい続柄などについてまとめました。

なんで家族構成を書く必要があるのか?

身元のため

様々な事情で家族構成を書く必要性が迫られることがあるでしよう。例えば一番もっとも起きやすい書く状況というのが採用試験を受けるときなどでしょう。どうしてそんなことを聞くのか、といいますと身元に関する情報もとても大事な要素であるからです。 最近では履歴書に家族構成を書くような欄がなくなってきているのも確かであるのですが、それでもその情報を要求してくるところは今でも多くあります。いざ採用になりますとやはり情報として欲しい、ということになります。例えば少なくとも配偶者、子供の有無は確認しておきたいところですし、扶養する父母、祖母がいるのであればこちらもやはり確認しておくべきであるからです。 これは手当てなどにも影響してくることでもありますから、これはやはり聞く必要性があるのです。ちなみに採用試験における評価されるポイントになることもありますから、しっかりと書くようにしましょう。

拒否はできるのか

家族構成とはプライベートなことであるから、と断ることができるのか、と思うかもしれませんが少なくとも極端に強制されることはないでしょう。但し、できるだけ記載しておくことがおすすめです。 家族構成を書くことにそこまでのデメリットがあるようなことはないのです。そんなに難しいことではありませんから、素直に家族構成を情報として提供するようにしましょう。

家族構成の書き方

一般的な書き方

家族構成の書き方ですが基本的にはまずは相手から雛形をもらったのであればそれに従うことです。つまりは、この書類に書いてください、といわれた書類があるのであれば書き方云々に関してはそれに従うだけでまったく問題ないことになります。いくらでも簡単に書くことができるようになります。

基本的な考え方

家族構成の書き方ですが、基本的な考え方として上から家長、そして、年齢が上から順番に書いていくことになります。その上で同居している、という人を書くことになります。これは血族でなくても同居しているのであれば書いた方がよいでしょう。姻戚関係ということもありますし、同居している婚約者、或いはそれに順ずる人、ということもあるからです。 また、家族構成の書き方として間柄、もしっかりと書くことになります。例えば、父とか母とか兄とかそうした間柄です。配偶者の場合はそう書くべきである、という意見もあるのですが夫とか妻というので十分でしょう。公的な書類というわけではないので公的な文言を使うべき、というわけでもないからです。 まず、書き方として年齢が上から順々に書いていく、ということを理解しておけば大過なく家族構成を書き上げることができるようになるでしょう。家族構成の書き方というのは、そんなに難しいことではないのです。

自分は?

意外と悩むことがあるのが自分のことは書くべきなのか、ということです。これはなかなか難しい判断なのですが、基本的には書かなくてよい、ということになっています。ですから、例えば父、母、兄、自分、妹、という状況であれば、これは父、母、兄、妹、と書くことになります。 では、自分を書いてしまうと駄目なのか、といえば別に極端にマイナスにされることはありませんから、それは心配することはないでしょう。しかし、基本的にはかかなくてよい、ということになります。無難であるのは、書かない、ということでよいでしょう。

家族構成を書く際の注意点

家族を書くときに注意するべき書き方のポイントとしてはまずは同居をしている人のみ、という原則があります。例えば、祖父祖母が遠方に住んでいるとしても、血縁としてはかなり近いことになりますから家族として書くべきなのか、と思う人もいるのです。 まず、書き方としては住んでいるところが同じ、ということで問題はないのです。扶養義務があるとかそうしたこともあるのでしょうが、基本は同居になります。この点がまずは注意点としてあることです。もう一つは、自分のことを書かない、ということです。自分についてはかなり悩ましく感じる人が多いのですが、こう考えれば理解できることです。 自分のことは生年月日も含めて、履歴書や経歴書によって情報を提供している、ということです。ですから、それ以上に自分のことを追加する必要性はない、ということです。これ自体で極端なマイナス評価になるわけではないですが、家族構成の書き方としては一般的には自分のことは書かない、ということになっています。ですから、相手にこの人は家族構成の書き方も知らないのか、と思われてしまうこともあるでしょう。 当たり前ですが、それがプラス評価になるわけがないのですが、基本的には書かないようにしておきましょう。今時、家族構成の書き方の基本なんていくらでも調べることができるのですから、それすらしない人だ、と思われてしまう可能性があります。

知っておきたい続柄

次のページ:家族構成の書き方は簡単
初回公開日:2017年04月30日

記載されている内容は2017年04月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング