IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【ケース別】公務員の内定辞退の方法|手紙/電話/民間と併願した場合

内定後

もし、公務員の内定通知が届いても、第一希望ではなかった場合に内定辞退を考えます。公務員の内定辞退は出来るのか、どんな方法でどのタイミングで連絡すれば良いのか不安に思っている人は多いでしょう。ここでは内定辞退の方法等をご紹介していきます。

更新日時:

公務員の内定辞退の方法

就職活動をしていて、内定が決まり、それが第一希望ではなかった場合は、通常内定辞退をします。それは公務員でも同じです。公務員だからといって内定辞退できないということはありません。民間企業でも公務員でも、内定辞退をすることはとても心苦しいことですが、自分の希望を叶える為にはやむを得ないことです。 内定辞退の方法ですが、主に電話で断りを入れるケースが多いです。稀に、直接内定先に出向いて、内定辞退を伝えることもあります。それは内定先から出向くように言われた場合です。はっきりと自分の意思を伝えることができると確信できるなら出向いても大丈夫です。しかし、この方法はリスクが高く、多くは丸め込まれることが多いので、基本的には電話で内定辞退を伝えるようにしましょう。内定先に出向く義務はありません。

公務員試験後に内定辞退はできる?

公務員の内定が決まるのは、試験合格発表の後になります。公務員試験が終わった後に、合格者は「採用候補者名簿」に名前が載ります。この時点ではまだ内定したとは言えない状況です。この名簿を基に意思を確認してから内定が決まります。内定辞退をするなら、内定通知がきた後になります。 公務員試験に合格したからといって、早とちりして内定辞退の連絡を入れないように気を付けましょう。合格通知には「合格と採用は別」という内容も書かれています。合格したから内定したと思って安心している人も多いのです。通知をよく読んで早合点しないように気を付けましょう。

手紙・電話での内定辞退の方法

内定辞退は電話が主な方法です。上記では出向いて直接伝えることもあると説明しましたが、基本的には内定先に出向く必要はないです。もし出向くように言われた場合のみ、よく考えてから訪問するようにしましょう。手紙で内定辞退を伝える方法もあります。しかし、電話で伝える方が誠意が感じられます。断りにくいことかもしれませんが、出来るだけ電話で伝えるようにしましょう。 書面で送ることも決して悪いことではありません。どうしても電話で伝えることが億劫ならば、丁寧な文章で内定辞退を伝えましょう。

内定辞退の例文

■電話編 「内定の通知をいただきました〇〇と申します。この度は内定のご連絡ありがとうございました。大変申し上げにくいことなのですが、この度の内定を辞退させていただきたいと思いご連絡差し上げた次第です。家族とも相談して悩んだ結果、誠に勝手ながら辞退することを決断致しました。大変ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございません。何卒よろしくお願い申し上げます。」 ■書面編 「先日はお忙しい中、お時間を割いていただきありがとうございました。 せっかくいただいた内定ですが、検討した結果、自分のやりたいことと異なることがあり、内定を辞退することを決意しました。 大変お世話になっておきながら、このような形で迷惑をかけてしまい、誠に申し訳ございません。貴社のますますの発展並びにご多幸をお祈り申し上げます。」

内定辞退を上手に伝えるには

相手に悪い印象を与えずに、内定辞退を伝えるには、しっかりとした言葉選びが大切です。文章作りや内定に関することで悩んでいるのであれば、就職エージェントに相談してみるのも一つの手でしょう。

民間企業と公務員試験の併願で内定辞退する場合

民間企業と公務員とで併願することは可能です。実際に民間企業と公務員とで併願している人は多いでしょう。民間企業の方が待遇が良くて、公務員を内定辞退することも有り得ます。内定通知がいつ届くかにもよりますが、公務員の内定が決まる方が遅く、民間企業の内定が決まる方が早い場合が多いです。 先に民間企業の内定が決まっていて、公務員の内定辞退をするときは、理由として断りやすいです。しかし、逆の場合は待たせた後に内定辞退を伝えなくてはいけない為、罪悪感を感じる人が多いでしょう。内定辞退の理由をはっきり伝えない方が無難だとも言われていますが、誠意を表す為に併願していたことを正直に伝える人もいます。 その理由を伝えたところで、激高する人はまずいないと思いますが、内定を出してそれを辞退されるということは、採用者側からすると予定が狂ってしまうということなのです。どちらにしろ良い気分はしませんので、はっきりと理由を述べる必要はないとも言えます。

併願とは?

就職活動においての併願は、1つの場所だけに決めず複数の企業に願書を出すことを意味します。民間企業でも公務員でも、併願する人は多いでしょう。しかし、就職氷河期に比べれば、公務員と民間企業を併願する人は減ってきています。不景気の煽りで民間企業が稼げない時代、公務員として働く方が賢明でした。 しかし、今では景気が回復を見せている為、公務員を敢えて受けるという人は多くないようです。公務員と併願できないと思っている若者も実際にいます。そのくらい就職には困っていない人が多いということです。

2017年卒の就活日程

併願する際に気を付けたいのがスケジュールです。公務員の一次試験は5月から6月に実施されています。一方民間企業では6月に面接を開始するところが多いです。時期がかぶっているので、どちらを優先させるかで力の入れ方が変わってきます。 もちろんどちらも疎かにする訳にはいかないでしょう。基本的に民間企業でも公務員でも、面接の対応は自己分析にあります。自己分析はしっかりしておきましょう。志望動機もそこから生まれます。筆記試験に関しても、時事問題は民間企業でも公務員でも出題されます。新聞は日頃から読む癖をつけておきましょう。

公務員の内定辞退のリミット

公務員の内定辞退のリミットですが、内定が決まってから採用日の2週間前までに内定辞退を出せばOKです。基本的には民間企業でも同じリミットです。結構ギリギリまで大丈夫なのですが、第一希望の内定が決まったのであれば、早めに内定辞退を伝えましょう。それが社会人としての最低限のマナーです。 採用側は、内定を出した以上、そのつもりで予定を組んでいます。内定辞退者が出るとそれに対応しなくてはいけません。人数が足りなければ、また募集をかけなければいけなくなります。時間も費用も無駄に費やすことになります。第一希望が決まり、内定辞退が出来る状況になったら、速やかに内定辞退を伝えるように心がけましょう。

公務員の内定辞退者は増えている

不景気で就職氷河期と言われていた時代からすると、公務員の人気は少しずつ衰えていっています。原因は景気が少しずつ回復を見せ、民間企業の方が稼げる時代になりつつあるからです。公務員の給与の削減やボーナスの減少も原因の一つだと言えるでしょう。 また、公務員の不祥事が度々ニュースになり、イメージが悪くなっているのも影響しています。特に公務員は厳しい目で見られることが多いのですが、公務員だということだけで白い目で見られることも少なくありません。以前のように民間企業の方をすべり止めだと考えていた時代は終焉を見せています。今や公務員をすべり止めと考えている若者の方が多いでしょう。公務員の内定辞退の増加はこうした背景があることを覚えておきましょう。

国家公務員

実は、国家公務員の内定辞退者が多いということはご存じでしょうか。地方公務員よりも国家公務員の方が内定辞退者が多いのが現状です。国家公務員は転勤が多いからだという理由も上げられますが、地方公務員の方が給料が高いという理由も上げられます。 国家公務員は大変な仕事をしている割には、給与が安いと言われています。地方の方が仕事がそんなにきつくない割りに給与が良いので、自然と国家公務員より地方公務員の方が人気が出てしまうのです。

神奈川県庁

公務員の内定辞退のことで話題になっているのが、神奈川県庁です。2008年度から神奈川県庁は、募集人員割れを立て続けに起こしています。非常に勿体ない話ですが、内定辞退の理由としては、給与が低いことに原因があります。そして東京が近いことから、内定辞退者は、待遇の良い東京に流れていることも原因です。神奈川県庁は内定辞退者を極力出さないように、あらゆる対策を練っています。しかし、現状を変えるには給与の面を考え直す必要が出てくるでしょう。

内定辞退と未来の自分

内定辞退を伝えることは、とても気が重いことです。少なくと内定先には良い印象は持たれないでしょう。しかも公務員を内定辞退するなんて、周りの人達からすれば勿体ないと思われることは明らかです。しかし、自分の未来を想像して、公務員ではないと判断したのなら、内定辞退はしょうがないことでしょう。言いにくいことだからと断れずにいると、自分の想像する未来が大幅に変わってきます。どうすれば良いのか慎重に判断していきましょう。

御嶽海の角界入り

話は突然変わりますが、最近では稀勢の里が横綱になったことをきっかけに、大相撲が大ブームになっています。稀勢の里も大人気の力士ですが、今とても注目されている力士の中に御嶽海という力士がいます。 御嶽海は、全日本小学生相撲優勝大会で2位になり、その後中学生で全国大会ベスト8になりました。相撲部屋入りは「厳しい世界」という印象が強かった為に考えておらず、大学ではアマチュア相撲で好成績を残しながら相撲を楽しんでいました。しかし、その後相撲部屋を紹介され、角界入りを果たしました。 何故こんな話をしたかというと、御嶽海は和歌山県庁に内定が決まっていて、それを辞退して相撲部屋に入った人だからです。説明した通り、角界入りは考えておらず、公務員として働く予定だったのです。しかし、出羽海部屋を紹介され、部屋の再興に協力したもらいたいと頼まれたことから、内定を辞退して、相撲の世界へと入ったのです。

「自分」と「迷惑」の天秤

内定辞退すると、当然内定先には迷惑がかかります。しかし、その「迷惑」のことばかりを考えていると「自分」が消えてなくなる可能性があります。自分を優先させると、必ず周りに迷惑がかかります。これはしょうがないことで、そうやって世の中は成り立っているのです。自分も誰かに迷惑をかけられたことはあるあるでしょう。自分自身の迷惑を他人に受け入れてもらい、他人の迷惑を受け入れることでバランスを保っています。 迷惑をかけることは罪悪感が生じます。しかし、他人に迷惑かけることと、自分の将来とではどちらが大切でしょうか。自分の将来の目的は何なのかが分かったら、「自分」と「迷惑」を天秤にかけて前に進んで行きましょう。 自分がどんな職業に向いているのか分からないと悩んでいるのであれば、キャリアアドバイザーのプロが在籍するエージェントを活用すると解決できるでしょう。経験と知識がたくさんあるプロにアドバイスをもらいましょう。

関連タグ

アクセスランキング