IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

弱音を吐く男性/女性の心理|弱音を吐く人の特徴・励まし方

更新日:2022年06月01日

コミュニケーション

弱音を吐く人はどのようなことを思い吐き出し、また、どのような特徴があるのでしょうか。 そして、よく弱音を吐くのを見かける人にはどのような言葉をかけてあげたらいいのでしょうか。 ここに書いてある情報を参考にしてもらえると幸いです。

弱音を吐く人、吐かない人

弱音を吐くと聞いて、皆さんの中にはふと身近な人を思い出した人もいるかもしれません。弱音を吐く人はいったいどういう人に多いのでしょうか。 また、弱音を簡単に吐き出さないという人はどのような特徴があるのでしょうか。 ここで少し考えることで今後良い対人関係を築くのに参考にしてみて下さい。 弱音を吐いているという人も、専ら聞いているだけだなという人もこの記事に目を通して、自分なりの考えを持つ手助けにしてもらえれば幸いです。

女性の心理

弱音を吐いている女性はどうして弱音を吐くのでしょうか。 ある一説では 「相手のことを知りたいから」 だと言われています。 では、他にはどのようなことを思い、吐き出していると言われているのでしょうか。 世間でよく聞く女性の心理を挙げてみたいと思います。

弱音を吐く女性の心理

弱音を吐く女性はどうして弱音を吐くのでしょうか。 多く言われているものは先ほど挙げたように 「相手のことを知りたいから」 です。 長年付き合っている相手が自分にまだ好意を持っていてくれているかということや知り合ってまだ日が浅い人がこちらに本心からの友愛を持って接してくれているのかということを確かめているそうです。 では他はと言いますと 「自分自身の意見に対する賛同意見が欲しい」 からだと言われています。一般的に女性はコミュニケーション能力が高いと言われています。 学生時代、常に仲良しグループで行動している女子の姿を見かけませんでしたか? おそらく見覚えのある方が多いと思います。 そのような集団での繰り広げられてる会話に耳を澄ませてみると、様々な (例えば私物や趣味など) に対する賛同を欲したりするような会話が多くなされている印象があります。 女性は賛同意見を無意識に欲しがってるのかもしれません。

弱音を吐かない女性の心理

弱音を吐いている女性の心理についてみてきましたが、中には弱音を吐かない、もしくは吐いているところを見たことがない女性もいることでしょう。 そのような女性についてはどうでしょうか。 普段弱音を吐かない女性は胸の内に押しとどめているものを外に出さないことでしっかりと認識することを拒み、自分自身の心を守っていると言われています。 他には日常生活に余裕がなく、弱音を吐いている暇がないという可能性もあります。 もちろん、一概にそのような女性ばかりだとは言えません。 言わなくても自分を保っていられる女性は自分から外に出さなくとも理解して寄り添い一緒にいてくれる人がいることがあるといいます。 そのような人が身近にいるならとてもいいですね。

弱音を吐く男性の心理

これまで女性について書いてきました。 では、男性は弱音を吐くときにどのようなことを思い胸の内を自身の外へと吐き出しているのでしょうか。 弱音を吐く男性には次のようなことが理由として言われているようです。

弱音を吐く男性の心理

よく男性が弱音を吐く理由としてよく挙げられているのが「癒されたい」や「自身を認めて欲しい」などの欲求からというのがあります。 その他にも「胸の内に抱えたモヤっとしたものを吐き出したい」や「信用できる人に聞いてほしい」といった理由も挙げられるようです。

弱音を吐かない男性の心理

では、弱音を吐かない男性はどのような理由で外に出さないのでしょうか。 そのような人に多いと言われているのがプライドが高いというのがあります。 自分以外の人に弱みを見せないように、人を頼るのは恥だと思っている人ほど弱音を吐かないようです。 他には後ろ向きなことは考えずに前だけを向いて目標に向かって突き進むような人も簡単に他の人に弱音を吐かないと言われています。

弱音を吐く人の特徴

男性、女性の弱音を吐く人の特徴として 「認めてもらいたい」 や 「癒されたい」 、 「気持ちの整理をしたい」 などがありました。 自己承認欲求が強かったりストレスを感じやすいようです。 また、相手のことをよく知りたいと思っている人も弱音を吐くことが多いようです。 逆に、なかなか外に出さずにいる人はプライドが高かったり、ポジティブに生きているようです。 ですが、言わないからこの人はポジティブシンキングなんだということではなく言わない人の中にはストレスを内に溜め込みすぎる人もいるようです。

次のページ:励ますには
初回公開日:2017年04月25日

記載されている内容は2017年04月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング