IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接に落ちる人の特徴と性格|落ちる理由と不合格フラグ一覧

就活の悩み・不安

就活の面接に落ちることが多い人には、何らかの原因が存在しています。また、面接を受けたあとで、これは落ちるサインだと判断できるきっかけもあります。面接を成功させ、自分の理想の企業で仕事をするためには、どんなことを意識していけば良いのでしょうか?

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 面接に落ちる人は、上手く自分をアピールできていないことが原因
  • 価値観や適性の違いで落ちる場合も
  • 面接に落ちないために上手に転職エージェントを利用しよう

面接に落ちるのはコミュニケーションが取れていなかったり、身だしなみがなっていない、そもそも準備不足が原因ということも。 そこでおすすめなのが、転職エージェント。面接対策はもちろん、自己PRや志望動機の添削から条件交渉まで手厚くサポートしてくれます。ひとりで進めるよりも心強いですよね。 特におすすめなのが転職成功実績がNo.1の「リクルートエージェント」早速登録し、転職の相談をしてみましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接に落ちる人の特徴と性格

明るくない

転職の面接は、つい緊張してしまう人は多いものです。面接官の方も、「この人は緊張して固くなってしまっているんだな」というのを理解し、それを考えた上で面接を進めています。 つい表情がこわばってしまったり、口調が慌ただしくなってしまったりすることはありますよね。咄嗟の判断に困ってしまい、受け答えがぎこちなくなってしまうこともあるでしょう。 しかし、緊張とは別の部分で、「この人は暗い人だな」と思われてしまうと、面接に落ちることが多くなります。社会人として真摯で真面目な働き方をすることは重要ですが、明るく快活な人ほど、職場では受け入れたいと思うものです。 職場内の雰囲気も変わりますし、教育指導を行う立場でも、はきはきとした受け答えで、表情も明るく上向きな人の方が、教えやすく付き合いやすいですからね。チームワークが重要視される仕事であるほど、明るさは重要になり、暗いほど落ちることが多くなってしまいます。

過剰な自信がある

自己評価が高く、自らの強みを知って積極的にアプローチしていくことは、面接に受かるためにはとても重要なことです。 しかし、客観的な視点を失ってしまい、自信が過剰になりすぎてしまうと、面接に落ちる原因になってしまうこともあります。 セールスポイントを伝える上で、不必要な情報を入れすぎてしまったり、客観性を失った高すぎる評価や、的外れな自慢をしてしまいがちな人は、面接に落ちることが非常に多いでしょう。 客観的に面接の受け答えをアドバイスしてほしいなら、転職エージェントがおすすめです。

人の話を聞かない

転職の面接では、協調性を深くチェックされていることも多いです。職場内で誰かと一緒に働く以上、人間関係をうまく構築できなければ、順調に仕事を進めることが非常に困難になってしまうことも多いからです。 その上で、特に面接官が見ているポイントとして、「人の話をきちんと聞いているか?」というものが挙げられます。これは、短い面接の間でもひしひしと感じられることだからです。 集団面接のシーンであれば、他に面接を受けていた就活生がどんな回答をしたのか、きちんと聞いていたかいなかったかはすぐに分かってしまいます。表情や仕草からも垣間見えますし、その人の答えにもにじみ出るでしょう。 また、面接官の話を聞いていたか否かも伝わってしまいます。相手の言葉を遮るようにして自分の話を始めてしまったり、食い気味で自己主張をしすぎてしまったりすると、面接に落ちる原因になってしまうでしょう。

面接に落ちる人にありがちな原因

身だしなみが整っていない

面接に落ちることが多い人は、一度自らの就職活動の身だしなみを見直してみましょう。 身なりを整えるということは、第一印象を良くするということはもちろん、あなたにビジネスマナーが備わっていることをアピールする材料でもあります。 逆に言えば、身だしなみが整っていないのは、あなたに社会人としての身だしなみのマナーが整っていないという証明にもなってしまいます。ネガティブな印象を抱かせてしまうということは避けられないでしょう。 シャツやネクタイの柄などは大切です。派手すぎるカラーや、かしこまったシーンにふさわしくない柄ものなどは避けましょう。女性であれば、濃すぎるメイクや露出しすぎた肌にも注意が必要です。 スーツスタイルが基本ですが、面接サイドからの指示によっては、オフィスカジュアルを選択することもありまするジャケットやワイシャツ、ブラウスなどを取り入れ、かっちりした印象を出せるように注意してください。 アクセサリーや髪型にも気を付けましょう。目にかかる長さの前髪や、伸びすぎてだらしなくなっている髪型などはNGです。肩にかかる長さはきっちりとまとめましょう。面接に落ちる原因になってしまうこともありますし、表情を明るく見せるための工夫でもあります。

準備不足で面接に臨んでいる

面接に落ちることが多い人は、その企業の面接に対する準備が明らかに不足していることが多いです。 いくつもの企業の選考を同時に受けている人は少なくありません。それ自体は決してマナー違反ではありませんが、志望動機やキャリアビジョンなどを話すとき、「他の企業と使いまわしているんだな」という回答は、面接官には必ずと言っていいほど見破られてしまうものです。 自己PRや志望動機に迷ったときは転職エージェントに相談するのもいいでしょう。 あなたのセールスポイントひとつ語るにしても、面接を受けている企業の特徴に合わせて話すようにしましょう。事業内容や求人情報に沿った回答を目指すのはもちろんのこと、会社のホームページなどもチェックして、将来的な展望についても話せるようにしておくことが重要なのです。

人に見られることを意識していない

振る舞いや言葉遣いが整っていない人は、社会人としてネガティブなイメージを抱かれやすいです。「人からどう見られているのか」「自分の振る舞いや言葉遣いが、相手にどんな印象を与えるのか」について、冷静かつ客観的に見られない人は、面接にどうしても落ちやすくなってしまいます。 背筋を伸ばし、面接官の目を見て、丁寧な口調で話すようにするのは大前提です。この基本がきちんとできていない人は、それだけで落ちる候補に挙がってしまいます。取引先や上司など、採用されてから付き合うことになるであろう大切な人の前で、失礼な振る舞いをしてしまう危険性があるとみなされてしまうでしょう。 特に一度社会人を経験してからの転職の場合、これらの視点はより強くなると考えてください。 面接官がどんなところを見ているのかなど、面接対策に必要な知識を身に付けたい方は転職エージェントを活用するといいでしょう。プロのキャリアアドバイザーから、的確なアドバイスをもらうことができます。

面接に落ちるフラグとは

面接官の何気ない行動や面接後の対応から、「不合格」であることを感じ取れてしまう場面とはどんな状況があるでしょうか?ここからは、そんな「面接に落ちるフラグ」の例を挙げていきます。

面接が非常に短時間で終わってしまう

それまでの選考過程や、自分の前後に面接を受けた人より、明らかにあなたの面接時間が短かった場合、落ちるサインである可能性があります。 面接を進めている中で、何らかの理由によって「この人は採用しない」と面接官が決めてしまった場合、無駄な時間や労力を割かないために、対応時間が極端に短くなっていくことは少なくありません。

とても事務的な対応をされる

これは面接官のタイプや、面接を受けている企業によって異なって来ることが多いですが、極端に事務的な対応をされるときも、落ちるサインである可能性があります。 丁寧に人柄を聞き出したり、ポテンシャルを発掘するのを辞めたりした場合、これ以上人材として判断材料を探す必要がないと思われている可能性があるからです。

合否結果が書類で来る

特に転職の場合は、スピーディーな対応が採用において重要になってきます。次の選考ステップがある場合も、双方の都合を考え、出来るだけ迅速に次の日程を調整できる連絡手段を取るところが多いのです。そのため、電話やメールで合否を伝えるのが一般的です。 落ちる場合、こういった合格者のスピーディーな対応の後回しにされてしまうことが多いですし、合格後の迅速な手続きも必要ないので、書面対応になってしまうことが多いです。面接が終わったあと、「今日の結果は後日書類で」と言われた場合、不合格のケースが多いのです。

逆質問のタイミングがない

就活で面接を受けると、一通りの質疑応答が終わったあとに、面接官の方から「逆にこちらに質問はありますか?」といった、所謂「逆質問」のチャンスを設けてくれることが多いですよね。この逆質問の出来によって、合格か否かが決定されることも少なくありません。 しかし、逆質問に辿りつく前までの選考過程で、残念ながら「この人を採用することはないだろう」と面接官に判断されてしまった場合、この逆質問のチャンスは無くなってしまうことが多いです。 面接にかける時間や手間の節約もあり、面接官にかかる負担が大きくなりやすい「逆質問」のタイミングを削るケースが非常に多いのです。 また、もしも逆質問の場が設けられたとしても、丁寧に取り扱ってもらえなかったり、詳しく答えてもらえなかったりすることもあります。これらの対応も、面接に落ちるサインであることは少なくありません。

和やかな対応をされる

厳しい対応の面接より、和やかな対応の面接の方が、結果が不合格なこともあります。これは面接官が、自分の態度を「これから一緒に働く相手」としてではなく、「お客様」として調整しているからです。 具体的な意見や今後へのアドバイスがあれば、合格のサインである可能性もありますが、本ねを出さないようなあたりさわりのない丁寧な対応であった場合、落ちるサインである可能性が高いというわけです。 「本日はとても楽しかったです」「本日はわざわざありがとうございました」といったフォロー系の言葉をかけられる場合も同様の可能性があります。

転職の面接に落ちるよくある理由

志望意欲が伝わらない

採用可否が決定される上で、スキルの高さや経験値も重要ですが、面接では志望理由や熱意がどれだけ伝わるかもとても大切です。 むしろ、履歴書や職務経歴書などの情報からはチェックできない、モチベーションの高さややる気の強さがチェックされる割り合いが多いのが面接です。直接向かい合い、志望者がどれだけ働きたいと思っているのか、熱意を感じたいという面接官も多いです。 そのため、志望理由がきちんと伝わり切らなかったり、熱意を感じ取ってもらえなかったりすると、面接に落ちることが多くなります。 「どうしてうちで働きたいのか」「うちでなければいけない理由は何か?」といった質問にうまく答えることで、この部分はぐっとクリアしやすくなるでしょう。

価値観や適性の違い

あなたに何か不足や失敗があったわけではなくても、面接に落ちることはあります。その代表例として、面接官との価値観の相違や、キャリアビジョンの差などが挙げられます。 あなたにどんなスキルが備わっていたとしても、今後の企業の方向性と違った理想を持っていると、面接官は採用を見送ってしまうことがあります。これは企業理念を統一し、業務そのものの効率化を目指すためにも重要です。 適性も面接に落ちる理由となります。業界や職種によっては、面接の結果であなたに適性がないと判断されることがあります。「うちで働くのには向いていない」と面接官がジャッジした場合、不合格になってしまうこともあるのです。 不合格になってしまうポイントを早めに知って、面接対策しておくのがベストでしょう。面接対策のことならプロのキャリアアドバイザーが在籍するエージェントに相談してみるのが一番です。

自己PRを手助けするおすすめ転職エージェント

転職エージェントなら転職成功実績No.1のリクルートエージェント

フリーターの正社員就職支援。未経験歓迎の求人多数

自己PRを手助けするおすすめ転職エージェント

IT・Web転職・求人ならレバテックキャリアにお任せ

自己PRを手助けするおすすめ転職エージェント

高年収層に特化した転職エージェント。日系企業はもちろん外資系や海外求人も豊富。

自己PRを手助けするおすすめ転職エージェント

面接に落ちないために

記事のまとめ
  • 面接に落ちる人は、上手く自分をアピールできていないことが原因
  • 価値観や適性の違いで落ちる場合も
  • 面接に落ちないために上手に転職エージェントを利用しよう

いかがでしたか?面接に合格し、無事あなたの志望先で働くためには、自らのメリットを売り込み、相手が求めている人材に合うということをアピールしなければいけません。 価値観の違いや、適性の有無によって採用結果が変わることもありますから、企業研究を徹底し、社会人としての価値を全面に押し出せるよう工夫を重ねていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング