IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

働けない人の心理状態・特徴と理由・知っておくべき支援制度

転職の悩み・不安

働けない人が増加しているといいます。その理由や原因は何なのでしょうか。それは、働けないその人が、若い人であるのか、また中高年であるのかによっても変わってきます。また、働けない人に対してはどのような意見、支援制度があるのか、参考にしてみてください。

更新日時:

働けない人の増加

働けない人が増加していると言います。若者に限らず、40代を過ぎても職がない、いわゆる「中高年ニート」が増加しています。総務省が調査したところ、働けない若者よりも中高年ニートが著しく増加しています。 一方で、学校に通っておらず、かといって働いているわけでもない。このような若者たちは「若年無業者」とも言われています。その数は、なんと200万人を超えています。なんと、15歳から39歳までの16人に1人が「若年無業者」であるとも言われます。そのため、テレビや新聞などで取り上げられることも多くなってきました。

若者で働けない人の理由

内閣府「平成25年度版子供・若者白書」によれば、働けない若者の理由として最も挙げられるものは、「病気・けがのため」であり、全体の約3割を占めています。また、「学校以外で進学や、資格取得などの勉強している」と答えた人も1割以上います。すなわち、少なく見積もったとしても、4割以上の若者は、一日中モニターに向かってゲームやネットサーフィンをして、やる気や働く意欲が全くない」わけではないと言えます。働けない若者は怠けているのではないかとよく誤解されます。しかし、実際問題として、「急いで仕事につく必要がない」「仕事をする自信がない」などの回答は割合としては低いのです。

若者で働けない人の原因

若者で働けない人の原因の一つとしては、企業説明会などで知ることができる職場環境とその実態の違いに過敏に反応してしまう結果、就職活動ができない、ということが挙げられます。説明会や面接などで聞いていたものが、実際に働いてみた職場環境と大きく異なっていた、という経験があると、転職した先もそうなのではないかと恐怖に思えてくる場合もあります。 また他にも、初心者歓迎のIT企業で教育も休みもなかった末にリストラを言い渡されたり、就活におけるあまりの不採用通知の多さに精神的に参ってしまい面接が受けられなかったり、人間関係が苦手であったため家にひきこもるようになってしまったり、といった理由が挙げられます。働けない原因は多岐に渡っており、若者をめぐる環境はとても厳しいものであります。

中高年で働けない人の理由

中高年で働けない人の理由として、働かないこと自体が親孝行になっている、という考え方が挙げられます。親にいつまでも自らの面倒を見させてあげることによって、親に存在価値を与えてあげている、という考え方です。自分がいなくては、この子はだめになってしまう、と思わせることで孝行をしていると考えているのです。 また、現在の日本において、ニートは合理的な選択であるという理由もあります。なぜならば、いま日本は非常に豊かです。資産はお年寄りに偏在していると言えるので、お金のある親に頼って働かないことは、とても合理的な選択だと思っている人もいます。

中高年で働けない人の原因

中高年で働けない人の原因の1つとしては、バブルの崩壊が関係しています。バブルが崩壊した後の1990年代には若者のニートが急増しました。その後に定職につかないまま年齢を重ねて、「中高年ニート」になってしまうという事例があります。その証拠として、1990年代の後半には、ある種類の若者が急増しました。それは、学校を卒業したときに進学も就職もしていない若者や、就職したとしてもパートやアルバイトという非在学の若者でした。 さらに増えている事例としては、以前までは会社に勤めていたにもかかわらず、40代になってから退職してしまうというものです。年齢にかかわらず、心が折れてしまう場合があります。このとき、ご両親や周りの人が理由を聞いても、その答えははっきりとは出てこない場合が多いです。自分なりにしっかり考えている、親の育て方がよくなかった、頑張ってもうまくはいかない、などと言う場合があります。このようなことで中高年のニートは増え続けています。

中高年で働けない人に対する意見

中高年で働けない人に対する指摘として、彼らが働かないために若い人たちの負担が増えてる、といったものや、すべてを環境や他の人のせいにしている、といったものがあります。厳しい意見は少なくはありません。 一方、中高年の募集がまったくないというハローワークにおける募集の実情を知ってほしいという意見もあります。これは、中高年のニートが仕事を得ようとしてもなかなか得られない実情を踏まえるべきである、という指摘です。また、中高年でニートになってしまう人の多くは、まじめな人である、というように精神的にケアをするべきであるという意見もあります。

働けない人の心理状態

働けない人の心理状態として顕著なものは、人や物に対して、強い恨みを持っている、というものです。このような人が全体の3人に1人以上の割合でいるようです。内訳としては、両親、または父親や母親、学生時代にあったいじめ、現在働いている会社やそこでの上司、などです。何かに対する嫌な記憶が思い起こされてくることは、人間なら誰しも起こりうることです。ただ、その嫌な記憶を割り切ることができなくなってしまい、自分を乱されて苦しんでいる人もいるのです。記憶を思い浮かべては再体験してしまい、それに頭がいっぱいで、気持ちを切り替えようとすることができなくなっているのです。

働けない人の特徴

働けないで引きこもっている人の特徴として挙げられるものの一つに、広汎性発達障害の可能性がある人の割合が高い、ということがあります。広汎性発達障害者の割合は、日本人全体では平均1%ほどですが、引きこもっている人においては25%以上であり、とても高い割合となっています。 また、新しい状況に対して不安になりやすかったり、2つ以上のことを一度にはできなかったりする人の割合も高いです。これらは、注意転換の困難に関連しています。普通の人と比較して、一つのことをしつつ別のこともするといったように、注意配分が得意でない人が多いのです。そうすると、機転がなかなか利きにくくなり、臨機応変にものごとに対応しにくくなります。また、人よりも物に関心がある人も多いです。話をしていても、人ではなく周りのものを見ている人が多い傾向というがあります。

働けない人が知っておくべき支援制度

働けない人を対象として、多くの就労支援サービスが用意されています。 ハローワークの求職支援では、求人紹介、職業相談、就職セミナーや職業訓練、講習会など、求職者に対してサービスが充実しています。初めはハローワークの窓口に行くということに対して、勇気が必要かもしれませんが、受付さえ済ませば求職者登録されます。以降はニートではなく求職者となって、求人応募と職業相談が可能になります。 地域若者サポートステーションは、15~39歳までの若者を対象にしています。働くことに対して悩みや不安をもつ彼らに対して、コンサルタントなどによる支援計画の作成、個別相談、職場体験、彼らが持つコミュニケーション障害などに対する教育訓練による支援など、多くの就労支援があります。 ジョブカフェは、ほとんどの地方公共団体がもつ支援施設であり、就職支援や若者の能力向上を目的として、就職に関するサービスや職場体験を受けられます。ところによっては、ジョブカフェの中にハローワークがあるところも多いです。また、場所によっては職業紹介もなされています。15~34歳が原則として対象ですが、地域により上限年齢は異なっています。

また、派遣会社に相談してみるのもいいかもしれません。派遣なら、まずは短期間から働くことができます。あなたに合った職場を紹介してくれますので、一度派遣会社の面談にいってみましょう。

働けない人に対する理解を

いかがでしたか。働ける人は、働けない人に対して理解を示すことも必要です。そこにはさまざまな背景や理由があるからです。働けない人も、いずれ社会に出て働くことができるようになれます。今は働けないと悩んでいても、将来働けるようになれることを、心から祈っております。

関連タグ

アクセスランキング