IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

字が汚い人の特徴と性格・字が汚い理由|字が汚い人は頭が良い?

初回公開日:2017年03月28日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年03月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスマナー

わりと字が汚くて履歴書を書くときに集中しないといけなくて面倒臭い。という方は多いと思います。字が汚い人の特徴や性格、字が汚い理由などを明らかにしながら、履歴書を書くときや社会に出てからのために、綺麗に字を書くポイントなどをお教えいたします。

ゆっくりと書くことで字は筆圧は濃くなります。筆圧は弱いより強い方が丁寧に見えます。字を丁寧に書くにあたり一番重要なことは「ゆっくり書く」ということでしょう。早く済ませたい精神の字が汚い人には難しいかもしれませんが、丁寧に書くにはこれしかないのです。

まっすぐな線を書く練習をする

字が汚い人は普通に線や円をかいてみても汚くなってしまいます。字は線で構成されているのでまず線を綺麗に書けるようにならないとダメなのです。まっすぐな線を綺麗に書くことは、字を綺麗に書くための基本練習といえるでしょう。

ひらがなは小さく書く

ひらがなを漢字より若干小さく書くことでバランスが良くなります。バランスが良いと、とても読みやすくなるのです。漢字も大きくなりすぎないように注意しましょう。

字がまっすぐになるように意識して書く

字汚い人は、字が波打ってしまうこともよくあるでしょう。字をまっすぐになるように意識して書き続けると字は読みやすくなります。また、サイズを揃えることも大事ですね。等間隔にするだけで一段と読みやすくなります。

字を書く姿勢を正し、ペンの持ちかたを見直す

小学校に入学して一番最初に習ったことを思い出してください。ほとんどの小学生が入学してすぐ椅子の座りかたを先生に教わるでしょう。成長していくにつれて、どんどん姿勢は悪くなりますね、字を丁寧に書くにはこの字を書く姿勢がとても重要なのです。またペンの持ちかたも成長するにつれて適当になるでしょう。中指は添えるだけでいいのです。

練習あるのみ!

丁寧に書こうと意識するだけで字は綺麗に見えてきますよ。そしてこの意識を持ったまま字を書き続けると自然と普通に書くときも綺麗になっていきます。ひたすら文字を書きまくる字の練習は大変かと思いますが、変化がすぐ見えるのでとてもですよ。新聞やチラシの字を見て、それも真似して書いてみるだけでいいのです。日常生活でも「他人にいつか見られるから丁寧に書かないと!」と思いながら字を書くのがいいでしょう。

関連タグ

アクセスランキング