IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

愛想がいい人の長所と短所・向いている仕事・就活でのアピール法

コミュニケーション

自分の周りにいる愛想がいい人は、人から好かれていることが多いですよね。あまり愛想がいい人を嫌っている人は少ないものです。話をしていても嫌われる要素が少ないですよね。愛想のいい人というのはどのような特徴や性格なのでしょうか。

更新日時:

愛想とは?

愛想とは人に応対する時に優しくにこやかに対応する人で、好感が良い人のことを指します。愛想のいい人は笑顔や愛嬌があることが多いので、多くの人は自然と好感を持つでしょう。愛想のいい人は人から好かれることが多いので、多くの人から可愛がられることも多いでしょう。

愛想良くするための方法とは?

愛想がいい人は生まれ持った才能ではなく、意識的に愛想よくすることもあります。よく偉い人や力のある人に会う時には、愛想良くしろと怒られることもありますが、愛想良くするのは意識的にできます。普段から愛想がいい人は習慣化されることによって、いつでも愛想よくすることができるのです。愛想が悪いという人が愛想よくするためには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

普段から笑顔でいることを意識する

愛想がいい人の大きな特徴のひとつでもある笑顔を、普段から意識していれば愛想良くすることができます。人と話をする時に愛想がいい人は、にこやかな表情で対応するので好感が持てます。そのため人と話す時には笑顔やにこやかさを意識していれば、愛想がいい人だと思われるでしょう。また愛想がいい人は話しかけやすいという特徴もあります。だからこそ愛想がいい人の周りには人が集まりやすいのですが、話しかけやすくされるには表情に注意することが大切です。誰もいない時に笑顔でいればおかしな人だと思われるでしょう。そのため一人でいる時には無表情になることを避けるため、眉毛を少し上げたり口角を上げるように意識しましょう。無表情な顔ではどんなに笑顔が可愛い人でも怖い印象を受けるので、無表情にならないように眉毛や口元を意識することが大切です。意識することができれば、愛想がいい人だと思われやすくなります。

気持ちを抑えるように努める

愛想がいい人はいつも穏やかな気持ちでいるからこそ、誰に対してもにこやかに対応することができるのです。例え怒っていたとしても気持ちを抑えることによって、人への対応も優しくすることができるでしょう。自分の気持を抑えることは仕事をする上でも大切なことですが、より穏やかな気持ちでいられれば、誰に対しても愛想良く対応することができるでしょう。例え普段から怒りっぽい人でも自分の怒りを抑えることができれば、誰に対しても愛想良くにこやかに対応することができるでしょう。

愛想がいい人の性格や特徴とは?

愛想がいい人が職場にいると、みんなから好かれるので仕事もしやすくなるでしょう。愛想がいい人は自分で意識してできますが、なかなか愛想良くすることは難しいですよね。愛想がいいと言われる人は、元々の性格によって愛想がいい人が多いです。愛想がいい人はどのような性格や特徴を持っているのでしょうか。

いつでも笑顔で対応してくれる

愛想がいい人はいつでもにこやかに笑顔で対応してくれるので、話もしやすいですし好感が持てます。特に仕事中でも愛想がいい人は、気分よく仕事ができるので効率も上がります。普段からどんな時でも愛想良く接してくれるので、お互いの距離も縮めやすくなります。もし自分が大変な時でも、愛想がいい人が近くにいれば自分の笑顔を忘れないようにしようと思うでしょう。愛想のいい人は周囲の人に対しても影響を及ぼすので、周囲の人まで笑顔を届けてくれます。

人とのコミュニケーションが好き

愛想がいい人の特徴としては人と接することがスキなので、いつでも笑顔で対応することができます。人と笑顔で話をする時は、相手のことが嫌いだと笑顔で対応するのは難しいですよね。人と接することが好きな人だからこそ、自然と笑顔で対応することができます。コミュニケーション能力に長けているので、誰とでも愛想良く振る舞うことができるのです。愛想がいい人は人と一緒にいることも好きな人が多いです。一人でいるよりも誰かと常に一緒にいる方が好きだという人もいますよね。一人でいるよりも人と一緒にいた方が笑顔も出やすいです。

人から嫌われたくないと思っている

愛想がいい人は基本的には人から好かれたいという気持ちを強く持っています。そのため愛想がいい人は嫌われないようにするために、笑顔で対応することが多いのです。人から好かれる人は笑顔が多い人で、笑わない人はあまり好感度も良くありません。仕事をする時には誰でも真面目な顔をしますが、人と接する時には笑顔で対応することは大切なことです。愛想がいい人は自然とその切り替えもできますし、人から嫌われたくないのでいつでも笑顔で対応することができます。仕事でもプライベートでも愛想がいい人は変わりなく、いつでも人と接する時にはにこやかに対応します。誰でも人から好かれたいと覆いますが、多くの人は自分が好きな人にだけ好かれればいいと思っている人が多いでしょう。しかし愛想がいい人は嫌われたくないという気持ちが強いので、多くの人から好かれるように愛想よく対応するのです。

一人の時は暗い性格の人が多い

愛想がいい人の特徴のひとつに、一人でいる時は暗い性格の人が多いようです。誰でも一人でいる時は大人しく静かに過ごすことが多いですが、愛想がいい人は普段が明るい性格なので、そのギャップが激しいと感じるのでしょう。人と話をする時にいつでもにこやかに笑顔で話をするので、普段真顔でいる時は何だか暗い性格のように感じます。機嫌が悪いと思われることも多いのは、愛想がいい人は普段にこやかな顔しか見ないので、真顔の顔が怖い顔に見えます。そのため怒って見られたリ、くらい性格のように思われることも多いでしょう。一人の時はくらい性格と言うよりは、普通のテンションでいても普段が明るい性格に見られているので、暗い性格だと思われやすい特徴があります。

本音を隠していることが多い

愛想がいい人は誰に対してもにこやかに対応することができるので、自分の本心を隠していることが多いです。相手に対して言いたいことや嫌なことがあっても、笑顔で対応して自分の本心を隠していることが多いです。そのため相手も自分に何か言いたいことがあるとは思わないので、普段通りに接っします。愛想がいい人の本音を探ることは難しく、顔色から判断することはほとんど不可能に近いでしょう。普段からにこやかに対応してくれるので、いつでも機嫌がいいと思いがちですが、誰でも機嫌が悪い時や怒っている時もあります。しかし愛想がいい人に関しては嫌われたくないという思いがあるので、なかなか自分の本音を見せないように笑顔で対応することが多いです。

愛想がいい人の長所

愛想がいい人の周りには人が集まりやすいですが、人とコミュニケーションをとるのが好きという特徴を持っています。普段から愛想がいい人は、自分の長所としてアピールすることもできるでしょう。そこで愛想がいい人の長所について紹介します。

人から好かれやすい

愛想がいい人は人から好かれやすいという長所があります。人から好かれやすいということは、それだけで大きな財産となりますし、仕事だけでなくプライベートでも役立ちます。自分が人から好かれたいと思っても、簡単に多くの人から好かれることはできません。好かれるには一緒にいて楽しいと思えたり、居心地がいいなどいろいろな条件があります。なかなか人から好かれるのは難しいことですが、愛想がいい人は好かれやすいという特徴を持っています。 人から好かれやすいという特徴はそのまま自分の長所としてアピールできます。愛想がいい人はそれだけで周囲の人を明るくしてくれます。コミュニケーション能力にも長けていることが多いので、笑顔が良いだけでなく居心地の良さを感じるでしょう。

人から嫌われにくい

人から好かれやすいということは、人から嫌われにくいという長所もあります。人から好かれることはとても難しいことですが、人から嫌われないようにするのは注意していればできることです。自分が好き嫌いをすることなく、誰に対してもにこやかに対応することができれば、人から嫌われにくくなります。例え自分が好きではないと思っても、普段から愛想がいい人は顔に出にくいので、にこやかに対応することができます。そのため愛想がいい人は笑顔で対応することができるので、嫌われにくくなります。笑顔で話をしてくれる人に対しては好感を持ちやすいので、好かれやすく嫌われにくいのが長所と言えるでしょう。

コミュニケーション能力が長けている

愛想がいい人の周りには人が集まってきますが、自分がコミュニケーションをとるのがスキなので、自然とコミュニケーション能力も磨かれていきます。ただ愛想がいいだけでは人とのコミュニケーションを磨くことはできませんが、人から嫌われたくないという思いから、優しく接することもできます。そのため誰にでも自然相手に優しく対応できるので、相手も好感を持って対応してくれるようになります。お互い好感が良くなれば自然と会話も弾むので、コミュニケーションも円滑になっていきます。愛想がいい人は誰とでもコミュニケーションをとるのがうまいので、より多くの人との関係を深めることができます。

人を巻き込むことができる

愛想がいい人の長所のひとつに、人をうまく巻き込むことができるのも大きな特徴のひとつです。愛想がいい人の周りには人が集まりやすいですが、一緒にいると居心地の良さを感じることが多いでしょう。そんため好感度もいいですし、仲間と一緒にいる時間が多いほど関係を深めることもできます。 愛想がいい人が何か仕事をする時には、きっと周りにいる人も助けてくれるでしょう。そのため愛想がいい人が中心になって仕事をする時に、周囲の人を巻き込んで仕事をすることもできます。こればリーダー気質があるとも言えますが、特にリーダーシップを発揮している訳ではありません。愛想がいいことで周囲の人が好感を持ち、進んで愛想がいい人を助けようとするのです。人を巻き込む力があることは大きな長所のひとつとなるので、仕事やプライベートでも役立つことが多いでしょう。

愛想がいい人の短所

愛想がいい人は好かれやすく嫌われにくいという長所がありますが、逆に短所もあります。相手から好かれたいと思うあまり、つい無理をしてしまうこともあるので、逆に愛想がいいことの短所になってしまいます。そんな愛想がいい人の短所について紹介します。

人によって態度が急変することもある

愛想がいい人は誰からも好かれたいという気持ちがあるので、普段から愛想よく振る舞うことができます。これは愛想がいい人の長所でもありますが、自分が好かれたいと思う人に対して愛想よくすることもあります。愛想がいい人でも中には嫌いな人や関わりたくないと思う人もいるでしょう。そんな人には急に態度を変えることがあります。誰でも愛想良くされれば好かれていると思いますが、愛想が悪くなれば嫌われたと思うでしょう。特に普段から愛想良くしてくれた人が急に態度を急変した時には、嫌われたと確信することができます。愛想がいい人は誰からも好かれたいと思っていると思いがちですが、中には自分に利益がある人だけ愛想よくする人もいます。仕事中に愛想がいい人は、仕事だから愛想良くしているだけなので、プライベートでは愛想良くする必要はないと考えます。自分に利益がないと思う人に対しても愛想よくする必要がないと考えることも多いので、人によって態度が急変することがあるのは短所と言えるでしょう。特にこういったタイプの愛想がいい人は、上司に愛想良くしますが、同僚や部下に対しては冷たい態度を取ることもあるので注意が必要です。

常に愛想よくするので疲れる

愛想がいい人は普段から常に笑顔でいることが自然なのではなく、意識的に愛想良くしていることも多いです。笑顔でいることはなかなか大変なことで、慣れていない人は頬の筋肉がつりそうになることもあるでしょう。とにかく人前で愛想よくするのは大変なことなのです。誰でもテンションが低い時や機嫌が悪い時もありますが、愛想がいい人は常に愛想よくしなければなりません。普段通りにしないと周りの人から心配されるので、対応するのもめんどくさくなります。常に笑顔でいたり微笑んで対応するのは疲れるものなので、愛想がいい人の短所と言ってもいいでしょう。愛想がいい人は根っから人とのコミュニケーションが好きだったり、笑顔を出すのが自然な人が多いです。それでもずっと笑顔で誰にでも対応するのは大変です。

人がいる時といない時の差が激しい

就活で愛想がいいことのアピール方法

就活で愛想がいいことをアピールする方法としては、面接だけでなく会社に足を踏み入れた時から気を抜かないようにしましょう。面接官とのやり取りの中で愛想よくするのは、笑顔で対応したり元気よく答えればできますが、面接以外の場所でも愛想がいいことをアピールすることができます。それは面接ために会社を訪れた際には、いつでもずっと愛想良くしていることです。企業では面接時以外の時の態度を、防犯カメラでチェックしたり、会社内での様子を陰ながら見ていることもあります。普段の過ごし方を見ていれば、ある程度その人のことを知ることができるからです。面接だけでは判断できない部分に関しては、いつ見られているか分かりません。そこで就活している時は常に愛想良くしていることで、いつチェックれても大丈夫なように準備しておきます。誰でも面接官に対しては笑顔でしっかりと対応しようとしますが、待合室や普段の過ごし方ことがその人を知るチャンスなのです。

愛想がいい人に向いている仕事

愛想がいい人はそれだけで人から好かれやすいという特徴があります。仕事では人から好感が持たれた方がいいことも多いので、愛想がいい人に向いている仕事もたくさあります。

一般的なサービス業全般

一般的なサービス業全般の仕事は、どんな仕事でも愛想がいい人に向いていると言えるでしょう。お客さんを対応するため、サービス業では笑顔を大切にしていることが多いです。普段から愛想がいい人は、普通にお客さんと接しても愛想良く思われるでしょう。愛想が良く好感が持たれるほど、商品を売ったりサービスを提供する時にも有利になります。サービス業で笑顔がないと、逆に不快に思ったりするので売り上げも下がってしまうでしょう。サービス業において笑顔はそれほど大切な物なので、普段から愛想がいい人にはサービス業の仕事が向いています。

サービスカウンターや案内係

サービスカウンターや案内係の人は、愛想がいい人に向いています。訪ねてくる人は分からないことがあるので、内心不安に思いながら来る人が多いです。そこで愛想良く対応することによって、相手の不安を取り除くことができるからです。愛想良く案内してもらえれば、気分も良いですよね。人に説明をしたり案内する仕事は、愛想がいい人に向いている仕事のひとつとなります。

受付業務

受付の仕事はいろいろありますが、場所によっては会社の顔になる存在です。受付の対応次第によって、その会社のイメージも大きく変わってくるでしょう。受付の人が愛想良く対応してくれれば、その会社のイメージもアップするでしょう。受付の仕事はその会社の顔になるので、愛想がいい人が好感が良ければ、会社の好感度もアップするのです。

愛想がいい人は得することが多い

誰でも愛想がいい人には好感を持ちますが、好感があればその人に何かしてあげたいと思いますよね。その点愛想がない人は可愛げがないので、得することもなく嫌われやすくなります。愛想がいいだけで得することも多いので、普段から愛想よくすることで自分を見直す良いきっかけになるかもしれません。

関連タグ

アクセスランキング