IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

飄々とした人の8の特徴・診断・相性の良い/悪い性格

更新日:2020年11月08日

ビジネスマナー

「飄々とした人」とは、どのような人のことでしょうか。この記事では「飄々とした人」について、特徴や言動をご紹介しています。また、「飄々とした人になりたい」という方に向けて、飄々とした性格になる方法についても紹介いています。

些細なことへのこだわりを捨てることも、「飄々とした人」へ近づくために必要な要素です。 些細なことへこだわることは、思った以上にエネルギーを浪費しています。「飄々とした人」が醸し出すあの泰然とした雰囲気は、本当に集中すべきことを知っているからこそ溢れ出るものです。

「飄々とした人」は褒め言葉か

「飄々とした人」は褒め言葉と言えるでしょうか。 「飄々とした人」は「つかみどころがない」ながらも、「要領よくこなせる人」です。少し変わったところがあるにせよ、褒め言葉と考えて問題ありません。 ただし、目上の方に直接「飄々とされていますね」と声をかけることはやめましょう。目下の立場から「あなたはちょっと変わり者だけれども」というニュアンスを含む言葉を使うべきではありません。

飄々とした人と相性の良い・悪い性格

ここからは、「飄々とした人」と周囲との関係について考えてみましょう。 弱点のなさそうな「飄々とした人」ですが、相性の良い人や相性の悪い性格の人がいるのでしょうか。

相性の良い性格:おおらかな性格の人

「飄々とした人」と、「おおらかな性格」の持ち主は、とても相性がぴったりです。 「あの人は飄々とした人だ」と理解していて、どこかつかみどころのない言動もおおらかな心で受け入れてくれます。「飄々とした人」は世渡り上手で機微を読める人なので、自分のことを受け入れてくれる「心のおおらかな人」とは特に相性が良いと言えます。

相性の悪い性格:仕切りたがりの人

何でも仕切りたがろうとする人と、「飄々とした人」の相性はあまり良いものではありません。 「飄々とした人」は一見熱意がなさそうに見えても、最後には帳尻を合わせるどころか期待以上の成果を出してくれる人です。ところが「仕切りたがりの人」は、他人のちょっとした遅れを受けれいることが苦手で、「飄々とした人」との相性は最悪と言えます。

信念を持った飄々とした人を目指そう!

この記事では「飄々とした」という言葉の意味や、「飄々とした人」の特徴と診断項目に加え、「飄々とした人」になるための方法を3つ紹介してきました。 「1つだけでも大変なのに、3つもこなすなんて」と感じた方もいらっしゃることでしょう。「飄々とした人」になるためには、「3つ同時にこなさくてはいけない」という些細なこだわりを捨てることです。着実に、自分にできることから改善していきましょう。

飄々と似ている人の特徴を知りたい

初回公開日:2017年03月26日

記載されている内容は2017年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング