IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

飄々とした人の8の特徴・診断・相性の良い/悪い性格

更新日:2020年11月08日

ビジネスマナー

「飄々とした人」とは、どのような人のことでしょうか。この記事では「飄々とした人」について、特徴や言動をご紹介しています。また、「飄々とした人になりたい」という方に向けて、飄々とした性格になる方法についても紹介いています。

特徴6:物事にこだわらない

物事への執着やこだわりがあまりない点もまた、「飄々とした人」の特徴のひとつです。 自分の意見や主張はしっかり持っていますが、基本的に物事や人に対して、強いこだわりや執着を持ちません。友人関係などは、狭く深く築くよりも、広く浅く築くタイプが多い傾向があります。

特徴7:冗談が多い

「飄々とした人」は、よく冗談を言います。 「ユーモアがある」ということも当然ですが、世渡り上手なので「ここで冗談を言っても大丈夫だろうか」という空気を察することが得意です。

特徴8:要領が良い

「飄々とした人」は、物事を要領良くこなします。 バランス感覚が優れているので、まず全体を俯瞰して「これはこのくらいかかりそうだ」といった見積もりをすることに長けています。

「飄々とした人」は、普段はおどけていても「ここぞ!」という場面でバシっと決められる人です。「飄々とした人」も「飄々とした人」に憧れている方も、「with」なら素敵な出会いを演出できます。

飄々とした人かの診断項目

「飄々とした人」かどうかを診断をしてみましょう。6個以上当てはまれば、あなたは「飄々とした人」といえます。 ①あまり執着心はないタイプだ ②メンタルが強い方だと思う ③「自分とはこういう人間だ」と説明することができる ④「つかみどころない人だ」と言われることがある ⑤1人で行動することは苦にならない ⑥物事へのこだわりはあまり強くない ⑦冗談を言うのが好きだ ⑧自分でも要領は良いタイプだと思う

飄々とした人になる方法3つ

物事をサラっとこなせる「飄々とした人」に憧れている人も少なくないでしょう。 ここからは「飄々とした人」に近づくための方法を3つ紹介します。全て同時に行うことは難しいので、まずは何かひとつ自分にできそうなことから始めてみましょう。

方法1:ゆずれない信念を持つ

「飄々とした人」になるために、ゆずれない信念を持ちましょう。 「飄々とした人」が身軽に見えるのは、どれだけ迷っても「自分はこういう人間だ」という強いポリシーを持っているからです。往々にして、自分という人間を説明するには「自分の好きなこと」を掘り下げていくことが役に立ちます。

方法2:他人からの評価を気にしない

「飄々とした人」になるためには、他人からの評価を気にしすぎないことも大切です。 他人からの評価は、あくまでも一時的なものです。一時的ということは、「後からいくらでも変えられる」ということを意味しています。

方法3:些細なことにこだわらない

初回公開日:2017年03月26日

記載されている内容は2017年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング