IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「自分を出せない人」の特徴と性格・職場での改善方法

更新日:2020年11月08日

ビジネスマナー

自分を出せない人とは、どのような人なのでしょうか?また、どうすれば改善できるのでしょうか?このページでは、「自分を出せない人」をテーマにして、自分を出せない人の特徴や自分を出せない性格・自分を出しづらい職場の改善方法をご紹介しています。

自分を出せない人の特徴や言動について上記でご紹介しましたが、どのようにすれば自分を出していけるようになれるのでしょうか? 続いては、自分を出せない性格を改善していく方法について考えていきたいと思います。

自分を出せない性格の改善方法【1】:嫌われても良いことにする

自分を出せない人の中には、孤立したり嫌われたりするのが嫌で、他人の意見ばかり優先している人もいらっしゃると思います。 しかし、そのような関係を、本当に友人や友達と言えるのでしょうか?相手からすれば、主張や要望はせずに、自分の希望ばかり聞いてくれる、「都合の良い人」になっている可能性があります。 自分を「都合の良い人」として扱っている人と、窮屈な思いをしてまで付き合うメリットはあるのでしょうか?中には、出世やコネの為といった目的がある場合もあるかもしれませんが、基本的には、そのような人と仲良くなった所で、メリットはほとんどないと考えられます。 自分のことを「都合が良い人」として扱っている人であれば、嫌われてもそんなに痛手にはならないと思います。ですから、嫌われても良いと開き直って、思い切って自分の要望や意見を言ってみることをします。 それで離れていくようであれば、やはりその人は「都合が良い人」として自分のことを利用していただけの人だったということです。

自分を出せない性格の改善方法【2】:徐々に自分を出していく

「自分を出す」と言っても、いきなり自分の本音や主張をありのままに出していくのは、なかなか勇気がいることだと思います。 そこでしたい方法が、段階を付けて徐々に自分を出していく方法です。反対意見や注意などをするのは、自分を出せない性格の人でなくても勇気が必要なことなので、最初から反対意見などを言う必要はありません。「自分はこう思います」など、最初はあくまでも自分の意見を言えるよう、練習していく所から始めてみるのです。 そして、徐々に自分の希望や主張をよりはっきり言えるように、場数を踏んで慣れていきましょう。

自分を出せない職場について

自分の性格や特定の個人が原因なのではなく、職場の決まりや雰囲気で、なかなか自分を出せないというケースもあると思います。職場は、毎日出勤して働く、1日の大半を過ごす場所なので、その間ずっと自分を出せないとなるとなかなか息苦しいものですよね。 自分を出せない職場の場合、どのようにすれば改善することができるのでしょうか?続いては、自分を出せない職場について考察していきたいと思います。

自分を出せない職場【1】:1人でも良いから自分を出せる味方を作る

せめて1人だけでも、素の自分を出せる味方がいれば、自分を出せない職場の窮屈な雰囲気も、大きく変わるでしょう。 相手は、上司や先輩、同僚や後輩、どのような人でも構いません。できれば、価値観や物の考え方、趣味などが似ている人が良いでしょう。仕事以外の話も楽しくできる相手だと、話も盛り上がりますし、ありのままの自分を出しやすくなります。 直感で、「話し掛けやすそう」と感じた人を選ぶのも、1つの方法です。第一印象で「話し掛けづらそう」と感じた人は、実際に話す際もついつい警戒したり硬くなったりしてしまいがちです。反対に、話し掛けやすそうだと感じた人であれば、無意識のうちにリラックスして話すことができ、素の自分も出しやすくなる可能性があります。

自分を出せない職場【2】:挨拶をする

自分を出せない人は、自分を出せる相手や場所を見つけよう!

いかがでしたでしょうか?今回は、「自分を出せない人」というテーマで、自分を出せない人の特徴や、自分を出せない性格・自分を出しづらい職場の改善方法などについて考察しました。 自分を出すということは、勇気が必要なことです。また、全ての人が自分を出して人と接していたら、人間関係は成立しないでしょう。ですから、「自分を出せない」ことは、悪いことではありません。 しかし、自分を出せない状態が続くと、イライラしたり、窮屈に感じたりすることも多くなります。周囲の全ての人に、いつも素の自分を出して接する必要はありませんが、やはり1人くらいはありのままの自分で接することができる人や、どこか素の自分で過ごせる場所は必要になってくるでしょう。 「なかなか自分を出せない」という方は、ぜひ自分を出せる相手や場所を見つけて、不満やイライラをため込まないように工夫してみて下さいね。

今の職場環境が自分に合わず、つらかったら。

今の職場は、自分に合っていないのかもしれない...」 「もっと良い条件の職場で働きたい...」 そんな悩みを抱えている人は、他の労働環境や条件について知る機会を持ってみましょう。 今の職場身につけたスキルは、転職時に高く評価されることもあり、転職によって年収が上がる可能性も大きいです。 「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」と心配な場合は、転職エージェントに聞くことで知ることができ、かつ自分に適した環境を提案してくれるでしょう。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントのをチェックしましょう!

初回公開日:2017年03月26日

記載されている内容は2017年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング