IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「自分を出せない人」の特徴と性格・職場での改善方法

初回公開日:2017年03月26日

更新日:2020年11月08日

記載されている内容は2017年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスマナー

自分を出せない人とは、どのような人なのでしょうか?また、どうすれば改善できるのでしょうか?このページでは、「自分を出せない人」をテーマにして、自分を出せない人の特徴や自分を出せない性格・自分を出しづらい職場の改善方法をご紹介しています。

窮屈?息苦しい?自分を出せない人の特徴と改善方法

窮屈?息苦しい?自分を出せない人の特徴と改善方法
※画像はイメージです
出典: https://www.pakutaso.com

人付き合いをしていて、「何だか窮屈だな」「息苦しい…」と感じたことがある方は、少なくないと思います。人と付き合うということは、全てが自分の思い通りにいくわけではなくなるということ。時には、相手に合わせて、相手の要望や希望を優先させなければ、人間関係が成り立たないこともあるのです。 特に、社会人の場合は、上下関係などもある為、プライベートや学生時代の人間関係以上に窮屈な面も多いことでしょう。時には、自分の意志や希望を押し殺して、相手の要望などを受け入れなければならない場面も多く、自分を出せない方もたくさんいらっしゃると思います。 今回は、そんな「自分を出せない人」がテーマです。人間関係において自分を出せない人の特徴や、どうすれば自分を出すことができるのか改善方法などをご紹介していので、ぜひお目通し下さいね。

「自分を出せない」状態とは、息苦しくて窮屈なこと

「自分を出せない」状態とは、息苦しくて窮屈なこと
※画像はイメージです
出典: https://www.pakutaso.com

どのような状態が「自分を出している」状態で、またどうなっていると「自分を出せない」状態なのかは、個人の感じ方や考え方によって大きく異なると思います。ですから、同じような環境であっても、「自分を出せない」と窮屈に感じる人もいれば、特に何も感じない人もいることでしょう。 その為、「自分を出せない」という状況を言葉で定義することは、難しいと考えられます。 しかし、人と話していても言いたいことが言えなかったり、本当は望んでもいないことに賛成したりする状況が続き、「窮屈だ!」「息苦しい!」と自覚するようであれば、それは「自分を出せない」状態であると考えられます。 また、「本当はこうなのにな…」「本音が言えるならこう言ってやるのに」などと悶々と考えてしまうことが多いようであれば、そのような状況もまた「自分を出せない」と言えるでしょう。

自分を出せない人の特徴

自分を出せない人の特徴
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

では、どのような人が自分を出せない状況に陥りやすいのでしょうか?続いては、自分を出せない状況や状態に陥りやすい人の特徴や言動について考察していきたいと思います。 最近、人間関係に息苦しさを感じていたり、本音が言えずにイライラしていたりする方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

自分を出せない人の特徴【1】:周りに気を遣い過ぎる

周囲の人に対して、気を遣い過ぎてしまうと、自分の意見や希望を言いにくくなってしまいがち。自分が意見することで、他人を傷付けたり、自分の希望がワガママと受け取られたりしないかなど、周囲の顔色を優先してしまうと、周りの意見に合わせるしかなくなり、自分の主張や意見を言えなくなってしまうのです。人付き合いをするということは、他人に気を遣うことでもあるので、多少は仕方ないと言えるでしょう。 しかし、周囲への気配りも度を越えると、気を遣い過ぎて自分自身を追い込むことになってしまいます。ですから、気配り上手な人や気遣いが細やかな人の中には、自分を出せない人が一定数いると考えられます。

自分を出せない人の特徴【2】:権力に弱い

社会人になると、上下関係を意識した人との接し方をする必要があります。 しかし、上司や目上の人だからといって、間違った判断や誤った選択をしないというわけではありません。言葉を選ぶ必要はありますが、上司や目上の人であっても、時には意見を言うことが大切です。 しかし、自分を出せない人の中には、上司の過ちや目上の人の間違いに気付いていても、権力に弱い為に自分の意見や主張を言えない人もいるようです。「反対したら出世に響くかもしれない」「意見を言って目を付けられたらどうしよう」などと考え、ついつい上司や目上の人に対して「イエスマン」になってしまう人も少なくはありません。 確かに、上司や目上の人に本音や意見を言うのは勇気がいることがですが、権力や上限関係ばかりにとらわれすぎてしまうと、自分を出せなくなり、窮屈に感じてしまう可能性もあるというわけです。

自分を出せない人の特徴【3】:孤立するのが嫌

職場や学校のクラスの友人と複数で行動している場合、内心では嫌だと思っていたり、別なものを望んでいたりしても、周囲の意見に合わせてしまうという方も、少なくないと思います。そのような人の場合は、孤立したり仲間はずれにされたりするのが嫌で、自分を出せないでいるようですね。 確かに、「多数決」が立派なコミュニケーション方法にもなっているように、大人数の意見が優先される仕組みは、さまざまな所に導入されています。友人との関係においても、多数決のように大人数の立場にある方が有利になるシーンは多いので、ついつい大人数の意見や考えに従ってしまう気持ちも、分かる方は多いと思います。 しかし、本音や希望も言えない友人たちが、本当の友達と呼べるかどうかは、また別の問題です。他人の意見に従っていれば、孤立することはないかもしれませんが、自分を出せないままだと、いつまで経っても、それ以上に深い友情を築くことは難しいかもしれませんね。

自分を出せない人の特徴【4】:流されやすい

優柔不断であったり、他人の意見に流されやすかったりする人も、なかなか自分を出せない可能性があります。 自分ではAの方が良いと思っていても、他人が Bと言うと、Bの方が良く見えてしまうというタイプの方は、最終的には自分よりも他人の意見や選択を優先させてしまいやすいので、なかなか自分の意見を言ったり主張をしたりすることができません。 とはいえ、他人の意見を優先させる選択をしているのも自分なので、この場合は自分を出せないことに対して、あまりイライラしたり窮屈に感じたりすることは少ないかもしれませんね。

自分を出せない性格の改善方法

自分を出せない性格の改善方法
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

関連タグ

アクセスランキング