IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職場に咳払いがうるさい人がいる場合の対処法・上手な注意の仕方

更新日:2020年10月02日

転職の悩み・不安

咳払いがうるさい人がいると、何だか不快に感じますよね。咳払いをすることは自然現象ですが、意識をして咳払いをすると何だかイラっとすることもあります。なぜ咳払いをするのでしょうか。咳払いがうるさい人の特徴や心理について紹介します。

咳と咳払いの違いとは?

咳と咳払いの違いについてあまり明確には決まっていないようです。咳は喉の違和感によって咳をしてしまいますが、生理現象とも言えます。咳払いも喉に違和感がある時に、異物を取り出そうとする行為です。また咳払いは喉の調子を整える働きとして、口を閉じて咳をすることもあるので、意識的に行うこともあります。そのため喉の調子を整えるだけでなく、人の注意を引くために意識的に咳払いをすることもあります。一般的には咳は生理現象と思っていますが、咳払いは意識的にするものという意識が強くなっています。そのため咳払いはあまり良いイメージがなく、不快に感じる人も多いようです。

なぜ咳払いがうるさいと不快に感じるのか

咳払いが不快に感じる原因としては、いくつかの理由があります。咳をするのは誰でも行う生理現象ですが、あまりいい印象はありませんよね。自分にとっては喉の調子を整えたり、つっかえている異物を取り除く効果があります。しかし他人にとってはうるさいですし、不潔で汚いといった印象を受けるでしょう。咳をすること自体が普通の状態ではなく、風邪をひいているかウイルスによって喉の調子が悪いと想像できます。しかも1度だけなら我慢することができますが、何度もやられると不快に感じてしまうでしょう。不衛生ですしウイルスをまき散らしているイメージがあるので、良い印象を持つ人は少ないはずです。咳払いも何度もやられると不快に感じるので、するなら時と場所を選んだ方がいいでしょう。

職場に咳払いがうるさい人がいる場合の対処法

咳払いがどうしてもうるさいと感じる時は、何とかして対処したいですよね。しかし面と向かってうるさいと言ってしまうと、トラブルの原因にもなってしまいます。相手もやりたくて咳ばらいをしているのではないこともあるので、なかなか言いにくいものです。また先輩などにも咳払いを注意するのは難しいので、どうすれば咳払いがうるさい人を対処することができるのでしょうか。

のど飴をプレゼントする

咳払いがうるさい人には面と向かってうるさいと言えないので、プレゼントを使って対処してみましょう。職場では喉の調子が悪ければ、のど飴くらいなら舐めても許されることもありますよね。そこで上司に断りを入れてから、咳払いがうるさい人に対してのど飴をプレゼントしてあげましょう。「喉の調子が悪そうなので、良かったら舐めてください。」と一言付け加えれば、大体の人は察しがつくでしょう。鈍感な人に対してはもっと直接的な言葉を使ってもいいでしょう。「咳払いのし過ぎは喉が余計悪くなるので、飴を舐めて咳払を止めてくださいね」と言えば、かなり直接的な言葉で言えます。飴をプレゼントしているので、相手も怒るよりも感謝してくれるはずなので、咳払いがうるさいと気づいてくれるはずです。

飲み物の差し入れ

喉の調子が悪い時は喉に潤いを与えた方がいいので、咳払いが酷い人には飲み物を差し入れしましょう。「ずっと咳払いしてるので、心配だから飲んで喉を労わってください。」などと言って飲み物を差し入れれば、相手も咳払いに対して気を配ってくれるでしょう。意識的に咳払いをしている人ならば、うるさいと気づいてくれるはずです。生理現象として咳払いをしている人ならば、飲み物を飲むことで喉の調子を整えるのに効果的なので、咳払いも少し落ち着くでしょう。何か差し入れをすることによって、直接的に相手に注意を促しやすくなります。ただ咳払いがうるさいと言ってしまうと、相手とトラブルになるので注意しましょう。

マスクをプレゼントする

咳と言えばマスクをイメージする人は多いでしょう。咳払いがうるさい人に対しても、マスクをプレゼントすることで、咳払いに気を配ってほしいとアピールすることができます。マスクをするのは黙っていなければいけないというイメージもあるので、静かにしようと思います。マスクをしながら話をする人は少ないので、自然とマスクをすれば静かにしようと思うのです。そのため咳払いがうるさい人に対しても、マスクをしてもらうことでうるさいと認識してもらうと共に、本人も静かにしておこうという気持ちにさせることができます。咳払いは風邪のひき始めの時のも出やすい症状なので、相手の風邪を心配してマスクを渡せばスムーズに受け取ってくれるでしょう。他人には咳払いを意図的にやっているのか、風邪によって喉が調子が悪いのかは分からないので、あくまでも体調を心配してあげると相手もスムーズに受け入れてくれるでしょう。

耳栓をつけるか他の場所で仕事をする

咳払いがうるさい時に止めて欲しいと思っても、なかなか言えない時もありますよね。上司が咳払いをしていたり、風邪をひいている人に向かっては、咳払いがうるさいとは言えないでしょう。そんな時は咳払いが気にならないように、耳栓をしてみるのもです。職場では音楽を聞いて仕事ができる会社は少ないので、せめて耳栓をして咳払いの音を聞かないようにしましょう。耳栓をしていれば周囲の音を遮断することができるので、仕事にも集中しやすくなるので一石二鳥です。 また可能ならば咳払いをする人がいない場所に移動するのも有効な方法です。咳払いをする人にうるさいことを伝えにくい状況ならば、自らその場所を離れるしかありません。咳払いをする人の中には意識的にしたりクセになっている人もいるので、なかなか止められないという人もいるでしょう。相手の行動を変えるよりも自分がその場から離れられるのであれば、他の場所で仕事をするのもいいでしょう。

上司に相談をしてみる

咳払いをしている人に直接言葉を掛けるとトラブルになる可能性もあります。そこで職場の上司に相談をすることで、円滑に対処してもらうようにしましょう。例え上司でも直接咳払いに対して言葉を掛けるのは難しいですが、他の人が仕事に集中できないとなれば、何らかの対策を考えなければならないでしょう。例えば咳払いが止まらない社員に対して、休憩を促して喉を潤させたり、仕事に集中できないからとストレートに言ってもいいでしょう。上司なので仕事のことを考えると、直接的な言葉を掛けてもいいはずです。またあまりにも咳払いがうるさい場合には、症状が良くなるまで家で休ませるのもひとつの方法です。体調を心配して咳払いがうるさい人を休ませるのも、上司の判断次第で促すこともできます。仕事に集中できない状態ならば、やはり上司に相談をして対処してもらうようにしましょう。

咳払いがうるさい人の注意の仕方

咳払いがうるさい人に対して、声を掛けるのはなかなか勇気がいることです。意識的にやっているのであれば言いやすいですが、上司や先輩だと注意することもできないでしょう。また本当に喉の調子が悪いのかもしれないので、あまりキツイ言葉を掛けることはできません。しかし注意をしないと周りの人が仕事に集中できないので、しっかりと注意をすることも職場では必要なことです。そこで咳払いがうるさい人への注意の仕方について紹介します。

喉の心配をしてあげる

次のページ:咳払いのうるさい人対策とは?
初回公開日:2017年03月26日

記載されている内容は2017年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング