IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

正しい〆の書き方とマナー|〆の書き方の・〆を書く目的は?

更新日:2020年05月29日

ビジネスマナー

手紙を出す時、封を閉じた後ちゃんと〆マークを書いていますか?正しい書き方を知っていますか?現在はそもそも手紙を書く人も少ないと思いますが、ビジネスシーンではまだまだ資料や招待状などを送付する機会があります。今回は〆マークの書き方に注目してまとめました。

〆の書き方

マナーやもちろんルールというほどでもありませんが書き方に注意しないと、漢字のしめ“〆”ではなく記号のバツ“×”や、カタカナの“メ”に見えてしまう場合があります。一画目の斜めの線を、“ノ”のように下向きに反らしてしまうと書きあがったときに“メ”のように見えるので、書き方としては、直線的か若干上向きのそりを持たせると読みやすくかけると思います。 また二画目を一画目と同じ長さにしてしまうと、“×”マークになってしまうのでこれも気をつけるべきでしょう。ボールペンなどで書く場合は、元々が二画の漢字なので無理につなげて書く必要も無く、途切れていても問題ありません。

マナー違反?

検索サイトなどで“〆”を検索すると、検索候補にマナー違反なんてものがあったりします。 これはおそらく、上記横書き封筒や海外宛の封筒のマナーに関連するものであるのでしょう。“〆”は漢字それも国字なので、日本国外では通用せず、記号としての×と読んでしまうのです。

様々な封字

封字は〆だけではない

これまでの説明に封字として〆や緘が出てきましたが、それ以外にも様々な封字があり、 場合によっては使い分けできるといいかもしれません。

しめ。もっとも無難です。書き方に注意が必要ですがこれをつかっておけば間違いはありません。

同じくしめです。〆は締の略語で、見たとおり締めるという意味です。

すこし改まった場合に使うと良いでしょう。封じるという意味で、〆マークの丁寧な書き方といえるでしょう。

“かん”と読みます。糸偏があることから分かるように、意図などできつく封じている意味合いです。内容が重要な書類などに使いますし、封緘印の字もこれです。

寿

婚礼などのお祝い用に使われる書き方です。

初回公開日:2017年03月30日

記載されている内容は2017年03月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング