IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

プロフィールの書き方|ビジネスにおけるプロフィールの書き方例

更新日:2020年06月11日

ビジネスマナー

プロフィールの書き方についてさまざまなシチュエーションを踏まえてポイントと一緒に紹介していきます。自分らしいプロフィールを書くためにはどうしたら良いのかを説明しています。プロフィールの書き方を見直すことは自分と相手のことを知る良いきっかけにもなります。

フリーランスのプロフィールの書き方

フリーランスの場合は職種も様々になります。プロフィールを書く上で大切なのは一般的な人には見えにくい特徴を表現するということです。フリーランスの場合は個人の特徴を全面的に打ち出す必要があります。場合によってはチームではなく、1人で営業したり、会計をしたりということも考えられますから、スキルも必然的に多く身に着けている場合があります。その場合は文章にまとめるのではなく、箇条書きにする書き方をお勧めします。自分ができるスキルをまずは書き出してみましょう。

フリーランスは自分で仕事を得ることが出来なければ意味がありません。自分のスキルを相手に分かってもらう必要がありますし、他の人との差別化がなければ自分のところに仕事は入ってきません。周りから見ても独創的で、仕事を頼みたいと思えるような履歴書づくりが必要になります。自分の事をよりよく知っていなければ書けないことも多いです。自分自身のスキルももちろんですが、自分の人間性についても同時に見直すと仕事を依頼したり、受注したりするときに大変役に立ちます。 フリーランスの場合、クライアントが見ているのは信頼できる人物であるかどうかということです。内容から、誠意が伝わってこなければ仕事は回ってきません。そのためにも、自分の様々な側面についてより相手にわかりやすく伝える必要があります。

書き方のポイント

書き方の5つのポイントを箇条書きにすると以下のようになります。 1簡単な自己紹介 2自分のスキル 3相手のニーズを踏まえた自分の貢献度 4自分の誠意 5ユニークポイント

書き方の内容を詳しく説明していきます。1簡単な自己紹介をしたうえで、2自分のスキルについて説明します。3相手のニーズを踏まえた自分の貢献度や自分が相手にとってどんなふうなメリットがあるのかということをより詳しく言及できるといいです。4自分の誠意は相手からの信頼を得る上で非常に大切です。5ユニークポイントはスキルのみならず、自分の趣味などについても触れるとよいかもしれません。相手との共通の話題は新しい人間関係構築には欠かせません。

人と仕事を引きつけるプロフィールづくりはフリーランスに必須

相手を引きつけるような趣味であれば教えて欲しいという依頼がくるかもしれません。近年、ソーシャルデザインという言葉も聞かれるようになってきましたが自分自身をデザインする能力はプロフィールを書く能力と密接に関係していると考えられます。自分の魅力をいかに相手に伝えることが出来、どのくらい社会貢献になるのかということはクライアントも注目しています。自分ができること、したいことと相手のニーズを大切にしたプロフィールの書き方を習得することはフリーランスにとって必須です。

個人SNSのプロフィール の書き方

ここでは個人SNSのプロフィールの書き方について説明していきます。SNSは不特定多数の人が自分のプロフィールを目にすることになります。読んだ時にその人の人間性が分かるような内容にすることは言うまでもありません。また、そのSNSにおいてのターゲットは誰なのかと言う事を考えるとより良いプロフィールになるでしょう。例えばバンドが趣味で、そのことを主に発信したい時は、プロフィール内に自分がどの楽器を何年やっているのかということや自分の好きなバンドを紹介するような文章をプロフィール内に入れると良いでしょう。

書き方のポイント

SNSでは不特定多数の人が検索をかけて似たようなプロフィールを持つ人を探すこともあります。キーワードを箇条書きにしてしまうのも良いでしょう。Twitterなどは特に投稿の文字数や、プロフィールの文字数も限られています。プロフィールとして書き込む内容を精査する必要があります。ツイートを固定することもできますから、自分のプロフィールを文字内にまとめて固定してしまうのも良いかもしれません。多くの人と交流できるチャンスです。自分のプロフィールを充実させて、SNS内でのコミュニケーションも円滑で楽しいものにしたいです。

名刺のプロフィールの書き方

名刺に書くプロフィールの書き方は主に 1,顔写真 2,肩書き 3,自己紹介 4,事業目的・内容 5,オファー 6,ユニークさ の6つをいれると良いです。一つずつ説明していきます。

1顔写真はもちろん自分の写真になります。しかし、自分の写真ではなく、自分を模したキャラクターなどを載せるのも良いかもしれません。相手の目を引くようなキャッチーなキャラクターであればなおのこと印象が上がるでしょう。

2肩書があったほうが人は信頼しやすいのは確かです。特にフリーランスの場合は肩書があると相手からの信用も得やすいでしょう。わかりやすい肩書は相手も仕事の依頼がしやすいです。もしもわかりにくい資格や肩書を持っている場合は何か分かりやすい説明が必要になるかもしれません。

3自己紹介はいつもどおり名前、生まれ、年齢等自分の最低限の個人の情報になります。名刺のサイズも大きくはないのでできるだけ簡潔にまとめましょう。

初回公開日:2017年03月16日

記載されている内容は2017年03月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング