IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

プロフィールの書き方|ビジネスにおけるプロフィールの書き方例

初回公開日:2017年03月16日

更新日:2020年06月11日

記載されている内容は2017年03月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスマナー

プロフィールの書き方についてさまざまなシチュエーションを踏まえてポイントと一緒に紹介していきます。自分らしいプロフィールを書くためにはどうしたら良いのかを説明しています。プロフィールの書き方を見直すことは自分と相手のことを知る良いきっかけにもなります。

プロフィールを上手く書きたい!

プロフィールが上手にかけるといいなーと思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、書き方が分からずにもがいている人もいることでしょう。3月ももう半ば。4月から新しい仕事や環境で生活する人もいるかと思います。そこで今回はプロフィールの書き方やポイントについて詳しく触れていきたいと思います。

プロフィールとは

プロフィール プロフィール、プロフィル(仏: profil、フランス語発音: [prɔfil] プロフィル)、プロファイル(英: profile、英語発音: [ˈproʊfaɪl] プロウファイル) 一般名称[編集] 横顔。ときに輪郭画で描いたもの。 側面図、断面図。もっぱら「プロファイル」と呼ばれる。 プロファイル加工で作られる、シート状の材料の表面の凹凸。 形鋼の横断面。H形鋼のH字型など。 切土と盛土で形成される面の横断面。道路や鉄道では中心線に沿ってプロファイルを図示する。 パイプラインなどの高さの変化の図示。 人物の略歴。「横顔」とも。プロファイリングも参照。 プロファイル (標準化) プロファイル (認知言語学) ユーザープロファイル(英語版) - ユーザーアカウントごとに保存された個人情報。

実際は横顔から見た時の輪郭やその様についてのことを言うようです。違った角度から見た人物評ということからも、第三者の目線で評価した人物像だということがわかります。どうしても自分自身のこととなると主観的になりがちでプロフィールの内容も膨らみにくいこともあります。他者から自分がより分かりやすい形で伝わるにはどのような書き方をすれば良いのかということに焦点を当てる必要がありそうです。

自己紹介とは

プロフィールと自己紹介を混合している人もいるかもしれませんが、少し意味合いが違います。よって書き方もそれぞれちがいます。

自己紹介 自己紹介(じこしょうかい)とは、初めて会う人などに、姓名・職業などを述べ自分が何者であるかを説明すること。 普通は“よろしく”という挨拶の意を兼ねる。その方法は大勢の前での口頭によるもの、名刺を差し出して行うもの、電話で自分の所属・地位・名前を述べるものなど様々である。 自己紹介が可能な部分はあくまでも自身の認識している範囲内であるため、相手は自己紹介する本人が自分を見る見方を受け取らざるを得ない。基本的に自分の事を知らない人間に自分を知ってもらうための行為である。その相手には、例えば新しい友人や恋人、仕事での同僚や上司や部下、時には新しい家族であることもある。

自己紹介というのは自分自身を知ってもらうために相手に言い知らせることを指している事がわかります。自分自身が知っている範囲の自分の姿を簡単に紹介するのが自己紹介ということになります。

ビジネスにおけるプロフィールの書き方

ビジネスにおけるプロフィールの書き方はまず、自分がどういうことが出来る人間なのかということを知らせる必要があります。自分の持っている資格や技能について説明することが必要ですし、自分のその資格や技能をどのように活かす事ができるのかということも伝えられるとより、相手にも伝わりやすくなります。ビジネスでのプロフィールの場合は相手が自分の「スキル」について知りたがっている場合が多いのでそのことを中心にしてプロフィールづくりをすれば良いでしょう。 また、転職した際の書き方としては前職での実績や成果についても触れた上で自分が新しい会社でどのようなスキルを発揮できるのかというアピールにもつながります。自分自身のことももちろんですが、それ以上にまずは相手の会社のニーズを知ることが必要です。その上で自分も相手もマッチングが図ることができるようになります。相手が想像しやすい分かりやすい書き方にすることも必要になってくるでしょう。

書き方のポイント

履歴書のような欄に書く場合と口頭で伝える場合とでは書き方がだいぶ変わってきます。上記を参考にして書き方のポイントだけを絞って箇条書きに書き方をまとめてみると、 1簡単な自己紹介 2自分のスキル 3相手のニーズを踏まえた自分の貢献度 4自分の誠意 主にこの4点がポイントになるでしょう。 1の自己紹介についてはあくまでは自分自身が主体目線で話をします。簡単な内容は自分の名前、生年月日、どこから来たのか、挨拶などになります。 2、3は自分自身のスキルの紹介と相手のニーズとの照らし合わせを行うことです。ここで相手が思わず頷くような貢献度を示すことが出来ればかなり印象に残りやすいと思います。大切なのは相手の立場になって考えることです。自分よがりなスキルの発表では、あいても「だからうちではなにができるの?」と思ってしまうこともあります。 4では自分自身の仕事に対する誠意やそれまでの社会経験を踏まえた上での締め括りの言葉を付け加えるといいでしょう。自分の経験に基づいた話はビジネスパートナーを選ぶ際には重点におくポイントの1つです。実績だけではなく、その経験を元にした話は相手を納得させ、よりよい関係を構築することにつながります。

話し方のポイント

就職試験や面接等時間が限られた中で「プロフィールを教えて下さい」と言われることもあるかもしれません。または「自己PRをお願いします。」と言われることもあるかもしれません。これは自己紹介をしてほしいというよりかは、第三者からみて自分がどのような人間で何が出来るのかということを教えてほしいということを相手から要求されています。話す内容は書き方の4つのポイントを押さえていれば概ね良いでしょう。 しかし、時間が短い場合がほとんどです。会社によっては話している途中に切られてしまう場合もあります。端的にわかりやすく、尚且つ印象深く残す必要があります。話すためのスキルも必要になることはもちろん、文章を棒読みするような話し方ではなく、相手に伝えようとする誠意が話し方ができるようにすることが必要でしょう。また、相手の会社よりも自分のスキルが勝っているように感じてしまい、相手の会社の悪い点を列挙して自分のスキルを押し売りしてしまうようなプロフィール紹介は印象も悪いです。自分のプロフィールはあくまでも第三者の目線から誰から見てもわかりやすく、印象が良いものにしていきたいです。

関連タグ

アクセスランキング