IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

刑務官の給料と手取り・大卒/高卒での違い|刑務官の給料は安い?

更新日:2022年12月04日

職種研究

皆さんは、「刑務官」という職業をご存知ですか?聞いたことがあるという方でも、「刑務官」がどのような仕事でどのくらいの給料がもらえるのかまではあまりイメージが湧かないと思います。今回は、そんな「刑務官」の給料事情を中心に「刑務官」とは一体何なのかを見ていきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

「刑務官」とは

皆さんは、「刑務官」という職業をご存知ですか? あまり聞きなれないワードかもしれません。また、もし一度は聞いたことがあっても、「刑務官」が一体どんな職業なのかはあまりイメージができないなんて方も多いのではないでしょうか? 今回は、そんな「刑務官」の給料事情について様々な観点から考察していきたいと思います。しかし、いきなり「刑務官」の給料事情について話しても想像しにくいと思います。まずは「刑務官」という職業がどんなものなのかを皆さんに軽くご紹介したいと思います。

「刑務官」の給料事情

ここまでで、「刑務官」がどんな職業なのか何となくイメージが湧いたかと思います。では、ここからは今回のテーマでもある「刑務官」の給料事情について皆さんにご紹介していきたいと思います。 まずは、平均年収という点から「刑務官」の給料事情について見て行きましょう。

「刑務官」の平均年収はだいたい610万円~630万円程度

早速ですが、「刑務官」の平均年収は一体どのくらいなのでしょうか? 結論から言うと、「刑務官」の平均年収はだいたい610万円~630万円程度です。日本の給与所得者全体の平均年収が、だいたい300万円~400万円程度なので、それと比べると「刑務官」の平均年収である610万円~630万円という給料は、比較的高めであると言えます。 「刑務官」は公務員扱いとなりますが、その中でも給料はかなり高く設定されています。その理由としては、業務内容の過酷さや責任の重さなどから、「刑務官」の給料は一般的な行政の公務員よりは12%増し程度の額に設定されているからです。 さらには、公務員、中でも特に「刑務官」は、基本的に民間のような不況の影響による給与の大幅削減やボーナスカットは極めてまれです。また「刑務官」は、勤続年数が長くなり、昇進試験に合格することで役職が上がります。階級が上になってくると年収が800万円を超えることも可能になってきます。 ちなみに「刑務官」の初任給の平均はだいたい18万円~19万円程度とされています。20代の月々の平均給料はおよそ25万円前後、30代だと月々の平均給料はおよそ27万円前後、そして40代の月々の平均給料はおよそ30万円前後になってきます。

「刑務官」の平均手取り額はだいたい38万円程度

次は、「刑務官」の平均手取り額について見て行きましょう。 先ほどご紹介した、「刑務官」の平均年収である610万円~630万円から計算すると、「刑務官」の月々の平均手取り相場は、だいたい38万円前後になります。 やはり日本の給与所得者全体の平均手取り相場と比較すると、「刑務官」の平均手取り相場は比較的高いことがわかります。 もし希望する手取り額や条件がある方は、その希望に合った求人がないかエージェントに相談してみるといいでしょう。希望する企業の内定を確実に掴み取れるようにサポートしてくれるのもエージェントの強みです。

給料に大卒と高卒とで差は出るの?

次のページ:「刑務官」の場合は、給料に学歴は関係ない
初回公開日:2017年02月24日

記載されている内容は2017年02月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング