IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

農学部に有利な就職先10選・給料別5選|取得できる資格14個

職種研究

農学部の就職先にはどのようなものがあるでしょうか?ここでは農学部の主な就職先一覧や有利な就職先、農学部から公務員への就職でおすすめの就職先給料別の農学部からの就職先就職に有利な資格や農学部から就職する場合の主な仕事内容についてまとめてみました。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 農学部の就職先は、農業関係・動物/食品関係・一般企業とさまざま
  • 選択肢が多いからこそ資格などの選択が重要に
  • JAIC」で今からあなたに合った会社を探そう

農家や食品会社以外にも実は多くの選択肢がある農学部ですが、研究に没頭してきた理工学部や、ビジネス系の知識がある商学部などに比べると、不利になることがあるかもしれません。しっかりと情報を集め、対策をしておきましょう。 食品会社の研究職から土木まで、大学で学んだ知識を活かせる業界はたくさんあります。自分の好きなこと、やりたいことを考えて、悔いのない就職活動をしましょう。 もし不安なら、就職支援の専門家に相談してみましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

農学部の就職状況とは

農学部の就職状況とは

農学部というと農業などの一次産業に関する学問について学ぶ所、就職先も一次産業関連の限定されるというイメージをお持ちではないでしょうか?その為、農学部は就職に強くないというイメージを持つ人も多いかもしれません。 しかし、ある農学部の求人倍率は2倍以上と一般的な大学の求人倍率を大きく上回っているそうです。企業の農学部に対する関心の高さを表していると言えます。 これは最近の食品関連の事件、事故などを背景に、食や環境、健康といった身近なことに対する意識が高まっていることも要因の一つとして考えられますが、農学部学生の質の高さに注目しているのです。 近年は就職に有利であるためか、女性の希望者も増えており、農学部を題材にしたマンガも人気になるなど、知名度も上がってきている様です。農学部の就職について、その背景から見ていくことにしましょう。

農学部から就職する場合の主な仕事内容

以上の様に、農学部出身者の就職先は多岐にわたりますが、中でも人気があるのは食品業界や動物、植物などの育成に関わる業種が多いです。それは、自分が学生の間に研究してきた内容を一番活かすことができるからです。 また、食や環境への安全に不安を覚える事件や事故が起こる中で、そういう状況を改善したい…と考える学生も多いです。 農学部の就職先としては、他にも現場実習などの経験が豊富な為、外でのフィールドワークなどが向いていると言えるでしょう。研究・製造・営業などのポジションから、外部と折衝する役目まで、様々な仕事内容に関わることができます。 食品業界やメーカーなど、いくつかの業界での主な仕事内容についてまとめてみると以下のようになります。 選択肢が多いからこそ、しっかりと情報を集めて準備する必要があります。志望動機や自己PRは「就活ノート」で無料で見ることができます。

農学部が企業に人気の背景とは

農学部が企業に人気の背景とは

農学部は現場実習などで、様々な事に取り組みます。家畜の世話や農作業など、生き物や自然が相手なので天候などによる想定外のトラブルにも見舞われることも多々あります。 そういった実体験の中で、対応力が培われたり、問題の解決にむけて様々な方法を試みる問題解決能力が身につきます。 また、農学部の学ぶ分野が幅広い事もあり、農学部のカリキュラムについていける勤勉さや、タフさが評価されているのです。農学部のある大学も珍しいので、農学部を目指せるポテンシャルの高さを企業も注目しているのです。

農学部の主な就職先10選

農学部の主な就職先10選

農学部と工学部の就職先を比較した場合、工学部は官庁、銀行、金融、電気、通信、機械、通信など、専門知識を活かせる企業など一定の傾向がみられます。 それに対して、農学部の就職先は農協などの官庁を始めとして、化粧品会社や製薬会社、食品会社、園芸会社、住宅関係、建築関係、といった業界の他にも、銀行や金融、広告代理店などに就職する人もいます。幅広い職種からの関心とニーズの高さがあることが分かります。

就職先1:食品業界

農学部の学生が学ぶ分野は、直接食に関わるので、食品メーカーや調味料、飲料に関係する企業への就職が最も人気です。パン、米、冷凍食品、ハム・ソーセージ、魚といった食品の他、健康ブームの流行りに乗りサプリメントなどの健康食品を扱うメーカーなども就職先としてあげられます。 最近は菓子メーカーが大手スーパーやコンビニとなどとタイアップで商品を開発したり、製薬メーカー以外にも飲料メーカーがサプリメントを開発を始めたりするなど、企業の枠組みを超えたビジネスが生まれています。どんな企業に就職しても農学部出身者の活躍する場が増えていると言えます。 そして、食品業界で農学部出身者の活躍出来る職種は4つあります。簡単に説明すると、物を作る為の研究職、実際に物を作る製造工程の技術職、製造工程のチェックの要である品質管理職、そして、出来上がった製品を消費者の元に届けるための営業職などです。職種ごとに詳しく説明します。 人気業界なので、あなたの友人や同級生でも受ける人がいるのではないでしょうか。志望企業に入るためにも、「JAIC」で今から対策をはじめましょう。

研究職

食品メーカーにとって、新商品の開発は、新しい顧客の獲得や売上アップに欠かせないものだと言えるでしょう。食品の開発に必要な技術や発見を行う技術関係の研究と、実際の製品の味や香り、見た目などを造り上げる製品開発業務があります。 農学部で高度な内容の勉強をしてきた学生や、専門性の高い分野の研究を行ってきた人など、研究熱心な学生が最適と言える職ではないでしょうか?

製造技術職

研究職によって開発された技術や発見を、商品として消費者に届ける為に、製品化するための職種です。研究職との違いが曖昧になりがちですが、工場の生産ラインにある機械などの調整やメンテナンス、作業員への指示や管理現場での品質のチェックを行います。 企業によって職種による仕事の範囲は異なりますが、一般的には市場に届ける製品を早く、しかも品質を保ってスケジュール通りに生産する仕組みづくりと管理を行います。 工場全体のシステム作りや会社全体の製造体制など、経験や役職があがるにつれ大きな枠組みでの生産工程について管理、監督することになります。 それだけ責任も重大ですが、現場でのもの作りが好きならば、やりがいのある職場であると言えるでしょう。

品質管理職

製造技術職でも遺物混入などを始めとした製品の品質チェックは行いますが、工場で製造された商品をHACCPと呼ばれる食品管理の手法を用いて微生物汚染などの危険が発生していないかの品質チェックは品質管理職が行います。あらゆる角度から、品質を管理するためのチェックを行う職務と言えます。 不良品ができてしまった場合は、関係部署への報告や対策、再発防止の為の原因究明などを担うセクションでもあります。また、清浄な生産工程を保つ為に必要なこと(作業でのルールづくり、工場内の衛生管理や従業員の健康管理、など)について、指導、監督を行うことも必要です。

営業職

製造部門や品質管理部門が生み出した製品も消費者の元に届かなければ、会社の利益にはつながりません。会社として利益を出すために、競合他社に負けない様に多くの店舗などで取り扱ってもらい、消費者の手に届くようにスーパー、コンビニなどの小売業だけでなく、レストランや居酒屋、外食チェーン、時には海外の企業に対しても売り込みを行う必要があります。 拡大した販売先では、自社の商品が安定して売上を保つ為に、商品の提案から店内での陳列や店頭の広告や販売などのPR案を出すなど、顧客の売り上げアップに貢献する提案を行うこともあります。

就職先2:製薬業や化粧品業界

農学部では食に関する研究の為に生物や化学、バイオ関係などについても、専門的に学び研究を行います。 化粧品業界でも、研究開発、製品の製造や管理、顧客への自社製品の売り込みという3つの役割は同じです。(製薬会社では医療情報提供者/MRと言われています)

就職先3:農薬や価格肥料などを開発する工業メーカー

農学部でも科学に関する分野も学びます。専門分野ではなくても、農薬や科学肥料など、農業で必要な薬剤などを作るメーカーへの就職も選択肢の一つです。農協や農家だけではなく、ホームセンターなどでも取り扱いがあるため食品や薬剤・化粧品メーカーなどと同様に、商品開発や製造の他、営業などとして活躍することもできるでしょう。 職種に関してもいろいろな選択肢があります。経験豊富なアドバイザーに相談し、あなたの適性についても考えておきましょう。

就職先4:種苗のメーカー

ホームセンターや園芸店などで見かける花や木、野菜や果物などの種子をの開発・製造・販売を行うメーカーも就職先として考えることができます。 バイオ関係の知識を取得してきたのであれば、種子の研究開発で活かせますし、販売する際も学生時代に培った知識を活かせるでしょう。 開発や研究の部門では、病気や天候、害虫などの外的要因に強い品種や収穫量が多い、収穫サイクルが短いなどの生産性の高い品種を作りだすことで新しい販路の開拓に役立てます。 農学部出身者はこれらの研究や開発にバイオ関連の知識を役立てたり、品質検査や管理などの面で役立つことができるでしょう。 食品や医薬品など他のメーカーなどと同様に自社の商品知識をもとにした販路の拡大に営業として関わることもできます。

就職先5:大規模農家

就職先5:大規模農家

農家は古くからの日本の産業の一部で第一次産業の一つとされます。その中でも10ヘクタール(10万平方メートル)以上の土地を持つ農家を大規模農家といいます。広い土地で大量に、効率よく生産して価格競争を勝ち抜く経営方法です。 具体的な業務内容は、農地でトラクターなどの農業機械をつかった、作物の栽培や収穫、生産工程の管理や製造の管理、乳牛や食肉の生産などの畜産業では、家畜の世話や健康管理、繁殖のコントロールから出荷まで、効率良く行う必要もあります。 大規模な農家であれば、休日や就業時間なども、管理されており、しっかりと休みを取れるなど既存の農家では考えられない働き方ができるメリットもあります。 ただし、最終的に農家に就職する場合でも一度民間企業をいろいろとみてみるのがおすすめです。実は興味がある業界がや仕事があった、ということはよくあります。進路については、一度「JAIC」に相談してみましょう。

就職先6:自営農家

大規模農家まではいかない中小規模の農家は依然として多く、日本の農家の90%以上を占めています。人手もそれほど多くはなく、早朝から夜中まで、休みなしで働く事もある様です。 農学部の中にもこのような自営農家の後継者は多く、卒業後は稼業を継ぐなどの道を選択することも多いです。

就職先7:獣医師

農学部の獣医学科などを専攻した場合、獣医としての道を選ぶこともできます。民間の動物園や水族館、養牛場や養豚場、農場などの他、競走馬などの育成施設などでも活躍できます。 獣医師と言う名前から、家畜や動物の往診を行う業務だけのイメージが強いですが、一般の動物病院などで小動物をあつかう「臨床獣医師」と呼ばれる職種や食品会社や製薬会社などの実験施設などの動物の健康管理、乳牛や食肉などの関連企業での品質管理などにも携わることができます。

就職先8:ゼネコンなどの土木系の会社

就職先8:ゼネコンなどの土木系の会社

農学部で土木や測量などの専門知識を学んだ場合は、ゼネコンなどの土木系の企業への就職も道の一つです。大型建築物の設計から施工までを一手に引き受け、工事全体のとりまとめを行います。 また、ゼネコンと協力して建築物を作り上げる業種として電気や空調などの特化したサブコンと呼ばれる業種などもあり同じく、農学部出身者が就職する際の選択肢になり得るでしょう。

就職先9:飼育員

農学部では牛や馬、豚、鶏などの畜産の実習を行うこともあり、動物と身近に触れ合える学部です。そういった経験を活かして、動物園や水族館などの動物を扱う仕事場での飼育員を職業として選ぶこともできます。 飼育員の業務内容は、動物への食事や身の回りの世話、獣医と協力しての動物の健康管理や妊娠、出産動物の世話を行います。また、それだけでなく、園内で開かれるショーなどへむけたトレーニングやステージ内容の考案、企画、運営などの他、来場者へのガイドや園内や檻、水槽などの清掃や時には簡単な修理も行うなど、幅広い業務を行います。 また、他にも競走馬などの飼育や繁殖を行う施設、乗馬スクール、動物の芸能プロダクションやペットショップなど、動物を飼育する場所であれば、農学部で学んだことを活かすことができるのではないでしょうか。

就職先10:観葉植物のリース・レンタル関連

就職先10:観葉植物のリース・レンタル関連

緑の少ない都会のオフィスや結婚式場・レストラン・モデルルームなどでは一時的に利用できるリースやレンタルの観葉植物が欠かせません。そういった観葉植物を扱う企業に農学部から就職することもあります。 業務では営業職とて単に植物の貸出しを行うだけではなく、時にはどの様な植物を置くと見栄えが良いのか、インテリアも含めた提案を行うことが必要になる場合もあります。また、営業職とは別にメンテナンススタッフや大がかりな仕事の場合は造園スタッフなどが必要になります。農学部の経験を活かして、植物関連のサービスを提供する企業に就職するのも良いでしょう。 このような会社は他学部の学生からの応募も多いので、「就活ノート」を参考に、しっかりと自己PRを練っておきましょう。

農学部から公務員へのおすすめの就職とは

農学部は一般企業では食品や医薬品、など食や自然に関わる就職先が人気な現状ということがわかって頂けたと思います。公務員への就職では農協 漁協などの他 県庁、市役所、警察、環境省や農林水産業の林野庁などがあげられます。 また、畜産試験場、水産試験場、農業試験場、食品分析センター農業研究センターなどの食の安全にかかわる業種にも就職が可能です。他にも都道府県や市町村が運営している動物園や水族館に獣医師として勤務する場合も地方公務員という扱いになります。 もちろん今までしっかりと勉強してきたのであれば、民間企業にもチャンスはたくさんあります。JAIC」に相談してみましょう。

有利な就職先もチェックしておこう

有利な就職先もチェックしておこう

しかし、あえて有利な職業を上げるとすれば、家畜人工授精師や飼料製造管理者、樹木医補…などといったあまり一般的ではない資格です。通信教育や一般の学校で見かけない資格を狙うことで、その資格が必要な獣医師や飼料製造メーカー、樹木医などの職業に就きたい場合は有利になるでしょう。 農学部はあまりメジャーな学部ではないので、早い段階で就職に詳しいキャリアアドバイザーに相談すると、うまくすすめやすくなるでしょう。エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

海外の企業に就職することも可能!

また、農学部での経験や研究を活かせる場所としては外資系の製薬会社などの求人もあります。また、研究内容によっては、海外の研究機関で働くという事も不可能ではないでしょう。海外で働いたり、海外で最先端の研究をしたい場合は、専門知識以外に、最低限の英語力が必要になるでしょう。

【給料別】農学部からの就職先5選

【給料別】農学部からの就職先5選

先程あげた農学部の就職先の内いくつかの職種について20代で卒業後に受け取れる年収をあげてみると ・製薬メーカーや化粧品メーカー 年収500万円程 ・JA共済 年収370万円程 ・食品メーカーの品質管理や研究職、営業など 年収340万円程 ・ゼネコンの測量士 年収300万円程 ・土木設計技術者 年収340万円程 となります。やはり、製薬や化粧品、食品と言ったメーカー系が高い年収を得ることができる様ですね。(もちろん、会社の規模や携わる業務の内容や本人への評価により上下があります。)自分の専攻している学科や取得している資格、個人の興味なども参考にした上で、給与の面でも比較して就職先を決定しましょう。

【学科別】農学部で取得できる資格14個

【学科別】農学部で取得できる資格14個

以上の様に、様々な就職先がある農学部ですが、在学中に様々な資格をとることが可能です。どの様な資格が取れるのかどうかは、専攻する学科により変わってきます。 文学部の場合、中学校や高校の教員免許や図書館司書、博物館学芸員などの資格が取得可能です。 経済学部であれば、それに加えて税理士や公認会計士、中小企業診断士、建設業経理士、不動産鑑定士、証券アナリストファイナンシャル・プランナー、社会保険労務士、宅地建物取引士…といった経済関係の資格が取得可能です。 対して、農学部で取得できる資格は、専攻している学科によっても違いが出てきますが、中学や高校などの教員免許状など、通常の物だけでなく、測量士補・HACCP管理者・樹木医補・飼料製造管理者・管理栄養士など専門性の高い資格を取得することが可能です。 中には食品衛生監視員など卒業後に公務員として、行政の業務に関わる事ができる資格も存在します。

測量・造園関係の資格

資格1:測量士補

測量士の助手的な位置づけになり、現場でのサポートなどを行います。

資格2:造園施工管理技士(2級)

遊園地や公園、緑地などの造園工事などの携わることができます。主に主任技術者としての役割を担い、現場での工程の管理や施工計画、造園資材などの品質の管理から作業の安全管理などを行います。

資格3:土木施工管理技士(2級)

河川、道路、橋梁などの土木工事に携わります。主任技術者として現場の安全管理や施工に必要な技術管理などを行うと共に施工計画の作成と現場の工程管理なども行います。

食に関する資格

資格4:栄養士

栄養学の知識を持ち、食事にかんするアドバイスや食の管理メニューの考案などの提案も行うことができます。学校や病院、保健所や社会福祉施設など大量の食事を提供する場面でも活躍をしています。

資格5:管理栄養士

栄養士の上級資格にあたります。同じ様に栄養学など専門的な見地から食事や栄養に関するアドバイスやメニューなどの提案を行いますが、怪我をしている人や療養中の人など、医療的なケアが必要な人への指導を行うことができるのが大きな違いです。 一定規模以上の医療施設や公共施設などには、法律上一名以上の配置が必要な為栄養士よりも就職に有利です。

食品衛生に関する資格

資格6:HACCP管理者

食品の製造や管理における衛生管理を行う資格です。食品衛生法の「総合衛生管理製造過程」によるHACCPシステムに基づき施設の保守点検や衛生管理などを行います。

資格7:食品衛生監視員

卒業した後は保健所等食品衛生行政に関する職務に配属された公務員となる資格を持ちます。食品関連の施設や病院、学校、寄宿舎などの給食施設にへの監視指導を行います。

資格8:食品衛生管理者

乳製品、食肉製品などの製造・加工をおこなう施設で製造や加工の過程の衛生管理を行い、監督や指導を行います。

家畜に関わる資格

家畜に関わる資格

資格9:家畜人工授精師

家畜(牛・豚)の人工授精を行ったり、受精卵の移植および体外受精卵の生産生産を行う資格です。

資格10:飼料製造管理者

畜産物へ与える資料への有害な添加物が混入しないように資料だけでなく、飼料への添加物の製造や保存について管理や指導を行うことができます。 また、ペットの栄養管理や指導を行うことができます。ペットの食に関してのアドバイザー的な存在と言えます。 食鳥処理の現場では、衛生状態を保つ為、従事する者の監督・管理を行います。処理場ごとに管理者を置かなければいけないと法令で決められています。 民間企業の仕事は、経験豊富なアドバイザーに相談するといいでしょう。

自然再生などに関わる資格

資格11:樹木医補

樹木の保護管理や治療などに関する専門資格で環境の緑化を推進する技術者として活動します。

資格12:自然再生士補

自然再生士の行う事前再生業務や活動の補佐の役割を担っています。 自然再生に必要な基礎的な知識持ち自然再生を推進します。

医療などに関する資格

資格13:認定登録園芸療法士

精神科医療施設や高齢者福祉施設などで園芸療法の実践者として活動することができます。日本園芸療法学会認定資格とも言います。

資格14:専門認定登録園芸療法士

認定登録園芸療法士の上級資格にあたり、園芸療法の実践や研究、論文作成や指導を行うことができます。

就職に有利な資格を事前に取得しておこう

就職に有利な資格を事前に取得しておこう

以上のように取得できる資格は一般の大学生と比べて非常に多岐にわたり、かつ専門性の高い物が多いことがわかります。 もし、取得している資格が食品衛生管理者やHACCP管理者であれば食品メーカーなどへの就職が有利になると思われますし、測量士補であれば、ゼネコンの測量士への就職が有利になります。 農学部であるから有利な就職先…と言うよりは、逆に幅広い資格を取ることが可能な農学部では、必要な資格や勉強をすることにより就職で有利な条件を作り出していくことが可能なのです。 何か気になるジャンルはあったでしょうか?「Brush up!」ではさまざまな資格の情報が掲載されているので、興味のあるジャンルの資格を見てみると良いでしょう。講座なども開催されているので、資格試験の不安があればそちらも見てみてください。

就職を有利に進めるために資格や勉強が必須

就職を有利に進めるために資格や勉強が必須

公務員になる為には所定の試験に合格する必要があります。上記の農業試験センターの場合は国家公務員試験のI種の試験に合格しなければなりません。 また、検疫所や動物検疫所などであれば国家公務員資格が保健所や食肉衛生検査所などであれば、地方公務員の試験に合格する必要があります。

農学部就活生の内定獲得のカギは「自己PR」

農学部就活生の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」での学びの利点や自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらからダウンロードできます。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

この記事の要約
  • 農学部の就職先は、農業関係・動物/食品関係・一般企業とさまざま
  • 選択肢が多いからこそ資格などの選択が重要に
  • JAIC」で今からあなたに合った会社を探そう

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんなあなたは「JAIC」と一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富な「JAIC」があなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

関連タグ

アクセスランキング