IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

専務/常務/取締役の違い|専務と常務どちらが上?仕事内容と役割

職種研究

専務・常務・取締役とは、それぞれどのようなポジションで、どんな業務をしているのでしょうか?このページでは、専務・常務・取締役に注目して、それぞれの業務内容や上下関係についてまとめています。また、その他の役職も含めた序列についてもご紹介しています。

更新日時:

専務・常務・取締役…それぞれの役職の違いと仕事内容

企業の中には、さまざまな役職や地位の人がいます。 入社したての新入社員から、1つの部署を率いるリーダーである部長、会社のトップとして方針や経営の責任を取る社長など、役職やポジションがたくさんありますよね。 課長や部長、社長などのポジションは、比較的よく耳にするものだったり、身近なものだったりすると思います。 一方で、専務や常務、取締役といった役職は、どのようなポジションかイメージしにくく、仕事の内容などもよく分からないという方も、少なくないのではないでしょうか? そこで今回は、専務・常務・取締役といった、地位やポジション、業務内容がイメージしにくい役職についてご紹介していきます。 それぞれの役職の違いや上下関係についてもご紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

専務・常務・取締役の社内のポジション

そもそも、専務や常務、取締役は、企業内でどのようなポジションなのでしょうか? 専務・常務・取締役は、部長や課長といったポジションとは、役職の種類が異なります。 部長や課長、係長などの役職は、従業員の役職です。 一方で専務や常務、取締役は、「役員」と呼ばれるポジションの役職となっています。 役員は、従業員とは異なります。役員の中には、従業員として実績を築いて役員となる人もいますが、いずれの場合も、1度は会社を退職した扱いになるそうです。 個人の人生のビジョンや目標にもよりますが、専務や常務、取締役などが含まれる役員のポジションは、部長や課長などを含む多くの従業員の、目標やゴールとなっている場合も多いようです。

専務について

では、専務とは、どのような役職なのでしょうか?まずは、専務という役職について確認していきましょう。 専務は、役員の中でも、社長をサポートする補佐のようなポジションです。 企業によって、役員の形態は異なりますが、場合によっては、専務というポジションが複数設けられていたり、専務が何人かいることもあるのだとか。 また、専務の中でも役割が細分化されていることもあり、「専務取締役」や「専務執行役員」などのポジションが設けられている企業もあります。

専務の業務内容

専務の主な仕事は、上記でもご紹介したように、社長のサポートや補佐です。 また、「業務全般の管理(※1)」も業務内容となっており、企業の業務全般を管理する人が、役員の中から任命される仕組みとなっています。 特に、取締役や執行役が任命されるケースが多いと言われています。

常務について

続いて、常務という役職についても、詳しく見ていきましょう。 常務もまた、社長の補佐をする役員を指します。 しかし、仕事の内容や範囲が幅広い為、常務の役割は細かく分担されていることも多いようです。 その為、常務もまた、企業によっては複数任命されている場合があるようです。 主な役職として「常務取締役」や「常務執行役」などがあります。 また、社団法人などの場合は、「常務理事」というポジションも存在します。

常務の業務内容

役割としては、専務とそんなに変わらないようにも思える常務ですが、どのような仕事をしているのでしょうか? 「マイナビニュース(※1)」では、常務は、「日常的に業務をこなし、社長の補佐をする役員(※1)」として紹介されています。 常務は、一般的な会社の業務も行っているので、現場の様子や動向を把握している役員ということになります。 その反面で、役員として、会社の経営や方針の決定にも大きく関与している為、現場と経営の中間のようなポジション及び業務内容と言えるでしょう。

もし将来会社の経営に関わりたい、今よりキャリアアップしたいと考えているなら、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。経営に近いポジションの求人も多数保有しているので、希望に合う求人を紹介してもらいましょう。

取締役について

続いて、取締役についてご紹介していきます。 上記で、専務と常務についてご紹介しましたが、取締役は上記の2つの役職とは、やや異なるポジションです。 取締役は、企業の経営に深く関わっている役職で、経営方針などの決定に影響を与えます。 取締役は、役職や職位という扱いではなく、どちらかと言うと機関に近い存在と言われています。 役員3人以上で成り立つ場合が多く、上場企業であれば、取締役会を必ず設けるよう決められています。

取締役の業務内容

取締役は、「会社の業務執行の意思決定をする役割(※2)」を担当するポジションだと言われています。 主な業務内容としては、会社の経営や運営に関する方針などを決定すること。そして、決定した経営方針を代表取締役に委任することなどです。 また、代表取締役について監査し、業務執行などを見守ることや、代表取締役を指名したり解任したりするのも、取締役の業務です。 このように、企業の経営に深く関わるポジションの為、もし企業に何かあった時は、その責任を負うのも取締役の仕事の1つと言えるでしょう。

専務・乗務・取締役の違いについて

専務や常務、取締役がどのようなポジションなのか、またどのような仕事をしているのか、上記でご紹介してきましたが、これらの役職には、どのような違いがあるのでしょうか? 上記でご紹介した3つの役職の違いは、やはり業務内容にあると言えるでしょう。 常務は、社長の補佐を行いつつ企業の日常的な業務にも深く関わります。 一方で専務は、あくまでも社長の補佐がメインの業務内容となっており、会社の日常的な業務よりも、会社の方針や経営に関する監査業務などを行っています。 また、取締役は、上記2つの役職と大きく異なり、職位や役職というよりも、機関に近い存在です。その点が、取締役というポジションの最大の特徴であり、専務・常務と最も異なる点であると言えるでしょう。

専務と常務では、常務の方が上の役職

専務も常務も、役員のポジションにあたる為、多くの従業員が目指しているポジションとなっています。 役職である以上、役員になってからも上下関係があります。 似ている役職として混同されがちな専務と常務ですが、この2つの場合は、どちらがより上の役職なのでしょうか? 結論から言うと、専務と常務では、専務の方が上の役職と言われています。 上下関係で言うと、常務の一段階上の役職が、専務となっています。 とはいえ、専務と常務の境目は、企業によっても異なります。 専務と常務の力関係の差が大きな企業もあれば、そんなに差がない企業もあるようです。

企業全体の役職の上下関係

上記では、専務と常務の上下関係に注目してご説明しましたが、そもそも専務や常務といった役職は、社内ではどの程度のポジションなのでしょうか? せっかくの機会なので、社内全体の上下関係についても確認していきたいと思います。 企業を構成しているのは、従業員です。 まずは、従業員がいて、社員をまとめるリーダーとして、課長や部長が存在します。 部長の上のポジションとなると、役員の人々となります。執行役員や平役員という役職があり、ここからは役員の序列が始まります。 執行役員・平役員の上の地位にいるのが、常務です。そして、その一段階上の地位が専務となっています。 専務の更に上は、副社長となります。その上に位置するポジションが、社長です。 社長よりも更に上位の序列が会長となっており、ほとんどの企業では、会長が最も高い地位となっています。 とはいえ、企業によって、専務と常務の力関係がそんなになかったり、副社長と社長の上下関係に境目がなかったりと、各役職の力関係は大きく異なります。

役職や上下関係を正しく把握し、会社の仕組みに精通しよう

いかがでしたでしょうか?今回は、専務・常務・取締役の3つの役職やポジションに注目して、それぞれの業務内容や上下関係についてご紹介しました。 従業員にとって、部長や課長といった役職は身近なものですが、専務や常務、取締役といった役員のポジションは、そんなに馴染み深いものではないかもしれませんね。 しかし、専務や常務、取締役などの役員の序列に詳しくなることで、会社の仕組みや経営方針にも、詳しくなることができるかもしれません。 社会の仕組みの1つとして、これらの役職の上下関係や業務内容も、しっかり学んでおきましょう。

今後専務や常務、取締役になりたい。経営に近いポジションに入りたい。そんな希望があるなら、転職エージェントに相談してみましょう。あなたの希望に近い求人を紹介してくれます。

※1:業務全般の管理・日常的に業務をこなし、社長の補佐をする役員

【あなたは大手に受かるのか!?】20の質問であなたの就活力を診断

平均点は58点! あなたの就活力は? 80〜100点 Sランク 就活力高い 60点〜79点 Aランク 就活力普通 40点〜59点 Bランク 就活力低め 39点以下 Cランク 就活以前に習慣を見直す必要あり 診断結果が出たら、対策を始めよう!

関連タグ

アクセスランキング