IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

専務/常務/取締役の違い|専務と常務どちらが上?仕事内容と役割

更新日:2022年11月21日

職種研究

専務・常務・取締役とは、それぞれどのようなポジションで、どんな業務をしているのでしょうか?このページでは、専務・常務・取締役に注目して、それぞれの業務内容や上下関係についてまとめています。また、その他の役職も含めた序列についてもご紹介しています。

取締役について

続いて、取締役についてご紹介していきます。 上記で、専務と常務についてご紹介しましたが、取締役は上記の2つの役職とは、やや異なるポジションです。 取締役は、企業の経営に深く関わっている役職で、経営方針などの決定に影響を与えます。 取締役は、役職や職位という扱いではなく、どちらかと言うと機関に近い存在と言われています。 役員3人以上で成り立つ場合が多く、上場企業であれば、取締役会を必ず設けるよう決められています。

取締役の業務内容

取締役は、「会社の業務執行の意思決定をする役割(※2)」を担当するポジションだと言われています。 主な業務内容としては、会社の経営や運営に関する方針などを決定すること。そして、決定した経営方針を代表取締役に委任することなどです。 また、代表取締役について監査し、業務執行などを見守ることや、代表取締役を指名したり解任したりするのも、取締役の業務です。 このように、企業の経営に深く関わるポジションの為、もし企業に何かあった時は、その責任を負うのも取締役の仕事の1つと言えるでしょう。

専務・乗務・取締役の違いについて

専務や常務、取締役がどのようなポジションなのか、またどのような仕事をしているのか、上記でご紹介してきましたが、これらの役職には、どのような違いがあるのでしょうか? 上記でご紹介した3つの役職の違いは、やはり業務内容にあると言えるでしょう。 常務は、社長の補佐を行いつつ企業の日常的な業務にも深く関わります。 一方で専務は、あくまでも社長の補佐がメインの業務内容となっており、会社の日常的な業務よりも、会社の方針や経営に関する監査業務などを行っています。 また、取締役は、上記2つの役職と大きく異なり、職位や役職というよりも、機関に近い存在です。その点が、取締役というポジションの最大の特徴であり、専務・常務と最も異なる点であると言えるでしょう。

専務と常務では、常務の方が上の役職

専務も常務も、役員のポジションにあたる為、多くの従業員が目指しているポジションとなっています。 役職である以上、役員になってからも上下関係があります。 似ている役職として混同されがちな専務と常務ですが、この2つの場合は、どちらがより上の役職なのでしょうか? 結論から言うと、専務と常務では、専務の方が上の役職と言われています。 上下関係で言うと、常務の一段階上の役職が、専務となっています。 とはいえ、専務と常務の境目は、企業によっても異なります。 専務と常務の力関係の差が大きな企業もあれば、そんなに差がない企業もあるようです。

企業全体の役職の上下関係

上記では、専務と常務の上下関係に注目してご説明しましたが、そもそも専務や常務といった役職は、社内ではどの程度のポジションなのでしょうか? せっかくの機会なので、社内全体の上下関係についても確認していきたいと思います。 企業を構成しているのは、従業員です。 まずは、従業員がいて、社員をまとめるリーダーとして、課長や部長が存在します。 部長の上のポジションとなると、役員の人々となります。執行役員や平役員という役職があり、ここからは役員の序列が始まります。 執行役員・平役員の上の地位にいるのが、常務です。そして、その一段階上の地位が専務となっています。 専務の更に上は、副社長となります。その上に位置するポジションが、社長です。 社長よりも更に上位の序列が会長となっており、ほとんどの企業では、会長が最も高い地位となっています。 とはいえ、企業によって、専務と常務の力関係がそんなになかったり、副社長と社長の上下関係に境目がなかったりと、各役職の力関係は大きく異なります。

役職や上下関係を正しく把握し、会社の仕組みに精通しよう

いかがでしたでしょうか?今回は、専務・常務・取締役の3つの役職やポジションに注目して、それぞれの業務内容や上下関係についてご紹介しました。 従業員にとって、部長や課長といった役職は身近なものですが、専務や常務、取締役といった役員のポジションは、そんなに馴染み深いものではないかもしれませんね。 しかし、専務や常務、取締役などの役員の序列に詳しくなることで、会社の仕組みや経営方針にも、詳しくなることができるかもしれません。 社会の仕組みの1つとして、これらの役職の上下関係や業務内容も、しっかり学んでおきましょう。

今後専務や常務、取締役になりたい。経営に近いポジションに入りたい。そんな希望があるなら、転職エージェントに相談してみましょう。あなたの希望に近い求人を紹介してくれます。

次のページ
初回公開日:2017年01月27日

記載されている内容は2017年01月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング