IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【最終面接】役員の心に響く「お礼メール」の書き方と例文

更新日:2022年06月21日

メールマナー

採用担当者は、最終面接後に、律儀なメールは貰うと嬉しいものです。お礼メールを送る人と送らない人で分かれますが、今回はそんな最終面接後のお礼のメールについてお話ししていきます。

まずは件名に 「最終面接のお礼」か「最終選考のお礼」自分の大学名氏名を書きましょう。

②本文冒頭

宛先・担当者名・自己紹介

本文の冒頭には面接を受けた企業の名前人事部の担当者名を書き、その下に自分の氏名をもう一度書きましょう。 このとき株式会社の前株は略さずにきちんと株式会社と書き正しましょう。

③本文

お礼の言葉

最終面接まで残して頂いた感謝の想いを丁寧に書きましょう。

面接で感じたこと

面接の際に話された内容で感動したことや、関心を持ったことなど自分が感じた思いを書きましょう。

末尾

差出人名・連絡先

差出人の大学名と学部自分の名前電話番号メールアドレスを書きましょう。

書き方の注意点

マナーを守って書くのは大事ですが、それを意識しすぎると堅苦しい文章になってしまいます、あまりに堅苦しく書いてしまうと、まるでどこからか拾ってきたテンプレートのような文章になってしまいがちです。 「マナーを守る」というのは丁寧な言葉で書くということです。それを意識して自分の気持ちで書いていきましょう。

もしも、「どうしても自信がない」なら就職エージェントを利用するというのも一つの手です。 就職エージェントとは人材を募集している企業と就職先を探している人との間で、マッチングをするサービスを提供する人のことです。具体的にいうと、彼ら独自のコネクションから企業を紹介してくれたり、ESの書き方から履歴書の書き方までさまざまなアドバイスをもらえるでしょう。 何よりすごいのが、そのすべてを無料でやってくれるところです。 詳細は次の記事をご覧ください。

役員の心に響く「お礼メール」を送りましょう

誰でもお礼の言葉をもらえることは、とてもうれしいことです。面倒くさいと思って書かなかったり、書いていたけど意味ないかもと思っても、今後は真剣に自分の思いを書いてみましょう。 真剣な言葉や気持ちはメールの文面を通してもしっかりと伝わるものです。できる限りのことは最後までして、悔いを残さないようにしましょう。

次のページ:目を引くエントリーシートを書こう
初回公開日:2016年11月02日

記載されている内容は2016年11月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング