IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

昇進や昇格の挨拶例文・挨拶メールの送り方と例文・お礼のマナー

初回公開日:2017年01月23日

更新日:2020年05月28日

記載されている内容は2017年01月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メール

昇進・昇格の挨拶の際に気をつけなければならない事って?スピーチやメールの挨拶で惹きつけ、昇進・昇格での異動ををスムーズに運ぶポイントをまとめました。この記事を読み、昇進・昇格の際に思わぬ落とし穴にはまらないようにしましょう。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

昇進・昇格が決まったらまずやること

昇格が決まったら前任者からの引き継ぎや、後任への引き継ぎ、部署が変わる場合は異動の準備など通常業務に加えやるべきことは山積みになってしまうでしょう。 しかし昇格準備の業務もさることながら昇進・昇格の際の挨拶によって今後の周囲からの評価や仕事のしやすさが格段に変わってきます。

挨拶の前にまずは昇進した理由を考えよう

挨拶をするにも、今後も昇進を続けるにも、まずは自分が昇進した理由を考えなくては始まりません。 自分の何が評価をされ、昇進・昇格につながったのかを時間をとってじっくり考えてみてください。 人によっては「マネジメントスキル」「業務の早さと正確さ」を評価されたことでしょう。 しかし、実力以上に上司から気に入られて昇進・昇格につながった場合妬まれたり、蹴落とされたりすることも少なくないので特に注意が必要です。

今まで関わった人への感謝を今一度思い出そう

昇進・昇格する際に気をつけること

昇進・昇格が決まった際は感謝をし、喜ぶだけではなく気をつけることも多いです。 このポイントを押さえていないと、思わぬところで足をすくわれることもあるので注意をしてください。 注意するポイントを押さえ、気持ちよく昇進しましょう!

嫉妬や妬みの気をつけよう

周りに昇進・昇格を自分のことに喜んでくれる人も多いことと思います。 しかし、その昇進をよく思わない人も同時に少なくないことをよく理解しなければいけません。 自分と同じ入社時期の同僚、自分より昇進が遅かった元上司、あなたのことをよく思っていない人は誰しも少なからずいることでしょう。 その人たちにとってあなたの昇進・昇格は決して気持ちの良いものではなく、恰好の嫉妬、批判の的になります。

絶対に昇進に浮かれてはいけません。普段と同じく、場合によっては普段以上に落ち着いた言動を心がけましょう。 そして絶対に人のことを批判しないようにしましょう。 「あいつより早く出世して当たり前だよ」なんて言葉はもってのほかです。 そのような言葉を使ってしまったら嫉妬の対象になるだけではなく、人格すら疑われかねません。普段と同じく、場合によっては普段以上に落ち着いた言動を心がけましょう。

気をつけるのは社内だけではなくご近所さんも

社内での言動を注意するのは当たり前のことながら、実はご近所さんに対しても気をつけなくてはいけません。 1人暮らしで近所付き合いがない場合は問題ありませんが、奥さんのママ会や子供の学校での親同士のお付き合いなどでついつい話してしまうと「〇〇のパパは部長で、××のパパは係長」など、ママ友同士の旦那の役職談義に巻き込まれる心労は男性陣の想像以上です。 聞かれた際や必要な時以外、みだりに昇進の話を子供の学校や奥さんのコミュニティーの人に伝わらないように心がけた方が、余計な気を使う必要がなく無難です。

昇進・昇格のスピーチのポイント5点

昇進・昇格の挨拶スピーチがある場合、誰でも良いスピーチをしたいと思うものです。 下記の事柄を気をつけながら良いスピーチをすると、上からも下からも同僚からも評価が上がり協力体制が作りやすくなる可能性があります。 ポイントを押さえ人を惹きつけるスピーチを練りましょう。

前任者への感謝は絶対に盛り込む

具体的な対策や方針を述べる

具体的な方針や問題への対策、今後の展望を述べることにより部署内の向かうべき先を確認し、部下を引きつけることができます。 この内容を話す際は特にハキハキと力強く語るのがいいでしょう。 そうすると自ずと新しい部下がついてくるでしょう。

ストーリーで語る

人を惹きつけるためには「ストーリーで語る」のがとても有効です。 例えば 「前任者の〜なところを特に尊敬しています。」 と語るより 「前任者の〜というところで××のプロジェクトでは助けてもらい、一生ついていくと決めました」 などエピソードを語ることで人の心に響くスピーチになります。 前任者への尊敬を表す内容の時だけではなく、具体的な方針を述べる際になぜその方針をとるのかをストーリーを交えて語るのもとても良いでしょう。

ジョークやユーモアは禁物

練習は念には念を入れて

昇進・昇格挨拶のスピーチ例

□自己紹介と感謝を述べる このたび、××係長という大役を仰せつかりました ××です。 これも皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。 □前任者への尊敬と感謝を述べる 前任者の〇〇係長には多大なる高配をつかまつり、かねてより尊敬しておりました。 〇〇係長の〜な点を引き継いでまいります。 □自分の具体的な対策をストーリーを交え伝える 私は入社間もない頃から〜 微力ながら◯◯課および会社発展のために ××にとくに注力し力を尽くしたいと思いますので まだまだ若輩者ではございますが 今後も変わらぬご支援ご鞭撻を賜りますよう、 よろしくお願い申し上げます。

昇進・昇格挨拶メールの書き方

昇進・昇格挨拶メール例

昇進・昇格を伝える挨拶の際には感謝を一番に伝えよう

関連タグ

アクセスランキング