IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

昇格のお礼メールの書き方とは?注意点やポイント・例文も併せて紹介

更新日:2023年01月25日

メール・手紙

ビジネスの場で大切な、昇進・昇格時のお礼メールの書き方に不安はありませんか?本記事では、昇進・昇格のお礼メールの書き方やマナーなどに加えて、上司や社長及び社外の方への例文もご紹介します。早めに準備しておくと慌てなくてすみますので、是非チェックして下さい。

上司宛①の例文

件名:昇進のお礼(○○) ◎◎課長 お疲れ様です。○○です。 この度は、主任職への昇進のお話をいただき、誠にありがとうございます。 思い起こせば、新入社員時代から何度も失敗し、◎◎課長にはたくさんのご迷惑をお掛け致しました。そのたびに厳しくかつ温かくご指導いただき、多くのチャンスを与えていただいたことを心から感謝申し上げます。 今後は◎◎課長の期待に応えるべく、一層仕事に励んで精一杯努力して参ります。 ぜひこれからも、厳しくご指導下さいますよう宜しくお願い申し上げます。 いち早く御礼を伝えたかったので、メールで大変失礼いたしました。 後ほど改めて御礼に伺います。 ==================== 署名 ====================

上司宛②の例文

件名:昇進のお礼(○○) ◎◎部長 お疲れ様です。○○です。 この度は、課長職就任のお話をいただき、誠にありがとうございます。 ◎◎部長には入社当時から公私に渡ってお世話になり、数々の失敗を重ねた私を決して見捨てず、いつも温かくご指導ご鞭撻いただき、心から感謝申し上げます。 今回の課長職への昇進も◎◎部長のご指導があってこそです。 課長就任につきましては不安や重圧もございますが、これからも◎◎部長の期待にこたえ、自らの責務を全うすべく誠心誠意努力いたす所存です。 今後も何かとご指導を仰ぐ機会もあるかと存じますが、引き続きご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。 ==================== 署名 ====================

社長宛の例文

件名:昇進のお礼(○○) ◎◎社長 お疲れさまです。◆◆部××課の○○です。 この度は部長職にご登用いただき、誠にありがとうございます。 これも全て◆◆部の皆さんを始め、サポートいただいた全ての仲間たちのおかげであり、感謝の念に堪えません。 ◆◆部長就任という重責を担うこととなり、若輩者ゆえ不安もございますが、◎◎社長のご期待に応えるべく部長としての職務を全うし、我が社の発展に寄与していく所存でございます。 今後とも変わらぬご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 ==================== 署名 ====================

社外宛の例文

件名:部長昇任のご挨拶 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて私こと、この度○月○日をもちましてこれまで務めてまいりました課長を退き、部長に就任いたしました。課長在任中は、公私にわたりひとかたならぬご厚情を賜りまして、誠にありがとうございます。 ◯◯様との円滑なやり取りから学ばせていただいたことを活かして、新たな決意を持って専心職務に精励する所存でございます。微力ではございますが、何卒これまで以上にご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 なお、後任の課長には◆◆が着任いたしました。私同様、変わらずご支援のほどよろしくお願い申し上げます。 まずは略儀ながらご挨拶申し上げます。 令和〇年○月○日 株式会社●●●● ◯◯部 △△△△ ==================== 署名 ====================

感謝の気持ちを表して昇格のお礼メールを書こう

いかがでしたか? 昇進・昇格できたのは、自分自身の努力の成果であることは間違いありません。しかし、上司や先輩のみならず、部下や社外の関係者も含めた周囲のサポートがあったからこそ、成し遂げられたはずです。 昇進・昇格時のお礼メールには、そんな周囲への感謝を自分の言葉で伝えて下さい。ビジネスの場では謙虚さもとても大切ですので、支えてくれた周りの人たちの存在を忘れずに、感謝の気持を全面に表しましょう。 本記事を参考にして早めに準備を始め、新しいポジションでの仕事のスタートを気持ちよく迎えられるようにして下さい。

初回公開日:2017年01月23日

記載されている内容は2022年11月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング