IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「かしこまりました」「承知しました」を敬語として正しく使おう

更新日:2022年09月08日

言葉の使い方

「かしこまりました」や「承知しました」は、使い方に違いがあることを知っていますか。この記事では、「かしこまりました」と「承知しました」の意味や使い方を紹介します。正しく敬語を使い方は、是非この記事をチェックしてみてください。

「かしこまりました」や「承知しました」は、上司や取引相手から、依頼や指示があった際に使う分には、敬語として何も問題はありません。 しかし、プライベートで仲の良い先輩などに敬語を使う際に、「かしこまりました」や「承知しました」を使用すると、先輩は距離感に違和感を覚えます。そのため、「分かりました」や「了解しました」の丁寧語が良いでしょう。 また、「かしこまりました」は、職場の同僚や後輩に対して使用すると、距離感を覚えて違和感があるため、気を付ける必要がありますね。

相手との関係性を考える

「かしこまりました」や「承知しました」は、謙譲語に分類される敬語となるため、上司や取引相手などの、目上の人に使うのが適切です。 しかし、プライベートで先輩に対して「かしこまりました」や「承知しました」などの謙譲語を使うと、少し堅苦しいため、「分かりました」や「了解しました」などの丁寧語を使うと良いでしょう。 また、同僚や後輩に対して「かしこまりました」を使うのも、堅苦しいため、謙譲語でも「承知しました」や、丁寧語の「分かりました」などを使う方が良いです。 敬語は常に使うのではなく、相手との関係性を考えながら、正しく敬語を使うようにしましょう。

一言添える事でより丁寧に

「承知しました」や「かしこまりました」を使う際は、一言添えると良いです。 ただ単純に「承知しました」や「かしこまりました」を一言だけ言うのではなく、何を承知したのか、何を理解したのかを伝えるのが良いでしょう。 例えば、上司や取引相手から仕事に関することで指示があった際は、「仕事内容、承知しました。」のように一言添え、お客様からの指示や依頼があった際は、「かしこまりました。ありがとうございます。」のように一言添えると、相手もただ返事しているだけではないと伝わるでしょう。 基本的に、「承知しました」は前に言葉を、「かしこまりました」は後に言葉を、それぞれ一言添えると良いです。

「かしこまりました」の漢字表記はあまり使わない

「かしこまりました」は、漢字で「畏まりました」と表記します。しかし、日常ではあまり使われず、漢字を知らない人も多いです。 そのため、ビジネスシーンでは、「かしこまりました」と誰でも認知している、ひらがなで表記する方が良いでしょう。

「かしこまりました」や「承知しました」の言い換え表現

「かしこまりました」や「承知しました」には、「分かりました」や「了解しました」などの言い換え表現となる言葉があります。しかし、同じ敬語でも、これらは、謙譲語と丁寧語になどの、別の敬語に分けられ、意味も変わってきます。 ここでは、様々な言い換え言葉の種類や意味、それぞれの正しい使い方などを紹介します。

分かりました

「分かりました」という口語調で日常的によく使う言葉です。元々は「分かりました」という言葉を、より丁寧にした言い方が「かしこまりました」になっています。 また、「かしこまりました」は謙譲語、「分かりました」は丁寧語に分類されます。 「分かりました」は敬語であるため、上司に使う分には、特に問題は無いのですが、相手や状況に合わせて使い分けをしないと、場合によっては失礼にあたるため、気を付けたいところですね。

承りました

「承りました」という言葉です。相手の話をしっかりと聞きましたという意思を伝える意味もある「承りました」という言葉は、電話対応などで活用されます。 意味などは、「承知しました」と同じで、理解して引き受けたという意味になります。そのため、「承知しました」を使う場面で「承りました」を使うと、特に問題はありません。

了解しました

「了解しました」という言葉は、同じニュアンスとして「了解です」「了解いたしました」といった言い方もあります。 「了解です」だけは目上の人以外に使うのが好ましいですが、「了解しました」「了解いたしました」という言い方は、どんな相手にでも使える言葉ですが、ビジネスでシーンでは使わないという、暗黙のルールもあります。 プライベートで使用するのが無難ではありますが、相手や状況を考えて、上手に使い分けましょう。

了承しました

「了承しました」という言葉は、相手の要望に対して納得したときに使われます。基本的に上司が部下に対して使うフレーズだということを覚えておきましょう。 「それでいいですよ」という意味合いがあり、承諾するときに用いられるので丁寧な言葉ではありますが、相手を選んで使う必要があるので要注意です。 上司や取引相手に対しては、「承知しました」などの言葉を使う方が無難でしょう。

承知いたしました

次のページ:「かしこまりました」「承知しました」の英語表現
初回公開日:2016年11月10日

記載されている内容は2016年11月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング