IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

了解しました・承知しました・かしこまりましたの違い

コミュニケーション

敬語を勉強中の方のために「了解しました」「承知しました」「かしこまりました」の3つの敬語はそれぞれどのような状況で使うべきなのかをお伝えします。「了解しました」「承知しました」「かしこまりました」を上手に使い分けることで仕事がよりスムーズに進むようになります。

更新日時:

ビジネスの場面で「わかりました」を伝える敬語「了解しました」「承知しました」「かしこまりました」

「わかりました」を伝える敬語には「了解しました」「承知しました」「かしこまりました」があります。同じ意味を持つ敬語ですが、ビジネスの場面では状況や相手によって、その3つの敬語を使いわける必要があります。 ここでは「了解しました」「承知しました」「かしこまりました」の3つの敬語の違いと使うべき状況をお伝えします。

「了解しました」は同僚または目下に使う敬語

私たちの生活のなかで最も使用頻度が高い「了解しました」は、同僚または目下に使う敬語です。そもそも「了解」という言葉は「理解した」という状況を指し、その言葉自体に敬語の要素は含まれていません。私たちは「了解」に「しました」をつけることで敬語として、使用しているのです。 「了解しました」は敬語として広く使われているものの尊敬語ではないため、目上の上司や取引先の人に使うのは失礼であるとされています。「了解しました」は自分と立場が同等か下の人に対して使うようにしましょう。

「了解しました」も親しい目上の人には使用可能な場合もあります

尊敬の意味がない敬語であることを知らずに「了解しました」という敬語を上司や取引先の人に使用していた方は多いのではないでしょうか。 多くの人が「了解しました」は尊敬の意味がある敬語だと認識しています。そのため、親しい間であれば目上の人にも使っても許される場合が多いです。親しい部下に「了解しました」と言われて怒り出す人は少ないでしょう。 そうとはいえ「親しい仲にも礼儀あり」という言葉を忘れないようにしましょう。

「承知しました」は目上の人に使う敬語

目上の人や取引先の人には「承知しました」を使いましょう。「承知しました」は尊敬語で、フォーマルな言葉として使うことができます。 ビジネスマナー講座や書籍などでもビジネスの場面で「承知しました」の使用が推奨されている場合が多く、世間一般的に「承知しました」という敬語は良いイメージがある言葉であることからも「承知しました」は積極的に使いたい敬語といって良いでしょう。 「了解しました」という癖がある方は、今後は「承知しました」が自然と口からでるようにしたいですね。

「かしこまりました」も「承知しました」と同じく目上の人に使うことができる敬語

「かしこまりました」も「承知しました」と同じく尊敬の意味を持つ敬語です。レストランや旅館などで接客サービスを受ける際によく聞く言葉です。接客業をされている方は特に「承知しました」よりも「かしこまりました」を言う機会が多いことでしょう。 「かしこまりました」は「承知しました」と同様に使うことができますが「かしこまりました」の方が、より柔らかく丁寧な印象を持ちます。そのため、接客サービスの場面で頻繁に「かしこまりました」が使用されているのです。

固い印象のある「承知しました」と柔らかい印象の「かしこまりました」を使い分けましょう

「承知しました」と「かしこまりました」は、同じ意味を持ちながらも相手に与える印象が違います。固く、ビジネス的な雰囲気を持つ敬語の「承知しました」とソフトで柔らかく丁寧な雰囲気をもつ敬語の「かしこまりました」は、状況によって使い分けることができます。 先ほど接客サービスの場面では「承知しました」よりも「かしこまりました」がよく使われるとお伝えしました。接客の場面では相手に緊張感を与えないように心がけます。 そのため、柔らかい印象の「かしこまりました」を使うことが多いのです。 逆に相手との関係をビジネスライクに保ちたい場合は「承知しました」を使用すると良いでしょう。

「了解しました」「承知しました」「かしこまりました」を使い分ければ相手との関係もは円滑になる

これまで「了解しました」「かしこまりました」「承知しました」の違いと使う状況をお話ししてきました。使い分けるのが面倒だなと思った方もいるのではないでしょうか。 しかし考え方を変えれば、それぞれに相手に与える印象の違う「了解しました」「かしこまりました」「承知しました」を駆使すること。相手との関係やその場の雰囲気を敬語でコントロールすることができると言えます。 例えば、相手に柔らかい印象を与えて和やかな雰囲気で会話を進めたければ「かしこまりました」を多用し、クールに進めていきたければ「承知しました」を多用するというように上手に使い分けることで仕事を円滑に進めることができるでしょう。 女性は「かしこまりました」を使用すると優雅な女性らしい雰囲気を相手に与えることができます。普段言葉遣いを気にしていない女性は、ぜひ試してみてくださいね。

より敬語を極めたい方はこちらをどうぞ!

最後まで記事を読んで頂きありがとう御座います! 敬語についてより詳しく知りたいと思ってくださった方に、 こちらの本はいかがでしょうか? 電車の時間でもサクッと読み切れる内容になってますので、 よろしければ是非ご一読ください!

地味な仕事の連続。全然スキルが付かない。

ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。雑用や地味な仕事の連続で、本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけ、ベストな転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。 ■記事タイトル 20代の転職成功方法|転職理由3つ・新卒入社3年以内の転職割合・20代の強み

転職をしようと考えている人は、自分に合った転職サービスを選ぶことから始めましょう。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング