IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご承知おきください」「お含みおきください」の意味・使い方

更新日:2020年05月13日

言葉の意味

「ご承知おきください」「お含みおきください」「お知りおきください」「ご了承ください」など、知ってもらう、理解してもらう際によく使うビジネスフレーズ。この記事では「ご承知」を使った例文、類似の敬語表現を紹介しています。どの敬語を使えばいいか迷ったらご覧ください。

「ご承知おきください」の意味

ビジネスシーンにおいて、言葉遣いはとても大切なツールです。一つ間違えただけで命取りになることもあります。たとえば「ご承知おきください」という表現ですが、よく耳にしますが果たして正しい日本語で、上司や目上の方に使っても良い表現なのでしょうか? 私たちが普段使っている表現について、実はあまり理解していないまま使っている言葉も少なくありません。そこで今回は「ご承知おきください」について詳しくご紹介してまいります。

「ご承知おきください」の意味とは

まず実用日本語表現辞典で調べてみると、「ご承知おきください」とは「あらかじめご理解ください」「了承しておいてください」という意味の表現となっています。 詳しくご説明すると、まず「承知」とは、「知る」「認める」の尊敬語であり、記憶に留めておいてほしい時に「ご承知おき」などと使います。また、納得するかどうかを焦点としている「了承」とは違い、「承知」とは知っているかどうかを焦点としています。

また「~おく」という言葉には、「準備として前もって用意する」という意味あいがあります。たとえば「調べる」ではなく「調べておく」というと、「調べる」よりも前もって調べて準備しておくという意味合いが出てきます。また「~おく」には「結果を残す」という意味合いもありますので、「電灯を消しておく」といえば「電灯が消えている」状態が続いているという意味合いを持ちます。 このように、「ご承知おきください」は(これから行うことを)あらかじめ承諾してください、認めてください、そのための準備を前もってしておいてくださいという意味合いになります。

「ご承知おきください」は目上への正しい敬語?

先に記載した通り、「ご承知おきください」とは、これから行うことをあらかじめ承諾してください、認めてください、そのための準備を前もってしておいてくださいという意味合いになり、ある意味命令形になってしまうのです。そう考えると、目上の方や上司に突然「ご承知おきください」と使うのは大変失礼にあたることであると分かります。 それでは目上の方や上司にあらかじめ了承いただきたいことを伝える際には、どのように表現すればよいのでしょうか。ここからは「ご承知おきください」の言い換え表現をご紹介してまいりましょう。

「ご承知おきください」の使い方と例文

ここで「ご承知おきください」の使い方を分かりやすくするために、いくつか例文をご紹介いたします。 【「ご承知おきください」の例文】 ・本日から出張で2週間不在となりますことをご承知おきください。 ・当店は改修工事のため本日より1週間閉店いたしますので、あらかじめご承知おきください。 ・ご面倒をおかけいたしますが、なにとぞご承知おきくださいますようお願いいたします。

見ていただくとお分かりいただけるかと思いますが、「ご承知おきください」をそのままつかってしまうと、言外に「理解してください」「納得してください」といった命令形になってしまい、強い印象を相手に与えてしまいますので、ほかの言い方に言い換えた場合もご紹介します。

ほかの言い方の例文

【「ご承知おきください」の言い換え例文】 ・本日から出張で2週間不在となりますことをご承知おきください。 ⇒本日から出張で2週間不在となりますことをお含みおきください。 ・当店は改修工事のため本日より1週間閉店いたしますので、あらかじめご承知おきください。 ⇒当店は改修工事のため本日より1週間閉店いたしますので、お含みくださいますようお願いいたします。 ・ご面倒をおかけいたしますが、なにとぞご承知おきくださいますようお願いいたします。 ⇒ご面倒をおかけいたしますが、なにとぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

なお、「ご承知おきください」が命令形と理解した上で相手に通告したり念を押す場合には、そのまま使うのも一つの表現です。 【「ご承知おきください」を活用した例文】 ・ご連絡のないままにお支払いいただけない場合には、最後の手段をとることにいたしますので、ご承知おきください。 いかがでしょうか。相手に命令する意味合いを含める際にはこのような使い方ができるようです。

「ご承知おきください」の言い換え表現3つ

初回公開日:2017年08月26日

記載されている内容は2017年08月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング