IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

挫折を感じているときの3つの心理・挫折の乗り越え方7つ

更新日:2020年03月05日

マネジメント

人が挫折を感じるときの心理とはどのようなものでしょうか。また、挫折をした場合、どう立ち直ればいいのでしょうか。挫折から立ち直る方法を見ていきましょう。挫折をしているときは、絶望的な気持ちになってしまいますが、少しでも光が見えたら幸いです。

挫折をしたと感じるときの3つの心理

人はどのようなときに挫折したと感じるのでしょうか。 様々なパターンが考えられますが、一つずつ紹介していきます。

心理①:自分には才能や能力がないと落ち込んでしまう

挫折を経験する人は自分が望むような結果が得られなかった時に、自分の才能や能力不足を悔いて挫折を経験します。 自分は大丈夫だという自信が強い人ほど、思い通りの結果が得られなかった時に挫折を味わいやすくなります。 挫折を経験した時には自分の才能と能力の無さに落ち込んでしまいますが、できるだけ早く立ち直りたいものです。

心理②:自分で自分の才能に限界を決めつけてしまう

挫折を感じた時には思い通りの結果を得られなかった時なので、自分の力は所詮こんなものだと諦めてしまいます。 それまで努力をして頑張った分、挫折を味わった時のショックは大きなものになります。 挫折を味わった時は自分の能力はここが限界だと決めつけてしまい、これ以上頑張ることはできないと諦めてしまいます。

心理③:全てがダメになったかのように思えてしまう

それほど望み通りの結果を得るために努力したのにもかかわらず、違った結果が出た時には自分が否定されたように感じてしまいます。 自分はいろいろなことを犠牲にして頑張ってきたのにもかかわらず、なぜ自分だけ思い通りにならないのかと自己否定することもあるでしょう。

挫折を乗り越える7つの方法

挫折を味わいっぱなしの人はいません。みなさん必ず乗り越えられます。 以下で紹介する方法で、自分でもできそうなものを探してみてください。

方法①:全く関係のないことに没頭してみる

挫折をした時に立ち直るための考え方として、一度そこから離れてみて全く関係ないことに没頭してみることをおすすめします。 全く関係ないことや趣味に没頭して心をリフレッシュすることで、新たな気持ちで再トライすることができます。 挫折から立ち直るには気持を整理することは大切なので、全く関係の無いことや趣味に没頭して気持ちの整理をしましょう。

方法②:信頼できる人に心の内をすべて話してみる

挫折をした時には自分だけでなく、弱い部分を見せて誰かに頼るという考え方も時には必要なことです。 常に強い自分やカッコいい自分で居る必要はなく、時には弱い自分を見せることも大切です。 話すことで気持ちがスッキリすることはよくあることです。気持の整理をすることができれば、挫折から立ち直りやすくなります。

方法③:挫折を乗り越えるからこそ成長できる、と考える

挫折をした時に立ち直るために考え方としては、この挫折を乗り越えるから成長できるという気持ちを強く持つことです。 挫折を経験するからこそ自分の能力がさらに成長でき、人間としても成長することができるのです。 挫折を多く経験する人の方が人間味があり、人の痛みも分かるようになります。挫折を乗り越えるために必死で努力することによって、今までの自分ではない自分になることができます。

方法④:誰もが挫折を経験していると考える

初回公開日:2017年01月04日

記載されている内容は2017年01月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング