IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

間違う人も多い「ご健勝」「ご多幸」の意味と違い・使い方と例文

更新日:2023年01月27日

言葉の意味・例文

いまいち難しくてなかなか正しい意味を調べることのない「ご健勝」「ご多幸」という言葉。使いづらそうだと思われがちですが意外と簡単な意味の言葉です。こちらでは、例文を交えながら「ご健勝」「ご多幸」という言葉の意味を紹介していくのでご覧ください。

人への気遣いが苦手、という方へ

敬語の使い方や、細かなビジネスマナーに疲弊していませんか。取引先や上司への気遣いが苦手という方にとっては、今後仕事を続けることを想像するだけで憂鬱になってしまいます。 ■人間関係が上手くいかない ■年功序列なのが不満 ■人と関わらない仕事がしたい 人間関係でのストレスで我慢ならない場合、転職を検討されるのも1つの解決方法です。 転職をしようか迷ったときに、相談にのってくれるのが「転職エージェント」。 中でも自分に合った企業へ転職をしたい方には「マイナビエージェント」がおすすめです。 首都圏&関西圏を中心に求人数が多いマイナビエージェント」では経験豊富な「キャリアアドバイザー」があなたの希望条件を満たしている求人を紹介してくれるため、あなたの働きたい条件に合った企業へ転職することができます。 無料で相談ができるので、まずは登録してみてはいかがでしょうか。

初回公開日:2016年12月12日

記載されている内容は2016年12月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング