IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

女性が食いっぱぐれない資格24選|メリットや選ぶ際のコツを紹介

更新日:2023年03月23日

資格・検定

食いっぱぐれない資格が欲しいけど何をとればよいのかわからないと悩んでいる女性もいるでしょう。本記事では、食いっぱぐれない資格や資格を選ぶコツを紹介しています。資格を取って自立したいと思っている女性は、ぜひこの記事を読んで自分に合う資格を見つけてください。

色彩検定は、色に関する知識と技能を問う資格試験です。色彩検定取得者は、ファッション業界やインテリア業界、グラフィックデザイナーなど幅広いフィールドで活躍しています。 幅広い業界で役立つ色彩検定は、就職や転職にも有利だと言えるでしょう。また、デザイン業界やファッション業界で働かないとしても、効果的な色を使ったプレゼン資料を作成できるなど、自分の仕事でのスキルアップにも役立ちます。

USCPA(米国公認会計士)

USCPAとは、アメリカ各州が認定する公認会計士資格です。監査法人や税理士法人はもちろん、グローバルに展開する日本企業や外資系企業など、幅広いフィールドで活躍しています。 USCPAの資格を持っていることで、財務・会計のプロフェッショナルとしての信頼は高くなり、資格があることで、産休・育休後もスムーズに復帰できたという女性もいます。 出産や子育てなどのライフイベントがあっても、仕事を続けやすい資格と言えるでしょう。

女性が食いっぱぐれない資格を選ぶ際のコツ

今現在、国家資格から民間資格まで、何千もの資格がありますが、数ある資格から自分に合うものを見つけるのはとても大変でしょう。 ここでは、食いっぱぐれない資格を選ぶコツを紹介するため、詳しく見て行きましょう。

  • 現在の自分の状況と両立できる資格を選ぶ
  • 就職に活かせる資格を選ぶ
  • 今後の人生を考えながら資格を選ぶ
  • 開業をするなら成功事例を見ておく

現在の自分の状況と両立できる資格を選ぶ

資格を取るためには、ある程度の勉強時間が必要です。 仕事や家事など、何かと忙しい中で時間を捻出する必要があるため、自分の取りたい資格があっても、相応の勉強時間を確保できなければ取得は難しいでしょう。 そのため、自分がどれくらいの時間を使えるかを考えたうえで、仕事や家事との両立にあまり無理のない資格を選ぶことをおすすめします。

自分の経験やスキルを活かせる資格を選ぶ

キャリアアップや昇給を目指して資格取得をする場合、これまでの経験やスキルと関連した資格を選ぶのが良いでしょう。例えば、自分のスキルを証明する資格や、さらなる専門性アップにつながる資格、会社で推奨されている資格などです。 多くの場合、資格は実務経験と合わせて評価されます。そのため、自分の経験やスキルと関連性のある資格の方が、評価アップや昇給につながりやすくなります。

就職に活かせる資格を選ぶ

新たに資格を取るのであれば、就職に活かせる資格を選びましょう。 就職に有利な資格を持っていることは、大きな強みになり、自信にもなります。未経験の業界に挑戦するなら、即戦力をアピールできる資格を取るのが良いでしょう。また、今のキャリアを活かすなら、ハイスキルを証明できる資格が有効です。 自分の就職・転職プランに合わせて資格を取るようにしましょう。

今後の人生を考えながら資格を選ぶ

資格を選ぶとき、資格をとることで自分が実現したいことは何かを考えておきましょう。理想のキャリアプランを実現する手段として、資格を活用してください。 今の仕事でスキルアップしたいのか、子育てと両立して働きたいのか、手に職をつけたいのか、得意を仕事にしたいのかなど、実現したいことを整理してみましょう。

開業をするなら成功事例を見ておく

独立開業する場合、稼げるかどうかは重要な問題です。自分が開業しようとしている業種がちゃんと稼げる分野なのか、成功事例をチェックするようにしましょう。 資格の中でも、独立向きで稼ぎやすいとされているのは、独占業務ができる資格で、弁護士、公認会計士、司法書士などです。

女性が食いっぱぐれない資格について知っておこう

会社やパートナーに頼らず自立して働きたいという女性や、手に職をつけて安定して働きたいという女性は、食いっぱぐれない資格について知っておきましょう。 本記事では、食いっぱぐれない資格にはどんなものか、食いっぱぐれない資格を選ぶコツなどを紹介しました。 本記事を参考に、理想のライフスタイルやキャリアプランを想像しながら、自分に合う資格を探してみてください。

初回公開日:2022年11月01日

記載されている内容は2022年11月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング