IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お休みのところすみません」の意味とは?使い方・注意点も紹介

更新日:2022年10月06日

メール・手紙

仕事をしていく中でイレギュラー対応は必ず起きます。急遽確認が必要になった時、連絡を取らなくてはならない相手が休みだった場合に使う「お休みのすみません」についての説明をしています。この記事を読めば、休日中の相手へ失礼のない連絡方法が分かります。

「お休みのところすみませんという言い回しは知っているけど、実はよく分からない…」 「正しい使い方なんて今更誰にも聞けない…」 「お休みのところすみません」という言葉について上記のように疑問を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 どうしても休暇中の人に連絡をしなくてはならないとき「お休みのところすみません」という言葉を使ったことがあるという方は少なくないでしょう。 今回の記事では「お休みのところすみません」の正しい意味や使い方をわかりやすく説明します。実際どんな場面で使えるのか例文も用意しています。 また、注意点も載せているので、この記事を読むことで「お休みのところすみません」の正しい使い方を理解することができます。 ぜひこの記事をチェックして「お休みのところすみません」の正しい使い方を学んで、イレギュラーでの対応もスマートにこなしましょう。

「お休みのところすみません」の意味

「お休みのところすみません」の意味

まず「お休みのところすみません」の意味から説明します。 「休んでいるところに連絡をして申し訳ない」という意味で、相手に対する謝罪や感謝を表している言葉です。 「お休み」は休日・休憩を指しています。これに続けて「ところ」という最中・場面を表す言葉を使うこと、で話しかけたり連絡をしたりしている相手が仕事を休んでいる最中であることを示します。 相手は休んでいる最中であるにも関わらず、こちらの都合で中断させて対応をしてもらうわけですから、失礼な行動にあたるため謝罪やお礼の気持ちを表すために「すみません」を使っています。 「お休みのところすみません」は休日中に連絡を取らなくてはならない相手への配慮を表す言葉です。

「お休みのところすみません」の使い方

「お休みのところすみません」は基本的には謝罪をする言葉ではありますが、電話やメールなどでこの言葉が使える場面は複数あります。 ここからは「お休みのところすみません」が実際にどういう場面で使われるものなのかを説明して行きます。

「謝罪」「感謝」「依頼」などに用いる

「お休みのところすみません」はどうしても休みの相手に連絡をしなくてはならない場合に使う言葉です。 しかし、本来であれば仕事を休んでいる相手にわざわざ仕事の連絡をすることは避けるものです。それでも急を要する問題などが起きた場合に対応をしてもらうので、本題に入る前に連絡をしてしまうことに対しての前置きが必要です。 すなわち「お休みのところすみません」謝罪や感謝、相手に依頼をする場合に用いられます。 休日であるにも関わらず、時間を作ってもらう必要があるということを頭に入れ、配慮を忘れないようにしましょう。

休日のビジネスメールの冒頭に用いる

休日の相手にビジネスメールで連絡をする場合には、冒頭に「お休みのところすみません」と添えるのがベターです。 もちろんメールですから、開封者のタイミングで確認できるという利点はあります。しかし、ビジネスシーンでは休みの人に連絡を取ること自体が失礼にあたります。加えて、休みの日に仕事を持ちこみたくないと考えている人も少なくありません。 相手に対する配慮と遠慮を表すため冒頭に「お休みのところすみません」と入れるのがいいでしょう。

「お休みのところすみません」の例文

ここまで「お休みのところすみません」の意味や使い方を説明してきました。 ここからはさらに使い方のイメージがしやすいように例文をご紹介していきます。参考にして使ってみてください。

緊急の要件を伝える場合

一つ目は緊急の要件を伝えたい場合の例文です。 そもそも休日である相手への連絡はひかえるべきものですので、基本的に「お休みのところすみません」を使う場合は至急の要件である場合がほとんどなので、こちらの例文はよく使う場面がでてきます。 「すみません」は謝罪の言葉としては軽い表現であるため、「失礼いたします」もしくは「申し訳ありません」とするのがふさわしいです。 急いでいても相手への配慮を忘れないようにしましょう。

  • お休みのところ失礼いたします。至急確認をしたいことがあり、ご連絡をいたしました。
次のページ:「お休みのところすみません」を使う時の注意点
初回公開日:2022年10月03日

記載されている内容は2022年10月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング