IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

癖が強いとはどういう意味?言われる人の特徴や性格を詳しく紹介

更新日:2023年01月04日

言葉の意味・例文

「癖が強い」は漫才のフレーズとしても有名になりましたが、具体的にどのような状態を表現しているのかご存知でしょうか。本記事では「癖が強い」といわれる人の性格や行動に見られる特徴を解説しています。癖が強い人とも仲良く付き合えるように、ぜひ把握しておいてください。

癖が強い人との上手な付き合い方

「癖が強い」人は、一般的な人と考え方や行動が異なるので、付き合い方にもコツが必要です。癖が強く、付き合い方が多少難しくても、コツを知っていれば楽しく付き合っていけるので、敬遠せずに歩み寄ってみましょう。 ここでは、癖が強い人と上手に付き合うためのポイントを紹介します。

自分と比較しない

自分の常識を基準として相手と付き合うのは、自分の尺度の押し付けになるので避けてください。相手が癖の強い人ではない場合であっても、自分の常識を頭から押し付けるのはご法度です。 お互いの考えを理解し、それぞれが「常識」とか「こうあるべき」と考えるポリシーがあることを理解したうえで、付き合っていきましょう。

興味を持って接する

「癖が強いから」と敬遠するのではなく、「どんな考えを持っているのか」「どうしてあのような行動をしているのか」など興味を持って接してみましょう。 付き合う相手に興味を持つということは、癖が強い人が相手ではない場合でも大切なことです。相手に興味がわけば、もっと知りたくなり、眉をひそめるような言動を見聞きしたときでも、呆れたり嫌ったりするのではなく、もっと探究したくなります。

個性を尊重する

「癖が強い」人が、自分の常識とは合わない言動をしたときでも、頭から否定するのではなく、相手の個性として尊重することも必要です。 もちろん、何でもかんでも認めなければならないというわけではありません。相手の個性を潰して自分の枠内にはめようとするような付き合いは避けましょう。

癖が強いのは悪いことではない

癖が強い人の性格や行動の特徴に、自分の性格や行動にあてはまるものが多く、自分は嫌われているのではいかと、ネガティブな気持ちになった方はいないでしょうか。 「癖が強い」という特徴が自分にあてはまったからといって、落ち込む必要はありません。「癖が強い」といわれる人たちは、主張が少なく皆横並びといわれる日本人の中にあって、自分の個性を守り続けている人ともいえるからです。

癖が強い人の特徴を知って仲良くなろう

癖が強い人は付き合いにくい、なるべくなら避けて通りたいと考えていた方もいるでしょう。自己主張が強かったり、周囲に歩調を合わせなかったり、癖が強い人は周囲に不快な思いをさせることもあります。 しかし、歩み寄ってお互いの考えを理解しようと努めることで、理解できなかった言動が理解できるようになれば、お互いの個性を吸収して成長することも期待できます。癖が強い人の特徴をつかみ、上手に付き合っていきましょう。

初回公開日:2022年08月15日

記載されている内容は2022年08月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング